せどりのリアル 赤裸々に公開中▼

Amazonの出品制限多すぎ問題はコレで解決!実践的な2つの方法を解説

Amazonの出品制限多すぎ問題はコレで解決!実践的な2つの方法を解説
この記事を書いた人/サイト管理者
SAKU

北海道在住 1児の父親です。せどり/ネット物販歴11年/法人7期目

アレコレ仕組化して自由気ままに暮らす物販プレイヤー

「小型軽量商品」「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。

「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築

■詳しいプロフィールはコチラ >

※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。

どうも、サクです。

この記事にたどり着いたあなたは、

Amazonの出品制限多すぎてウザー!!!

と、怒りで血管がブチ切れそうになっていることでしょう。

(気持ちはメチャクチャ分かります)

Amazonって集客力が圧倒的に強いし、FBA等のシステムを上手く活用すれば『物販自動化の仕組み』をサクっと作ることもできるんです。

が、その反面『出品制限多すぎ問題』にウンザリして、せどりをヤメてしまう方も沢山いるのも現状です。

そこでこの記事では、全初心者せどらーを悩ます『出品制限多すぎ問題』を解決する、2つの具体的な対策をお伝えしましょう。

早速ですが、出品制限多すぎ問題の効果的な対処法は以下の2つです。

  • 出品制限がなく、なんでも出品できる『メルカリ』で販売する
  • 出品制限が少ない『小型軽量サイズの商品』を扱う

メリットだけではなく、デメリットについてもしっかりお伝えしているので『出品制限多すぎてウザー!!!』と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

出品制限解除ノウハウを知りたい方は、コチラへ。

目次

Amazonの出品制限とは?内容をザっとおさらい

まずはAmazonの出品制限については、内容をザっとおさらいしておきましょう。

Amazonの出品制限とは?

Amazonで販売されている一部のメーカーや商品カテゴリにおいて、Amazonから許可を取らなければ出品することができないルールのコトです。※人によって「出品制限 or 出品規制」と言い方が異なりますが、基本的にどちらも同じ意味合いと考えていただいて大丈夫です。

これから新規で作成したAmazonアカウントは100%出品制限がかけられています。そのため、仕入れ前に出品制限について理解しておかないと

男性

ドンキで仕入れた化粧品、全部出品できなーい!

なんてことになりかねないので、十分注意が必要です。

出品制限多すぎ問題の対処法1 メルカリで販売する

ここからは出品制限多すぎ問題の対処法について、具体的なノウハウをお伝えしていきます。

最初に紹介するのが『メルカリで販売する』方法です。

メルカリを使うメリット
  • 出品制限がなく、どんな商品でもすぐに出品できる
  • 現金化のスピードが速い

私が実践している物販も基本はAmazon販売ですが、一部の商品はこんな感じで、

メルカリで販売して、手堅く利益が取れる商品も沢山あります。

メルカリって『色々手間がかかって面倒くさそう..』というイメージが先行して食わず嫌いの方が多いが多いと思うんですよ(私もそのクチでした)

ただ実際にやってみると出品はスマホで写真を撮るだけ、発送もコンビニやポストでサクっと済んでしまうので、思っていた上に簡単に取り組むことができますよ!

メルカリで販売するメリット

メリット1 どんな商品でもすぐに出品できる

メルカリにはAmazonの出品規制のようなルールはなく、アカウントを作成すればどんな商品でもすぐに出品できます。

アカウントさえ持っていれば『仕入れたその場で即出品!』なんてことも余裕でできてしまいます。

saku

Amazon出品規制に引っかかって販売できなくなった商品を、メルカリで損切り販売している方もよくみますね…(笑)

ただ『なんでも出品できる!』といっても、メルカリのルールで禁止されている商品を出品することはできません。

メルカリで禁止されている出品物の例
  • 電子チケットや電子クーポン、QRコードなどの電子データ
  • ダウンロードコンテンツやデジタルコンテンツなどの電子データ
  • 新型コロナウイルスの影響に伴い、取引が禁止されている商品
  • 偽ブランド品、正規品と確証のないもの
  • 知的財産権を侵害するもの
  • 盗品など不正な経路で入手した商品

これらの商品を出品し、メルカリから何度も警告を受けてしまうと、利用制限 ⇒ 最悪の場合はアカウント停止まであり得ます。

その他の出品NG商品については、メルカリ公式サイト禁止されている出品物にまとめてあるので、必ず目を通しておきましょう。

メリット2 現金化のスピードが速い

メルカリの売上金は、申請を行ってから最短で翌日、最長でも3営業日で口座に振り込まれます。

仮に仕入れた商品が即日で売れた場合『最短で3日~5日程度』で現金化することが可能。

saku

FBAを利用する場合、梱包して納品して倉庫側で受領して…と工程が沢山あるので、3日はさすがに無理ですね..

