Keepaの導入~使い方・設定講座:Amazonせどりを無料で数倍効率化!

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。

・メーカー直仕入れ
・問屋仕入れ
・アパレル無在庫販売

など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。家族との時間が一番大切なイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

 

どうも、サクです。

 

電脳せどらーなら1度はお世話になったことがあるツール、「Keepa」

 

今回は、Keepaの導入~Keepaをせどりに活用するために最適な設定使い方までを紹介します。

 

KeepaはGoogle Chromeの拡張機能ですので、ブラウザがCheomeじゃない方は、先にChromeをインストールしてくださいね。

 

Chromeを導入する↓

パソコン版 Chrome
Google Chrome は、最新のウェブ環境に対応した高速で安全な無料のウェブブラウザです。パソコンでぜひご利用ください。

Keepaを導入する

リラックスしている画像

Chromeの準備ができたら、Keepaを導入してみましょう。

 

Google Chromeで、このページにアクセスします。

Keepa - Amazon Price Tracker
Adds price history charts and the option to be alerted on price drops to all Amazon sites.

Googleで「keepa」と検索しても、おそらく一番上にでてきます。

 

アクセスしたら、右上の「CHROMEに追加」をクリック。

keepaを追加

これだけで、導入は完了です。

 

あとはよりせどりで使いやすくなるように、いくつか細かい設定をしていきます。Keepaの主な機能を把握しながら、設定していきましょう。

 

 

電脳せどりツールKeepaの主な機能をチェックしよう!

 

Keepaには、主にこのような機能が備わっています。

Keepaの主な機能
  • 価格変動履歴やAmazon在庫状況などのグラフ表示
  • 価格トラッキング
  • 出品者数増減の履歴表示
  • ライバルの在庫数確認

各機能について、1つずつ解説していきますね。

 

Keepaのグラフ表示機能

 

Keepaをインストールすると、Amazonの商品ページ内にこのようなグラフが表示されるようになります。

Keepaのグラフ

Keepaのグラフ

このグラフは、仕入れの判断をするためにとても需要なデータが含まれているので、各グラフが何を表しているのかをしっかりと理解していきましょう!

 

価格変動履歴

 

Keepaをインストール後、適当なAmazonの商品ページにアクセスと、このようなグラフが表示されます。

このグラフの中の青い線が、新品の商品の価格の変動を表しています。マウスを動かしてカーソルを乗せるとその時点の具体的な価格が表示されます。

 

Amazon直販在庫状況の表示

 

商品によっては、せどらーのほかに、Amazonが直接販売しているものがあります。先ほどのグラフのオレンジの線は、Amazonが直接販売している商品の値段の推移です。

 

  • オレンジの線 ⇒ Amazon.co.jpが直接販売している商品
  • 青い線 ⇒ マーケットプレイス出品者(主にせどらー)が販売している商品

 

と考えていただければ、分かりやすいですね!

 

もし、Amazonがいないカタログ場合、オレンジの線は表示されません。

keepa アマゾンなし

 

売れ筋ランキング

 

売れ筋ランキングを表示させるには、グラフの右側のこの部分をクリックします。

すると、緑の線が出てきます。同じくカーソルを乗せると、その時点の売れ筋ランキングが表示されます。

売れ筋ランキンググラフ

ここまで機能がそろっていれば、モノレートがつながりにくい時などに、Keepaを参考にリサーチすることもできますね。

 

その他の項目

 

グラフの右側にあるその他の項目も、売れ筋ランキングの時と同じように、クリックするとそれぞれグラフが表示されます。

keepaその他の項目

また、すべての項目は、もう一度クリックすると再び非表示にすることができます。

各項目の意味
  • 中古:中古価格の最安値変動履歴。
  • 参考価格:定価または設定されている参考価格が表示されます。
  • New 3rd Party:自己発送の最安値(送料込みの値)。
  • Amazonによる配達:FBA対応商品の最安値。
  • Buy Box:カートボックスを取得している価格(送料込みの値)。
  • 中古品 – ほぼ新品:コンディションほぼ新品で出品されている商品の最安値(送料込みの値)。
  • 中古品 – 非常に良い:コンディション非常に良いで出品されている商品の最安値(送料込みの値)。
  • 中古品 – 良い:コンディション良いで出品されている商品の最安値(送料込みの値)。
  • 中古品 – 可:コンディションで出品されている商品の最安値(送料込みの値)。
  • クローズアップビュー:オンにするとグラフの縦軸(金額)を見やすいように変化させることができます。
  • 期間:選択することでグラフの表示期間を変更できます。

項目のうち「倉庫」は、僕も何を示しているのかわかりません。。

 

価格トラッキング機能

 

Keepaを使う上で、一番のメインとなってくるのが「価格トラッキング機能」です。

 

価格トラッキング機能とは?

