【パスワード】を手に入れる ↓1クリックで完了↓

修理転売は違法?ジャンク品で稼ぐための正しいステップ公開!

修理転売は違法?ジャンク品で稼ぐための正しいステップ公開!

ジャンク品を修理して転売するのって違法なの?
合法的に転売して稼ぐにはどうしたらいいんだろう?

と思ったことはありませんか。

ジャンク品を修理して転売する場合、やり方によっては違法となることがあります。

ジャンク品の転売で正しく稼ぐための注意点を解説しますので、失敗しないようポイントを押さえておきましょう。

目次

ジャンク品の転売は違法になる?

ジャンク品の転売は違法になる?

ジャンク品を転売することは、違法行為にあたるのでしょうか。

この章では、ジャンク品を転売する際に違法に当たる行動や、合法的に転売するための方法を解説します。

無免許営業は違法

ジャンク品を転売する行為自体は、違法ではありません。フリマアプリで多くの中古品が売られているように、個人が所有しているジャンク品を販売する行為は合法です。

ただし、ジャンク品を仕入れる際に、許可が必要になる場合があります。それは、ジャンク品を入手するためにお金を支払う場合です。

ジャンク品を購入して仕入れる必要がある場合は、古物商許可が必要になるので注意してください。

仕入れが有料なら古物商許可が必要

古物商許可はジャンク品に限らず、すべての古物(使用・未使用を問わず、一度誰かの手に渡ったもの)を有料で仕入れる際に必要な許可となります。

古物商許可は盗品が売買されることを防ぎ、被害を早期に発見することが目的です。

古物商許可を取得しているかどうかは、警察が盗品を捜査する過程で分かります。未取得がバレると古物営業法違反で懲役刑や罰金刑に処されることもあるので、絶対に取得しましょう。

古物商の詳細はコチラ

古物商許可のメリットとは?

古物商許可のメリットとは?

古物を仕入れる際に必要となる古物商許可ですが、取得することにメリットはあるのでしょうか。

この章では、罰せられること以外の古物商許可を取得するメリットをご紹介します。

古物市場を利用できる

古物商許可を取得すると、古物市場の利用が可能です。古物市場とは、古物商だけが利用できる中古市場で、通常の市場よりもはるかに安い価格で商品の売買が行われています。

仕入れ値が安ければそれだけ販売益を出しやすくなるため、可能な限り利用するべきでしょう。

参加には古物商許可と主催者の承認が必要です。主催者の承認もしくは招待を得なければならないので、誰でも参加できるわけではない点はご注意ください。

取引先の信頼を得られる

古物商許可を得るには、警察に届け出る必要があります。その許可が下りたということは、警察からお墨付きをもらったということです。

許可の有無は、信頼という点において大きな差を生むことになります。取引先の抱く安心感は売上に影響を与える可能性があるため、古物商許可の取得は重要です。

ジャンク品の修理転売が稼げる理由

ジャンク品の修理転売が稼げる理由

ジャンク品を仕入れて修理後に販売するという行為は、稼げるといわれています。

この章では、なぜジャンク品の修理転売が稼げるのかを解説します。

仕入れが容易

まず、仕入れが簡単であることが挙げられます。

ジャンク品は誰でも修理できるわけではないので、購入されずに眠っている商品は少なくありません。もし直すのが得意な商品が1つ見つかり、しかもその商品が大量に売られていたとしたら、買い占めることが可能です。