この圧倒的な現金化スピードも、メルカリ最大のメリットの1つです!

チョット話がそれますが、せどりで最も重要なコトの1つが『仕入れた商品を現金化すること』

資金を回収できなければ、次の仕入れができないどころから、最悪クレカの支払いができずにキャッシュフローが悪化する…なんてこともあり得ます。

『どんな商品でもすぐに出品できる』というメリットは当然として、もし資金面で不安がある方は、即金性が高いメルカリの利用も検討したほうが良さそうですね。

メルカリで販売するデメリット

Amazonせどりは、良くも悪くも『データ重視』です。

Keepa、モノトレーサーといったツールを使って『直近1か月の販売数データ』を元に、仕入れるかどうかを判断します。

対してメルカリの場合は、基本的に『すべての商品が1点モノ』であるため、Amazonのような販売データがなく、目利きで仕入れ判断を行う方法が一般的。

そのため、データ重視のAmazonせどりに慣れ過ぎた方は

『コレ、仕入れても大丈夫かな?ホントに売れるかな?』
『何が売れるか全然わからん…』

判断基準となるデータがないが故、悩み過ぎて『何も仕入れができなくなる』となるのが、メルカリ最大のデメリットです。

とはいえ、データが無いといっても『過去に売れた商品』を手動でチェックすることはできますし、SNSを使ってトレンドを追いかけていれば、売れ筋商品はしっかりと判断できるようになります。

それでも『何が売れるかわかんない…』と不安な方は、意外と高く売れるもので紹介している商品を参考に、リサーチすることをおススメします。

同じカテゴリ、関連商品、類似商品などをチェックすると、利益が出る商品が沢山見つかるようになりますよ。

出品制限多すぎ問題の対処法2 小型軽量サイズの商品を扱う

次に紹介するのが『小型軽量サイズの商品を扱う』方法です。

小型軽量商品のメリット
  1. 出品制限がかかっている商品が少ない
  2. 請求書入手の費用が安く済む
  3. 売り上げ実績ベースの出品制限解除が狙える

当ブログでも毎月の実績を報告している小型軽量商品は、出品制限多すぎ問題はモチロン、資金が少ない方にもぜひ取り入れてほしい方法の1つです。

小型軽量サイズの商品を扱うメリット

メリット1 出品制限がかかっている商品が少ない

小型軽量サイズの商品は、他の通常サイズ/大型サイズの商品と比較して、出品制限がかかっている商品が少ない傾向があります。

小型軽量商品は『マイナーなブランド』が多いため、もともと『出品制限対象外』の商品が多い。

仕入れた直後にすぐに出品できるため、煩わしい請求書解除にうんざりしている方は、小型軽量商品のリサーチからスタートしてみましょう。

メリット2 請求書入手の費用が安く済む

Amazonの出品制限を解除するためには『メーカー/卸業者から入手した請求書をAmazonへ提出する』のが一般的な方法です。

そこでネックとなるのが『合計10点以上の商品を購入した請求書が必要』というルールです。

例えば「SONYの規制解除」を行う場合は、SONY製品を10点購入し、その請求書をAmazonへ提出しなければいけません。

特に家電製品・ホビーは単価が高く、仮に3,000円×10点だと請求書入手に3万円も経費が掛かることになります。

男性

3万円もかかるなら、アレコレ解除するのは結構キツイかも…

その点、小型軽量商品の場合『商品単価:100円』程度の商品が多いので、請求書入手の費用も安く済ませることが可能。

  • SONYの請求書入手にかかる費用 ⇒ 3万円
  • 小型軽量商品の請求書入手にかかる費用 ⇒ 1,000円

どちらの方が金銭的リスクが少ないかは明白ですよね?