商品の価格が指定した価格(相場よりも安い金額)になった場合に通知を受け取ることができる機能のこと。通知はメールかSNSで受け取ることができます。

 

指定した金額(相場よりも安い金額)になった場合にメールで通知 ⇒ その商品を仕入れてAmazonで相場に近い金額で販売する。

 

つまりKeepaは「Amazon刈り取りで活用する!」というのが、せどらーの間でのオーソドックスな使い方となっています。

 

トラッキング機能の設定方法を解説!

 

では、その「トラッキング機能」の使い方について、具体的に解説をしていきますね。

 

まずは、Keepaでアカウントを作成しましょう。Keepaをインストールしたら、どの商品でも良いので、Amazonの商品ページを開いてください。

 

商品ページを開いたら、赤枠の「Find related Deals」をクリックしてください。

Find related Deals

Find related Deals

 

画面右上の「ログオン/アカウント作成」をクリック。

ログオンアカウント作成

ログオンアカウント作成

 

必要項目を入力して「アカウント登録」をしてください。

アカウント登録

アカウント登録

 

登録したアドレスに、このようなメールが届きますので、URLをクリックして登録を完了させましょう。

URLをクリックして登録を完了させましょう。

URLをクリックして登録を完了させましょう。

 

デフォルトの状態では英語表記なので「言語」をクリックして「日本語に変更」してください。

日本語に変更

日本語に変更

 

これでアカウント作成は完了です!では、Keepaに商品を登録してみましょう!

 

グラフの上にある「商品のトラッキング」というタブを選択すると、

商品のトラッキングタブ

 

このような画面になり、Amazon直販在庫と、新品、中古、それぞれに対して価格を設定して、トラッキングすることができます。

トラッキング設定画面

それぞれに金額を設定して、通知方法を選択、入力後、「トラッキング開始」ボタンをクリックすれば、その商品が指定した価格以下になった時に通知してくれます。

 

価格の入力は、直接入力するか、上にあるスライダーを動かして入力することもできます。スライダーは差額が%表示されるので、わかりやすいですね。

 

ただ、この方法だと1商品ずつしか商品を登録することができないので、もう1つの商品登録方法である「ほしい物リストを活用した商品一括登録方法」についても解説をしておきますね。

 

トラッキング機能を「ほしい物リスト」で一括登録する方法!

 

まず、Keepaに登録したい商品を「ほしい物リスト」へ登録します。

「ほしい物リスト」へ登録します。

「ほしい物リスト」へ登録します。

 

次に「ほしい物リスト」へ移動して「リストの設定を変更する」をクリック。

「リストの設定を変更する」

「リストの設定を変更する」

 

リストの設定が「非公開」になっていますので「公開」に変更してから「送信する」をクリック。

「公開」に変更してから「送信する」をクリック。

「公開」に変更してから「送信する」をクリック。

 

ほしい物リストをクリック。

ほしい物リストをクリック。

ほしい物リストをクリック。

 

ほしい物リストのページへ移動したら、ページのURLをコピーしてください。Keepaの「トラッキング⇒ほしい物リストをインポート」をクリック。

「トラッキング⇒ほしい物リストをインポート」

「トラッキング⇒ほしい物リストをインポート」

 

赤枠にコピーしたURLを貼り付けて「提出する」をクリック。

「提出する」

「提出する」

 

 

  1.  ①で割引率の設定をします。※10%と設定すると、現在の価格を基準に10%価格が下がった場合に通知されます。
  2.  ②に価格が下がったときの通知先メールアドレスを入力します。
  3.  ③追跡を開始します。
割引率の設定

割引率の設定

自分なりの基準を作り「一律30%価格が下がったら通知させる」という感じで、まずは登録を実施してみてください。設定は後からでも変更が可能です。

 

トラッキング機能を使えば、このように相場から外れた商品が出てきた瞬間にわかるので、非常に便利です。

 

価格トラッキング機能の注意点

ポイントのイメージ画像です。

Keepaのトラッキング機能を使う上で、1つだけ注意しなければならないことがあります。それは、商品に送料が設定されていても、送料を含まない金額で通知されるということです。

 

例えば、通知を受けたい金額を1000円と設定していたとすると、もちろん送料無料1000円の商品は通知されますが、商品価格1000円+配送料500円の商品も通知されてしまいます。

 

Amazon直販在庫はいつでも送料込みの価格ですので気にしなくても大丈夫ですが、新品、中古品のトラッキングを行うときは、送料が別である可能性も考慮してトラッキングする金額を入力しましょう。

 

「複数のロケールでトラッキングする」とは?

