誰も言わない。せどりで「今すぐ用意するべき」クレジットカードを教えます。

クレジットカード

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。4歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

 

 

どうも、サクです。

 

ブログを読んだせどり初心者の方から、

「電脳せどりをやるうえで、おススメのクレジットカードがあれば教えてください!」

という質問がありました。

 

過去記事を検索しても、このブログでクレジットカードのことを書いたことがなかったので、

「他の情報発信者が誰も言わない、せどりで本当に必要なクレジットカード」

について、お伝えしていこうと思います。

 

店舗せどりにしろ、電脳せどりにしろ。今は「クレジットカードを使った仕入れ」がメインになっている方がほとんどですよね?

 

クレジットカードは上手に使うと沢山のメリットを受けることができますが、その逆で自分でしっかりとコントロールをしないと「黒字倒産」なんてことも現実として起こりうる話です。

 

私も、せどりを始めた当初にあやうく「黒字倒産」仕掛けたことがあるので、その体験をもとに「せどらーが本当に持つべきクレジットカードについてお伝えしていこうと思います。

 

初心者せどらーが持つべきクレジットカードはコレだ!

 

物販系のブログで「クレジットカード」の記事を拝見すると、

 

  • ポイントがどれだけ貯まるか、
  • 即日発行できるか、
  • 限度額はどれくらいか、

 

という「メリット部分」だけにフォーカスした記事がとても多くて、個人的にはそれがチョット気になっていたんですよね。

 

クレジットカードは、一歩使い方を間違えると本当に危ないので、その点を詳しく解説していきますね。

 

で、先に結論から言ってしまいますが、初心者せどらーが持つべきクレジットカードは

デビットカードです。

VISAデビットカード

VISAデビットカード

デビットカードって知っていますか?私はせどりを始めるまでは聞いたことがありませんでした。

 

デビットカードをGoogleで検索すると、

デビットカード(英: debit card)とは、預金口座と紐付けられた決済用カードである。金融機関(一般的に銀行)が発行し、このカードで決済すると代金が即時に口座から引き落とされる仕組み。”debit” は英語で「借方」の意味。

Wikipedeiaから引用

デビットカードと銀行口座が紐づいていて、デビットカードで決済をしたい場合は、先に銀行口座にお金を入れておく。

 

そして、デビットカードで決済をすると、銀行口座からお金が即時に引き落とされる。当然、銀行口座の残高以上の決済をすることはできません。

 

簡単に言ってしまうと「現金支払い」と同じですね。先に現金を用意して口座に入金しておかないと決済ができないのが、デビットカードの仕組みです。

 

なので、厳密にいうとクレジットカードではありませんが、先に現金さえ用意しておけばクレジットカードと同じように使うことができるのが、デビットカードです。

 

 

クレジットカードは諸刃の剣

 

クレジットカードを使った仕入れの最大のメリットは「元手(現金)が無くても仕入れができる」ということです。

ゼロ円

ゼロ円

 

  • カードを使って商品を仕入れ、
  • 仕入れた商品をAmazonで販売し、
  • その売り上げが、カードの支払日までに口座に入金される

 

これができれば、元手がゼロでもせどりで稼ぐことができます。言い方はチョットアレですが「クレジットカードの現金化」のイメージを持つ方もいるかもしれません。

 

ただ、せどりをやっている方なら重々理解しているとは思いますが、

 

  • カードを使って商品を仕入れ、
  • 仕入れた商品をAmazonで販売し、
  • その売り上げが、カードの支払日までに口座に入金される

 

↑これって、簡単そうに見えて実はメチャクチャ難しいことなんです。

 

仕入れた時には、1か月以内に販売できる想定だとしても、

 

  • 出品者が増えて、1か月以内に売り切れなかったり、
  • 価格競争が起きて、販売価格が大きく下落したり、
  • Amazonの在庫が復活したり、

 

物販(特にAmazonを使った場合)は、色々な不確定要素が含まれているため、想定していた通りに売れないなんてことは、日常茶飯事なんですね。

 

では、

  • 想定していた通りに売れない。。
  • Amazonからの入金額が少ない。。
  • クレジットカードの支払いが間に合わない。。

 