使える資金が少ないうちは、まずは小型軽量からスタートし、資金に余裕が出てきてから高額商品の規制を解除するという流れがおススメです。

メリット3 売り上げ実績ベースの出品制限解除が狙える

Amazon出品規制解除は、請求書を提出する以外に、Amazonマーケットプレイスでの販売実績実が認められると、請求書ナシでも規制を解除できるという裏ルールが存在します。※このルールは公式には一切公開されていません。

販売実績に関しては、メーカー・ブランド等は一切関係なく『純粋な売上額』だけが対象となります。

つまり『小型軽量商品だけで販売実績を積んで ⇒ SONYやCASIOの規制を解除』なんて方法も可能ということです。

販売実績ベースでの規制解除については、『毎月50万円売ればOK!』『トータルで300万円以上売ればOK!』といった明確なルールが一切公開されていません。

そのため、売り上げに応じて段階的に申請を試してみるしかないのが現状です。

コンサル生/サポート生の実績では、半年ほど継続して/毎月50万円以上の販売実績があれば、書類ナシで制限を解除できたケースが多かったです。

前述したように、小型軽量商品なら請求書入手の経費も安くすむため、

  • まずは小型軽量商品を中心に扱って
  • 請求書提出&実績ベース解除の二刀流で、出品できるメーカーを少しずつ増やしていく

この流れで進めていくのが正攻法と言えますね。

販売実績ペースでの解除については「アマゾン出品制限/規制を1クリックで解除する方法【販売実績ベース】」の記事に詳しくまとめてあります。

出品規制を1クリックで解除する方法

小型軽量サイズの商品を扱うデメリット

小型軽量サイズは『販売価格の上限が1.000円』というルールが決められています。

販売価格が1,000円程度の商品だと、どんなに頑張っても月商100万円が限界。

月商200万、300万、500万と伸ばしていくことは物理的に不可能で、どうしても稼げる金額が頭打ちになってしまうのが最大のデメリットです。

とはいえ、小型軽量商品は『単価の高い商品を扱うための事前準備』の意味合いが強く、『せどり初心者が販売価格の上限を定めて低リスクで経験を積む』と考えると、価格の上限が設定されていることは逆にメリットと言えるかもしれません。

また、先ほどもお伝えしたように

  • まずは小型軽量商品を中心に扱って
  • 請求書提出&実績ベース解除の二刀流で、出品できるメーカーを少しずつ増やしていく

という流れで進めていけば売り上げも自然と伸びていくため、価格の上限に関しては正直あまり気にする必要はないですね。

『月に5~10万円程度のお小遣い稼ぎ』が目的なら、小型軽量商品だけをメインで扱っていく方法でももちろんOKです!

「Amazon出品制限多すぎ」でよくある質問

なぜAmazonに出品許可申請が必要なのですか?

Amazon出品許可申請とは、出品する前に商品の安全性を証明するためにAmazon側に提出するものです。 申請はAmazonに存在する全ての商品ではなく「Amazonが必要と判断したカテゴリ/ブランド」に対して申請が必要となります。出品に対して一定のルール・ハードルを設けることで、偽物や不正入手した商品の出品を防ぐ目的があります

Amazon出品アカウント作成にどのくらい時間がかかりますか?

Amazonでアカウントを作成するためには、免許証・メールアドレス・電話番号・銀行口座・クレジットカードなどを用意し、フォームに情報を入力します。※場合によってはテレビ通話で担当者と簡単なやり取りが必要なケースもあります。すべての情報提供が完了後、審査には3営業日(目安)かかります

Amazonの出品申請は、何日くらいかかりますか?

出品申請の解除までにかかる日数は、その方法によって異なります。動画視聴 or 1クリック解除の場合は申請後すぐに審査が完了します。請求書を提出する場合は、最短で即日/最長で3日ほどかかるケースが多いです。

Amazonの出品者はどうやって確かめますか?

Amazon商品ページの「販売元」に記載されている店舗名部分をクリックすると、出品者の詳細情報を閲覧することができます。

Amazonの販売元情報

閲覧できるのは「特商法(住所・電話番号・責任者名)」「店舗に対するレビュー(出品者評価)」「お問い合わせ先」といった情報です。また特商法に「CN」と記載がある場合、そのセラーは中国人であることを意味しています。

Amazonの出品許可の申請方法は?

①セラーセントラルのTOPページから「三本線マーク」をクリックし、「カタログ ⇒ 商品登録」を選択します。 ②商品名やASINを入力して、出品したい商品を検索します。 ③検索結果で、商品の隣にある「コンディションを選択」から商品のコンディションを選択します。 ④「出品許可を申請」のボタンをクリックして、申請手続きを開始します。

Amazonのアカウントは何個も作ってもいいですか?