 

価格を入力するところのすぐ下に、「複数のロケールでトラッキングする」という文字があります。

クリックしてみるとこのような表示が出てきます。

複数のロケールでトラッキングする

これは、同じ商品を海外のアマゾンでも同時にトラッキングするための設定です。

赤枠の部分に上から順に

  • Amazon直販在庫(オレンジ)
  • 新品(青)
  • 中古(黒)

の価格を入力すればトラッキングできるようになります。

 

価格トラッキング機能の使い道は?

 

この機能の一番の使いどころは、「Amazon刈り取り」と呼ばれる方法で仕入れを行う場合です。

 

Amazon刈り取りとは、一言でいうとAmazonで仕入れてAmazonで販売する方法です。

 

例えば、相場よりも低価格で突然出品された商品を購入して適正価格で再出品したり、ライバルが多すぎて値下げ合戦になっている商品を買い占めて、適正な相場で販売しなおしたりすることで利益が出せます。

 

Amazon刈り取りの具体的なノウハウについては、こちらの記事で詳しく解説をしています。

「Amazon(アマゾン)刈り取り 電脳せどり」ツールやノウハウを全て公開します。

2017.08.17

Keepa以外の「電脳せどりツール」を使った刈り取りノウハウもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

出品者数増減の履歴表示

上昇のイメージ画像です。

この機能は、もしかしたら使ったことがない方もいるかもしれませんが、便利な機能ですので覚えておきましょう。

 

グラフの右下の、「詳細な履歴データを表示」をクリックしてみましょう。

詳細な履歴データを表示

すると、もう一つ別のグラフが現れます。

別のグラフ
各項目の意味
  • 新品アイテム数:新品の出品者数の増減
  • 中古アイテム数:中古品の出品者数の増減
  • Rating:評価の☆の数の平均
  • Review Count:レビュー数の推移

この機能を使いこなしているせどらーは、意外と少ないかもしれません。

 

出品者数の増減はもちろん参考になりますが、レビュー数の推移なんかも、モノレートでランキングが出ない商品などの仕入れ判断に役立ちます。

 

レビュー数は多ければ多いほど売れているという判断ができますからね。

 

ライバルの在庫数確認

 

Keepaでは、ライバルの在庫数を確認することもできます。

ライバルの在庫数が表示された!

このように4点や6点と表示されているのが、ライバルの在庫数です。

 

ただ、原因はわかりませんが、Keepaの機能だけでは在庫数が表示されない出品者もいます。

 

もれなくライバルの在庫を把握するために、もう一つ合わせてインストールしておくと便利なツールがあります。

 

在庫数を表示させるための設定方法と合わせてこちらの記事で紹介していますので、参考にしてくださいね。↓

Amazonせどりリサーチ:無料ツールでライバルの在庫数を秒速把握!

2017.05.16

 

Keepaをもっと活用する

 

Keepaは無料でここまで機能がそろっていて、本当に素晴らしいツールだと思います。

 

Keepaの機能を理解したら、もっとKeepaを活用するための設定をしてきましょう。

Keepa設定

グラフの上のタブから、設定をクリックします。

 

クリックすると、いろいろと項目がでてきますので「Amazonの商品の上にマウスを置いたとき、価格の履歴グラフを表示する」というところで「はい」を選択しましょう。

 

設定を変更したら、Google Chromeをいったん終了して、再起動します。

 

すると、商品にマウスポインタを合わせるだけで、画面右下に小さくKeepaのグラフが表示されるようになります。

カーソルオンでグラフkeepa

これで、1つ1つ商品ページを開かなくても、その商品が売れている商品かどうか判断することができるので、リサーチの効率化につながりますね。

 

Keepaの使い方を動画で徹底解説!

 

これまで解説してきたKeepaの使い方について、実際にKeepaを操作している様子を動画で撮影しました!

文章だけだとイマイチ理解できない方は、こちらの動画もぜひ参考にしてくださいね!

 

さいごに

喜びのイメージ画像です。

今回は、無料のGoogle Chrome拡張機能、Keepaについて掘り下げてお伝えしました。

 

このようなツールは、インストールしただけではなく、効果的な使い方をすることによってはじめて価値が生まれます

 

自分に合ったツールを賢く使いこなして、せどりをどんどん効率化していきましょう!

 

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です