となった時に、せどらーさんがどういった行動を取るかというと、

「クレジットカードを使ってさらに仕入れる!」

次のクレジットカードの支払いを間に合わせるために、クレジットカードの枠を使って「早く売れる回転の良い商品」を追加で仕入れて販売し、その入金額でクレジットカードの支払いをなんとか間に合わせる。

 

要は「なんとかして、売り上げを立てなきゃいけないっ!」という状況に追い込まれていくわけですね。

 

それを何度も繰り返すうちに、

 

  • クレジットカードの利用額が増え続け、
  • 塩漬けになった不良在庫が増え続け、

 

最終的には、「クレジットカードの支払日に、銀行口座の預金残高が足りない・・・」

悲劇

悲劇

という悲劇が生まれてしまいます。

 

 

クリスマス商戦で死にかけた話

 

私の場合は、せどりをスタートして「初めてのクリスマス商戦」の時に、クレジットカードをガンガン使って、かなり痛い目にあいました。

 

知り合いのせどらーから「クリスマス商戦はメチャクチャ売れるよ!」という話を聞いていたので、人気のおもちゃやゲームをとにかくガンガン仕入れ、あっという間にカードの限度額は一杯に。

 

仕入れた商品はそれなりに売れていき、その年の12月の月商は「過去最高を記録!」して、チョットした達成感に使っていたのもつかの間。

 

1月に入ると、クリスマス商戦で売れ残った商品の売れ行きが鈍くなっていき、気が付いた時には不良在庫が増えてきて、

 

「アレ・・このままだと次のクレカの支払いヤバくない・・?」

焦る

焦る

慌てて商品の価格を下げて不良在庫を売り切ろうと思いましたが、時すでに遅し。結局カードの支払いは間に合わず、ヘソクリを使ってその場を何とかしのぎました。

 

クレジットカード以外に、ある程度の現金があったので何とかなりましたが、クレジットカードだけに頼っていたらと思うと、今考えてもゾッとしますね。。

 

クレジットカードの「限度額」も実は意外とやっかいで、まだそれほどせどりの実力が無くても「ポーンと100万円」の商品を仕入れが出来てしまうのもあまり良くないんです。

 

  • 自分の本当の実力以上の金額でも、
  • 自分のキャパ以上の金額でも、

 

クレジットカードを使うと簡単に仕入れができてしまうんですが、じゃあ何かトラブルがあった時に、それに対処できるだけの実力を持ち合わせていないとどうなるかは、容易に想像できますよね?

 

 

堅実にいくなら、現金仕入れが絶対おススメ!

 

今、私がやっている物販の仕入れは「ほとんどが現金仕入れ」です。

現金

現金

 

  • 問屋仕入れ
  • メーカー仕入れ
  • 中国輸入
  • スマホケース無在庫

 

取引先の都合上、どうしても現金で商品を仕入れる必要があるので自然とそうなってしまったのですが、実際に体験してみて思ったことは「現金仕入れが一番堅実だ!」ということです。

 

  1. 現金を使って商品を仕入れる
  2. 商品をAmazonで販売⇒売り上げが口座に入金される
  3. 入金されたお金で、また商品を仕入れる

 

最初に用意した元手を使い「複利の力」でお金を大きくしていくイメージです。

複利

複利

Amazonから売り上げの入金がある前に、利益が出る商品を見つけたとしても、そこは「グッと我慢」です。口座にお金が入金されてから、そのお金を使って仕入れる。これを徹底するのが、間違いなく一番堅実な方法です。

 

クレジットカードは、止まれない物販

 

もちろん、クレジットカードにもメリットはあります。

 

  • 獲得できるポイント分だけ、利益を上乗せできる
  • 締め日の異なるカードを用意して、支払いを先送りさせる

 

自分でしっかりと管理できる自信があるなら、クレジットカード仕入れも悪くはありません。

 

ただ、クレジットカードは使い方を一歩間違えると、本当に痛い目にあります。

 

  • 売り上げがどれだけ高くても、
  • 利益率がどれだけ高くても、

 

「次のクレジットカードの引落し日に預金が足りない」となったら、黒字倒産は目前です。

 

