【2020年最新版】Amazon出品手数料&販売手数料の仕組み。手数料の計算方法も解説します!

【2020年最新版】Amazon出品手数料&販売手数料の仕組み。手数料の計算方法も解説します!
プロフィール
サク
サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ >
■無料メルマガはコチラ >

※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。

男性
Amazonで出品/販売するときは『手数料がかかる』って聞いたんだけど、具体的にどれくらいの手数料がかかるのかな?手数料を計算する方法があれば教えてくださいな。

この記事では、こんな疑問にお答えします。

Amazonマーケットプレイスを利用して商品を販売するときは、出品する商品の種類に応じて『販売手数料』が発生します。

Amazon出品サービスの手数料

例えば『1000円で仕入れた商品を⇒2000円で販売』すると、その差額は1000円です。

が、この差額1000円全てがあなたの懐に入るわけではなく、ココからAmazonに販売手数料を支払い、残った金額があなたの口座に振り込まれることになります。

女性
なるほど。ってことは、仕入れをする前にどれくらい手数料がかかるかを計算する必要があるってことね♪

正確な手数料は無料ツールを使うことで簡単に計算できるため、Amazonの販売手数料を全て暗記する必要はありません。

沢山あるAmazon販売手数料のうち、

  • 大口 and 小口出品手数料
  • 販売手数料
  • 在庫保管手数料

この3つの手数料だけをサラッと覚えておけばOKです。

この記事では、Amazon販売手数料の仕組みと手数料の計算方法についてお伝えします。

目次

Amazonの販売手数料は『無料ツール』で簡単に計算できる

男性
よしっ!これからAmazonの販売手数料を勉強するぞ!

と意気込んでいる所に水を差すようですが、

『Amazonの出品/販売手数料を、全て覚える必要は一切ありません』

なぜかというと、手数料は無料のツールで全て自動計算できるからです。

無料ツールに仕入れ価格と販売価格を入力すれば、手数料を自動計算し、利益がどれくらい残るかを教えてくれます。

モノレートの利益シミュレーター
販売価格と仕入れ価格(商品原価)を入力すれば
手数料を自動計算、見込み利益を表示してくれます。

モノレートの手数料計算機能

この数値を元に、仕入れをする or しないを判断すればOK。

機械が自動で計算してくれる数値を、わざわざ暗記するなんて時間のムダということです。

どうしてもAmazonの手数料の勉強をしたいという方は、

  • 大口・小口
  • 販売手数料
  • 在庫保管手数料

この3つの手数料だけをサラッと覚えておけばOKです。

Amazonの大口出品と小口出品の違いは?

Amazonの出品サービスには『大口出品と小口出品』の2つのプランが存在します。

Amazon大口と小口の違い

小口出品は月額固定費はゼロ円。そのかわり、1商品販売ごとに100円の手数料が発生します。

大口出品は月額4900円の固定がかかります。その代わり、小口出品で発生する100円の手数料はかかりません。

サク
毎月50点以上販売する人は、大口出品の方が手数料が安く済みます!

これからせどりを始めようと思っている方は、

男性
大口にしようか・・?
女性
小口にしようか・・?

