【メーカー仕入れ】Google検索でメーカー&問屋を探すテクニック!

メーカーをリサーチする方法

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。4歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

 

 

どうも、サクです。

 

私が実践している「在庫を持つ物販」は、「メーカー&卸問屋仕入れ」がほぼ100%を占めています。

 

今年に入ってからは、海外のメーカーとも何社か契約することができ、売り上げもボチボチ安定してきました。

▼海外メーカーから仕入れた商品

【メーカー仕入れ】FBA納品後、即売れしました。

2018.05.20

▼海外メーカーの担当者に会いに東京ビックサイトへ行った話

【メーカー仕入れ】サク、日本総代理店になる(かも)

2018.10.12

メーカー仕入れ&問屋仕入れのノウハウに関しては、このブログでも色々と公開していますが、実際のところは難しいことなんて何もやっていません。

 

  1. 利益が出そうな商品や、
  2. 自分が興味がある商品を見つけて
  3. メーカーへ直接連絡をして交渉するだけ

 

一般的なビジネスであれば極々当たり前のことを、個人レベルで行っているだけ。なので、やろうと思えば誰にもできます。※交渉を一切必要としない「小売店からの仕入れ」に慣れきってしまったせどらーは、特に③が苦手ですね。(笑)

 

で、メーカー仕入れを実践する中で重要なことが「交渉をするメーカー(問屋)をどうやって見つけるか」という点です。一番オーソドックスなのは「Googleを利用してメーカーを探す」という方法ですが、その中でも特におススメなのが

 

「小売店のみなさまへ」

↑このキーワードをGoogleで検索する方法。これは本当におススメです。

 

例えば、問屋を探す時に「おもちゃ 問屋」「食品 問屋」と検索する方法があります。この方法も悪くはありませんが、それよりも、「問屋やメーカーのHPに、どんな言葉(キーワード)が記載されているか?」を考えると、もっと効率よくリサーチを進めることができます。

 

メーカー側としては、自社の商品を販売してくれるパートナーが欲しいので、

小売店のみなさまへ

小売店のみなさまへ

こういったページを用意しているワケです。「販売店の皆様へ」というキーワードもアリですね。

 

要は、自分本位ではなく「相手の立場に立って考える」ことがとても重要。「おもちゃ 問屋」「食品 問屋」で検索をするのは、自分の願望をただ言葉にしただけの自分勝手なリサーチ方法なんですよ。

 

そうではなく「自分がメーカーor問屋側の人間で、販売ルートを増やしたいならどう行動するか?」を考えると、どういったキーワードでの検索が有効なのかは、おのずと見えてくるハズです。

 

「小売店のみなさまへ」

↑これはあくまでも一例にすぎません。このキーワードをキッカケに、自分なりのリサーチワードを発掘していきましょう。

 

▼ 問屋仕入れ成功の秘訣はコチラ。

【問屋仕入れせどり】卸仕入れで、月商200万円を "ド安定で稼ぎ続ける" 仕組みの作り方

2018.04.16

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です