Amazonのアカウントは、ショッピング用途のアカウントであれば複数作成しても問題ありません。 ただし、メールアドレスと携帯電話番号はそれぞれ別のモノを用意する必要があります。

また Amazonの出品用アカウントは基本的に1人1アカウントがルールであり、ビジネス上の正当な理由なく複数のアカウントを作成するのはAmazonの規約で禁止されています。

参考:【出品/販売用】amazonで複数アカウントを作成する方法

アマゾンのアカウントはいくつまで作れます?

販売用のセラーアカウントは原則1個まで(ビジネス上の正当な理由がある場合は複数作成も可)、ショッピング用アカウントであれば、好きなだけアカウントを作成できます。 ただしすでに登録済みのメールアドレスや電話番号/クレカ情報は登録できないため、作成するアカウントの数だけ用意する必要があります。

Amazonアカウント作成時の注意点は?

販売用のセラーアカウントは原則1個まで(ビジネス上の正当な理由がある場合は複数作成も可)

ショッピング用のアカウントは好きなだけ作成できますが、同じ情報を重複して登録することはできません。そのため作成するアカウントの数だけ「メールアドレス/電話番号/クレジットカード」を用意する必要があります。

また複数アカウントで購入制限がある商品を大量に購入するなど、モラルを逸脱した行為が確認された場合、関連するアカウントが全て閉鎖されることもあるので注意してください。

Amazonに出品するのに必要なものは?

Amazon出品用アカウントを作成するには、以下のアイテムを準備してください。

  1. 行政機関発行の顔写真付きの身分証明書
  2. 過去180日以内に発行された取引明細書
  3. メールアドレス
  4. 電話番号
  5. 銀行口座
  6. スマートフォン or カメラ付きのパソコン

全てを準備したうえで、アカウント登録の申請を行いましょう。

Amazonのアカウント停止になるとどうなる?

アカウントが閉鎖されると、アカウントに関連付けられているサービス(商品購入/プライムビデオ/ミュージックなど)は利用できなくなります。 またAmazonから確認用のメールが届くため、内容を確認して5日以内に返信してください。状況によってはアカウント停止が解除されるケースもあります。

Amazonの売れ筋ランキングの調べ方は?

Amazonのスマホアプリでランキングを確認する手順は次の通りです。

  1. メニューボタン(三本線マーク)をタップする
  2. カテゴリーを選択する
  3. 画面を下にスクロールする
  4. 売れ筋ランキングの「もっと見る」をタップする
  5. 売れ筋ランキングが表示される

また上部メニューから小カテゴリの選択、ランキングの種類(売れ筋ランキング/最新リリース/人気度ランキング/ほしい物ランキング/人気ギフトランキング)を選択することもできます。

またパソコンの場合はこちらのリンクから売れ筋ランキングを見ることができます。

Amazonに電話で問い合わせることはできますか?

Amazonのヘルプページに記載の「0120-899-543」から問い合わせが可能です。この番号はフリーダイヤルのため通話料は無料です。また問い合わせの際は、利用しているアカウント情報(メールアドレス/電話番号)や注文情報(注文番号/配送番号)が必要なため、事前に準備してから連絡するとスムーズです。

Amazonの手数料410円は何ですか?

410円はAmazonで買い物をした時の配送料です。

Amazonの配送料は、プライム会員と非プライム会員で異なります。

プライム会員は配送オプションに関係なく、Amazon.co.jp(以下、Amazon)が発送する商品の配送料は無料です。非プライム会員は、購入金額の合計が3,500円未満だと、410円の送料が発生します(北海道・九州・沖縄・離島は450円)

まとめ

ということで『Amazon出品制限多すぎ問題』を解決するための、2つの方法をお伝えしました。

個人的には、どちらか一方を選択するよりも、

  • メルカリ ⇒ 継続性はないが、即金性が高く/初期費用を貯めやすい
  • 小型軽量商品 ⇒ 即金性はないが、継続性があり/リピート仕入れで仕組化しやすい

お互いのデメリットを相互に補完できる関係性なので、どちらも取り組んで徐々に小型軽量商品を仕組化する。

その後、貯めた資金と販売実績を使ってAmazonの出品制限を解除、扱えるメーカーを増やしてさらに売り上げを伸ばしていく、という流れが理想的ですね!

当ブログでは、物販関連のノウハウを色々掲載しているので、他の記事もぜひ読んでみてください。

- 当サイトおススメ記事 -

\ せどりのリアルを赤裸々に公開中/

\ Amazonせどり × 小型軽量プログラム /

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる