【無在庫転売】ウリタス購入者からの実践報告・初月で月商100万円達成!

無在庫転売ツール実践記

ABOUTこの記事をかいた人

サク

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。4歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

 

 

どうも、サクです。

ヤフショ専用無在庫ツール「ウリタス」を使っているFさんからメッセをいただきました。

LINEメッセージ

初月から「月商100万オーバー!」と、かなり順調なスタートを切っていますね。

無理言って、売り上げデータも提供してもらいました。

ヤフショの売り上げデータ① ヤフショの売り上げデータ② ヤフショの売り上げデータ③

一般的には「利益率10%」は低く感じるかもしれませんが、まだスタートしてたったの1か月ですからね。販売実績が増え、ショップのレビューも増えていけば、利益率15%くらいでも問題なく売れていきます。

そもそも、「無在庫販売=不良在庫無し」という点を考慮すると、月商100万・利益10万円はかなり優秀な部類に入ります。

有在庫と無在庫の利益率の違い

例えば「1000円で仕入れたゲームが1万円で売れて、利益7000円ゲットー!」と紹介しているメルマガがあるとします。

「利益7000円÷売値10000円×100=利益率70%」

↑ボロ儲けですね。(笑)

ただ、それはあくまでも「その商品だけ」に着目した時の実績であって、それ以外に「売れない不良在庫」を大量に抱えているとしたら・・・ 実際の利益はもっと少ないですよね?

・Aという商品 ⇒ 利益7000円!
・Bという商品 ⇒ 仕入れ3000円(不良在庫)
・Cという商品 ⇒ 仕入れ2000円(不良在庫)
・Dという商品 ⇒ 仕入れ1000円(不良在庫)

「利益7000円 – 不良在庫6000円=実際の利益は1000円だけ」もし実際の状況がこんな感じだったらどうでしょう?

「利益1000円÷売値10000円×100=利益率10%」

↑利益率70%は見せかけの数値だとしたら・・・

物販をやっている人全員がこんな状況とは言いませんが、不良在庫が利益を圧迫しているというケースは、ほとんどのせどらーが経験した事があるはずです。

売れない商品は「赤字損切」をして資金をガンガン回すのが物販の鉄則ですが「せっかく仕入れたのに、赤字で売るのはチョットなー・・」と躊躇してしまい、結果不良在庫がドンドン増え続ける。こんな物販は正常とは呼べませんよね?

そう考えると、同じ利益率10%でも

・仕入れリスク無し
・在庫リスク無し

注文が入ってから仕入れを行う無在庫販売なら「在庫リスクゼロ&手元に確実にお金が残る」つまり、キャッシュフロー的に、有在庫販売よりメリットが大きいということになります。

在庫を持つ物販が難しいと感じるなら・・

勘違いして欲しくないのは「在庫を持つ物販が絶対にダメだ!」というわけではないってコト。

私も無在庫販売の他に、

・問屋仕入れ
・メーカー仕入れ
・中国輸入OEM

などなど。在庫を持つ物販をいくつか手掛けています。ただ、在庫を持つ物販で安定した実績を出すのは、想像以上に難しいです。

売り上げ金を「クレカの支払い&次の仕入れ」に充当し、手元に全くお金が残らない。そうこうしているうちに不良在庫が増え続け、資金繰りが上手くいかず廃業していく方もたくさん見てきました。

今の物販を辞める必要はありませんが「在庫リスクがない、ストレスフリーの物販」を目指す方は、無在庫販売にチャレンジするのも1つの方法ですよ。

無在庫ツールウリタスの詳細は、専用メルマガで公開しています。実際にウリタスを使った動画も公開しているので、興味がある方はぜひ専用メルマガをチェックしてください。

無在庫専用メルマガは↓のページから登録できます。

無在庫転売ツール

【売り上げ270万円突破!】最新無在庫転売ツールを1カ月間モニターした結果!

2019年1月25日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サク

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。4歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。