100%ココで悩むと思いますが、あれこれ考える必要なく『大口出品一択!』です。

なぜかというと、大口出品なら

『多くの決済方法を設定できたり』
『ショッピングカードが獲得しやすい』

といった、販促効果を高める機能を豊富に利用できるからです。

小口出品でも売れないことはないですが、正直やるだけ時間のムダ。今、Amazonせどりで稼いでいる方は、例外なく大口出品を利用しています。

月に50個ということは、1日たったの1.6個売ればよいだけ。これくらいの販売数なら、初月から十分達成可能です。

大口出品は『月額4900円の手数料(固定費)がかかる』と覚えておきましょう。

カテゴリーごとに手数料率が違う『Amazon/販売手数料』

次に紹介するのが『販売手数料』です。

販売手数料とは、扱う商品のカテゴリーごとに手数料率が決められています。

Amazonの販売手数料

※Amazon出品サービスの手数料より引用

販売手数料は無料ツールで簡単に計算できるので、全てを丸暗記する必要はありません。

『パソコン・周辺機器』『TVゲーム機本体』

↑この2カテゴリーだけ手数料が安く、他はだいたい15%。と覚えておく程度で大丈夫です。

売れずに残ると負担が増える『Amazon/在庫保管手数料』

最後に紹介するのが『在庫保管手数料』です。

読んで字のごとく、Amazon倉庫に在庫を保管する際に発生する手数料です。

在庫保管手数料は、商品のサイズによって変動します。

例えば、一般的なサイズに『ニンテンドースイッチ』の場合、月額31円の保管手数料が発生します。

ニンテンドースイッチ

ニンテンドースイッチの保管手数料

 

対して、大型サイズのテレビの場合はというと。なんと、ひと月で724円もの保管手数料が発生してしまいます。

テレビ

テレビの保管手数料

売れずに倉庫に残っている商品は、時間が経つにつれてドンドン利益を食いつぶしていくことになります。

在庫保管手数料に関しても正確な数値を把握する必要はなく、

  • 在庫を保管するだけで、手数料がドンドン発生し続ける
  • 特に大きな商品は、手数料が高くなる
  • 仕入れた商品は、早く売ってお金に変えるのが得策!

ということを覚えておけばOKです。

サク
手数料どうこうは別として、商品は仕入れただけではゴミ同然。早くお金に変えてこそ価値があるということを理解しておきましょう!

その他のAmazonの手数料について

その他、Amazonの出品/販売でかかる主な手数料はこれだけあります。

Amazonの出品/販売でかかる主な手数料

  • カテゴリー別成約料(本・ミュージック・ビデオ・DVDの場合)
  • 配送代行手数料
  • FBA在庫の返送・所有権の放棄手数料
  • 商品ラベル貼付サービス手数料
  • 購入者返品手数料
  • 長期在庫保管手数料
  • 納品不備受領作業手数料

女性
まだ、こんなに沢山あるのね、、

先ほどもお伝えしたように、これらを全ての手数料を暗記する必要はありません。

どうしても詳細を知りたいという方はAmazonの公式ページをザーッと眺める程度でOK。

手数料を暗記する時間があるなら、商品リサーチに時間を割いた方がよっぽど有意義ですよ。

Amazon販売手数料の計算はモノレートがおススメ!

Amazonの販売手数料を計算する方法はいくつかありますが、一番使いやすく初心者の方にもおススメなのが『モノレート』を使った計算方法です。

例えば、ニンテンドースイッチのモノレートのページを開くと『利益シミュレーター』が表示されます。

赤枠の『詳細設定』をクリックすると、

モノレートを使った手数料計算方法

 

利益シミュレーターが大きく開きます。

モノレートを使った手数料計算方法

販売見込み価格と商品原価(仕入れ価格)を入力すれば、発生する手数料を自動計算・手数料を差し引きして残る想定利益額を一瞬で確認することができます。

仕入れ前にモノレートで手数料を計算し、確実に利益が残る商品だけを仕入れていきましょう。

まとめ

それでは、まとめです。

Amazonマーケットプレイスを利用して商品を販売するときは、出品する商品の種類に応じて『販売手数料』が発生します。

手数料は無料ツール『モノレート』で計算できるため、詳細を全て暗記する必要はありません。

最低限、

  • 大口・小口
  • 販売手数料
  • 在庫保管手数料

この3つの手数料だけをサラッと覚えておけばOK。

その他のAmazon販売手数料の詳細を知りたい方は、

時間がある時に、ザーッと眺めておくだけでOKです。

重要なコトは、手数料を暗記することではなく、

『仕入れ前にモノレートで手数料を計算し、確実に利益が残る商品だけを仕入れること!』

手数料計算はせどりの基本、早めにマスターしておきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる