【無在庫転売】スマホケース無在庫が一気に伸びてきました!

スマホケース無在庫

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。4歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

 

 

どうも、サクです。

 

Amazonで販売しているオリジナルスマホケース(無在庫)の販売個数が、良い感じで伸びてきました。

 

D-plusの売り上げ画面です

スマホケースの販売個数

スマホケースの販売個数

 

9/1~9/25までで143個。200個はチョット厳しいかなー。1個あたりの利益は「500~600円」なので、今月は8万円程度の利益になりそうです。

 

ちなみに、先月8月の販売個数はというと、

8月のスマホケースの販売個数

8月のスマホケースの販売個数

先月は55個なので、約3倍近くまで伸びていますね!

 

スマホケースは、注文が入ってから生産を始める「完全受注生産無在庫」というスタイルなので、在庫を持つリスクは一切ありません。※スマホケースのデザイン作成は外注さんにお願いしているので、デザイン料として先にお金を出す必要がありますね。

 

ただ、デザイン料ってそんなに高くないんですよ。1デザイン当たり1000円くらいの費用で作成してもらえます。カラーバリエーションを追加する場合は別途500円とか、その程度のお金しかかかりません。

 

1個売れて500円の利益なら、同じデザインで2個売れれば、それだけでデザイン料の元は取れてしまいます。その後売れた分は丸々利益として懐に入ってくる。スマホケース無在庫販売は結構オイシイ商売です。(笑)

 

スマホケース無在庫販売のもう1つのメリットは「広告費が一切かからない」という点ですね。中国輸入OEMなどでオリジナル商品を作成した時は「スポンサープロダクト(Amazon内の広告)」を利用して、商品の露出を増やす必要があります。

 

▼ Amazonスポンサープロダクトを勉強したい方はコチラの記事がおススメです。

Amazonスポンサープロダクトの効果がすごい!使い方~コツまで解説

2017.05.19

 

例えばOEMで「ハンドバッグ」を作成したとしましょう。その商品がどれだけ素晴らしかったとしても、Amazon内で「ハンドバッグ」と検索をした時にあなたの商品が1ページ目に表示されなければ、そのバッグが売れることは無い。

 

要は、Amazonに新規で登録した商品は「どうやって商品の露出を増やしていくか」がとても重要なポイントとなってきます。

 

では、どうやって商品の露出をふやしていくかというと、スポンサープロダクトを利用して「あなたの商品を強制的に上位表示させる」というのが一般的な方法です。

 

Amazonで「ハンドバッグ」と検索した結果。
上位4つが「スポンサープロダクト」を利用した広告です

ハンドバッグの検索結果

ハンドバッグの検索結果

 

商品ページのパワーが弱いうちは、広告の力を利用して強制的に上位表示させるというのが、OEM販売の一般的な方法です。

 

ただ、スポンサープロダクトは広告なので、当然ですが「広告費用」が発生します。スポンサープロダクトは「クリック課金型」なので、あなたの商品がクリックされるごとに広告費用が発生します。誰かがあなたの商品をクリックして「商品を買わなかったとしても」広告費用は発生してしまいます。

 

この広告費用と商品の粗利バランスを計算しておかないと「広告費用だけをひたすら垂れ流して、商品が全然売れない・・・」という悪循環に陥ることになります。

 

この辺を話し出すと、とてーも長くなるので今回は止めておきますが、Amazon広告を正しく運用して利益を出すのは、実は意外と難しいんです。

 

その点、スマホケース無在庫の場合は「広告は一切かけていません」 商品ページを作成したら、後は完全にほったらかしです。

 

広告を一切かけていないので「スマホケース」「iPhoneケース」で検索をしても、私の商品が上位に表示されることは一切無し。上位どころか「5ページ目にも、10ページ目にも、15ページ目にも、、」私の商品は全く表示されていません。

 

「それでも、なぜか売れる!」もはや、購入した人がどうやって私のスマホケースまでたどり着いたのかすら謎。(笑) 

 

ここのロジックに関しては、正直私も理解できていません。お客様が「どういった経路で私のスマホケースまでたどり着いたのか」が分かれば、もっと売り上げを伸ばすことができそうなんですが、真相は闇の中、、、 とりあえずは出品数を増やせば、それと比例して売り上げも着実に伸びています。

 

デザインを作成したりAmazonに商品登録をしたりと多少の手間はかかりますが、かけた手間以上のリターンがあるので、かなりおススメできますよ!

 

もう少し売り上げが安定したら、広告をしっかりと使おうと思っています。ただスマホケースに関しては、スポンサープロダクトよりも「インスタグラム広告」の方がマッチしそうなので、やるとしたらインスタ広告かな。

 

スマホケース無在庫の具体的なやり方については、近日中にブログで公開しますね。

 

それでは。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    詳しいプロフィールはコチラ

    北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。4歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

    ■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。