次のクレジットカードの支払いのために、また商品を仕入れる。

「仕入れを辞めることができない、止まれない物販」

にならないよう、クレジットカードの使い方にはくれぐれもご注意ください。

 

せどりの元手(現金)を用意する方法

 

デビットカードを使って仕入れをするためには、現金が必要になります。元手を用意するためにアルバイトをするというのも1つの方法ですが、私のブログでは、せどりの元手を用意する方法も解説をしています。

自己アフィリエイトで0からひとまず10万稼ぐためのステップ

2017.11.14

10~20万円程度の金額であれば、この方法で意外と簡単に作り出すことができるので、ぜひ参考にしてください。

 

 

おススメのデビットカードはコレだ!

 

最後に、おススメのデビットカードを紹介しておきます。

 

デビットカードは、金融機関(銀行)が発行しているので、あなたがお使いの銀行のサイトをチェックすると、おそらく専用のデビットカードがあるハズです。

 

電脳せどりの場合は、楽天から仕入れをする方も多いと思うので、楽天のデビットカードがおススメです。

楽天デビットカード

楽天デビットカード

 

ゴールドデビットカードだと、還元率がアップします。

楽天デビットゴールドカード

楽天デビットゴールドカード

お使いの銀行のサイトをチェックして、すぐに作成してみてください。

 

まとめ

 

「クレジットカードは怖いよ、怖いよー」と脅しているような記事になってしまいましたが(笑) 大げさでもなんてもなくて、使い方を一歩間違ってしまうと、本当に辛い状況に追い込まれます。

 

仮に「Amaoznのアカウントが凍結」されたとしても、現金仕入れなら支払いに追われることはありませんが、クレジットカードの場合はそうはいきませんよね? 

 

  • アカウントが凍結されても、
  • Amazonの売り上げが凍結されても、
  • 引き落とし口座のお金が足りなくても、

 

嫌でも、クレジットカードの支払日はやってきます。

 

私の実体験もそうですし、同じような状況に追い込まれたせどらーさんを何人も知っているので、クレジットカードを使った仕入れは本当に慎重に行ってくださいね。

 

まだそこまでの自信が無い方は、いきなり無理をする必要はありません。まずはある程度の現金を用意してから、デビットカードを使って堅実にお金を回していきましょう。

 

 

それでは。

 

 

4 件のコメント

  • サク様。いつも読ませていただいてます。お勧めのカード、読み進めるうちにほんとになるほどな、と目からうろこでした。先月体験した事がばっちり当てはまり、身の引き締まる思いです。 値上がりすると聞いてた商品をラインペイカードで買い集めたところ、思ったほど値上がりせず、おまけに買い集めすぎました。ちょこちょこ売ってる間にメーカー自体が値下げしたので300こほど500から1000円の赤字で売ることになってしまいました。そこまで3か月かかったため、ラインペイでの仕入れが出来ずクレジットカードを使う羽目に。
     商品を寝かしていなければ、値上がりするから少しでも高く売りたいと欲をかかずにすぐに売っていれば、もちろん赤字にもならず資金ショートで仕入れ自体が出来ないというような(カードの限度額そんなに高くしてなかったので)負のスパイラルに陥ることもなかったとおもいました。  売れる数というか仕入れるべき数を分かっていなかったんですね。 なんでも縦済みすればいいとアマゾンで売れる4か月分をいっきに仕入れした失敗のお話でした。  またどこかで仕入れるべき数の目安のお話でも書いていただければ嬉しいです。これからも勉強のため読ませていただきます。

    • コメント、ありがとうございます。
      仕入れた商品は、トレンド系の商品だったのでしょうか?

      仕入れるべき数の目安については、こちらの記事で解説をしています。
      http://syokuhin-sedori.com/proper-number/

      ただ、トレンド系の商品に関しては「ギャンブル要素」が強いので、この記事で解説している計算方法はあてにならないですね。

      私も何度も失敗してきたので、一気に仕入れたくなる気持ちは良く分かります。(笑)

      ただ、せどりはギャンブルではありませんので、初心者の方はどれだけ堅実に進めることができるかが、とても重要だと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    詳しいプロフィールはコチラ

    北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。4歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

    ■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。