【メーカー仕入れ】サク、日本総代理店になる(かも)

東京

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。4歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

 

 

どうも、サクです。

 

そうだ、東京、行こう。

東京

東京

ということで、北海道新千歳空港から飛行機に飛び乗って、急遽東京まで仕事に行ってきました。

 

▼東京へ行った理由はこの展示会に参加するため。

 

国際 道工具・作業用品EXPO(ツール ジャパン)

ツールジャパン

ツールジャパン

 

私が契約している「ある韓国のメーカー」がツールジャパンに出展することになり「Hey!サク!遊びに来いよ!」とお誘いを受けたので、急遽遊び商談に行くことにしました。

 

会場の様子①

ツールジャパンの会場①

ツールジャパンの会場①

 

会場の様子②

ツールジャパンの会場②

ツールジャパンの会場②

 

会場の様子③

ツールジャパンの会場③

ツールジャパンの会場③

 

受付でもらったマップを見ながら会場をウロウロすること数分、すぐに韓国メーカーのブースを発見。

 

英語は一切話せないので、ブースにいた通訳さんを通して

 

  • えー、私はサクと言いまして、
  • 今年の4月にスカイプをやらせていただいて
  • 御社の〇〇という商品を扱っていまして、

 

と伝えると「Oh!サク!!よく来たな!!」と言ったかどうかは分かりませんが。(笑) メーカー担当者の「ヒューゴ」とガッチリ固い握手でご挨拶。

 

で、そこから契約の内容について色々と相談したんですが、契約した当初とはなにやら状況が変わっている様子。

 

4月にスカイプで話したときは、日本総代理店になる条件として「年間で5000個の販売実績」という条件があったんです。年間で5000個ってことは、1か月で400個以上は売らないといけない計算です。

 

汎用的な商品なら全然実現可能な数字なんですが、今扱っている商品って「超絶ニッチな商品」なんですよ。

 

商品自体にはとても魅力があるし、私も一目見た時に「この商品、面白い!!」と感じたんですが、それでも利用する人はかなり限定されてしまいます。

 

「○○が趣味の人」とか「○○系の企業に勤めている人」は興味がある!でも一般の人はほとんど興味が無い商品。なので年間5000個販売ってかなりハードルが高いんです。

 

今すぐどうこうできる数字ではないし、とりあえず総代理店の話は置いといて、30個ほど仕入れて⇒Amazonで販売する。をひたすら繰り返していました。

 

ただ、昨日会場で話したときは「年間5000個の販売実績」の件は無かったことになっていて、「○○してくれれば日本総代理店になれるけどどうする?」という新しい条件提示がありました。※○○の内容はヒミツ。

 

うーん、やろうと思えば簡単にできることだし、総代理店になれれば卸価格も安くなるし、なにより「日本で独占販売できる!」というのはとても大きなメリット。

 

デメリットとしては、それなりの費用が発生するのと手間が掛かるという点。うーん、悩む。(笑)

 

1人でやるとデメリットの面が大きくなりそうなので、仲が良い人を何人か巻き込んで相談してみようと思います。

 

その後は、一緒に展示会に行った仲間と「夕方18時から深夜2時まで」新橋でダラ飲み。

新橋でダラ飲み

新橋でダラ飲み

まぁ、結局はコレが目的で東京に来たようなもんです(笑)

 

店舗仕入れやネットショップ仕入れなど。交渉を一切必要としない「小売りからの仕入れ」に慣れてしまったせどらーさんからすると、「メーカー仕入れ」とか「問屋仕入れ」って、とてつもなく難しいことをやっているイメージがあるかもしれませんが。

 

いざやってみると、難しいことなんて何1つありません。交渉って言っても小難しい話をすることはほとんど無くて、

 

「御社の商品をぜひ扱わせてください!」ということを、相手のメリットを交えて伝えるだけです。

 

問屋仕入れの場合はもっとハードルが低いですね。ネット系の問屋などは交渉は一切必要無くネットショップと同じような感覚で仕入れができるサイトもあるので、まずはそこから試してみると良いですよ。

 

▼卸問屋仕入れで “ド安定” で稼ぎ続ける方法

【問屋仕入れせどり】卸仕入れで、月商200万円を "ド安定で稼ぎ続ける" 仕組みの作り方

2018.04.16

 

「その商品、仕入れさせてもらえませんか?」のたった一言だけで、大げさじゃなくて「人生が変わるくらいの体験」が待っている可能性もあるので、ぜひ問屋やメーカー仕入れにチャレンジしてみてください!

 

それでは。

 

 


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です