自身の技術が上がれば上がるほどライバルは減り、転売できる商品は増えるでしょう。つまり、仕入れが容易なことは大きなメリットの一つとなります。

少資金で利益が出せる

ジャンク品は壊れていたり、部品が足りなかったりすることから通常よりも安く売られています。

そのため、修理して売るだけで大きな利益をあげることが可能です。自己資金があまり多くない人や、手堅く転売を始めたい人におすすめできます。

ただし、修理には目利きや技術が求められるので、時間や手間を理解して臨みましょう。

高い確率で直せるようになれば、高い利益率での転売が可能になります。

ライバルが少ない

ジャンク品の転売には、修理して直す技術が求められます。

もちろん誰でも直せるわけではありません。直す技術を習得するには時間もかかり、向き不向きもあるでしょう。

その分ジャンク品を修理できる人の数も限られ、仕入れをするライバルも少なくなります。ライバルが少なければ価格競争も起きづらくなるため、高利益率での転売も可能です。

まずは簡単に修理できるものから挑戦し、徐々に収益が見込めるものにシフトしていきましょう。

ジャンク品の修理転売でおすすめのジャンル

ジャンク品の修理転売でおすすめのジャンル

では、ジャンク品の修理転売をする上で、どんな商品を仕入れればよいのでしょうか。

この章では、おすすめのジャンルをご紹介します。

ゲーム機

仕入れてから売れるまでのスピードの速さが魅力なのがゲーム機です。

最新ゲーム機に限らず、一昔前のレトロなゲーム機にも需要があります。

レトロゲームの部品は交換パーツが入手困難な場合があるので、その点は注意が必要です。

パソコン

ジャンク品として売られているものの大半が内部部品が壊れていることから、部品を交換することで修理が可能になる場合が多々あります。

同じ箇所の修理であれば、部品さえ仕入れておけば効率的に直して転売できるのでおすすめです。

また、パソコンは中古品にも一定のニーズがあるのも特徴といえるでしょう。

プリンター

使用していたものと同じ型のものを買いたい、パソコンのOSに対応しているプリンターが必要という理由から、中古のプリンターも売れます。

部品交換やメンテナンス次第で、簡単に修理できることが多いのでおすすめです。

オーディオ機器

コレクターアイテムとして人気があります。

レコードやCD、MD、ラジカセなど、音源ごとに当時の再生環境を再現したい人に需要があり、比較的高く売れるでしょう。

高単価で売れるので、ぜひ修理できるようになりたいジャンルの一つです。

カメラ

中古市場の需要も強いため、売れやすいのがカメラの特徴となっています。

デジタルカメラだけでなく、フィルムカメラもアンティーク品や再流行による需要があるため、機種を問わず人気のジャンルです。

フィギュア

紹介したほかのジャンルとの大きな違いが、電子機器を搭載していないため、修理が簡単ということです。

汚れを取ったり、変色する前の色に塗装したりすることによって、販売価格が上がることがあります。

特にプレミア価格のつきそうな商品を狙いましょう。

ジャンク品を修理して転売する手順

ジャンク品を修理して転売する手順

では具体的に、ジャンク品を仕入れてから転売するまでどのような手順で行うのでしょうか。

この章では、仕入れ先や販売先に利用できるお店をご紹介します。

ジャンク品の仕入れ方法

ジャンク品を仕入れる場所はネットと店舗の2つがあります。

ネットで注文するか実店舗から直接仕入れるかは、仕入れる商品が何か、車があるかなど、置かれた状況によって変わるでしょう。

必ずしも、どちらか一方に絞る必要はありません。

ハードオフジャンク品の店舗の仕入れ先として、最もメジャーな存在。ジャンク品の買取を行っているため、仕入れ先としては最適。
ブックオフ取扱商品の種類が多いため、意外な掘り出し物が見つかる可能性も。ジャンク品あり。実店舗。
フリマアプリメルカリやラクマなどのネット。ユーザーの多くが適切な価格を把握していないので、安く仕入れられることも。
ヤフオクフリマアプリよりも商品数自体は少ないが、ジャンク品の出品が多いのが特徴。
セカンドストリートジャンク品の取り扱いは少なめ。せどりの仕入れ先としては悪くない。

販売のプラットフォーム

ジャンク品の修理後、転売するためのプラットフォームは、主に下記の通りです。

  • Amazon
  • フリマアプリ
  • ヤフオク

販売する商品によって、利用するプラットフォームを分けるのがよいでしょう。

フリマアプリは女性ユーザーが多いため大衆受けするものが売れやすく、一方ヤフオクは男性ユーザーが多いため、多少ニッチな商品でも売れやすい傾向が顕著です。

また、Amazonはジャンク品の販売が許可されていないため、不良品や動かない商品を売るとクレームが発生し、アカウントを停止される可能性もあります。

ジャンク品の修理転売をするときの注意点

ジャンク品の修理転売をするときの注意点

実際にジャンク品を転売する上で、どういったことに注意をすればよいのでしょうか。

この章では起こりうるリスクや注意点をご紹介しますので、判断材料にしてください。

返品リスクがある

ジャンク品という性質上、販売した商品が購入者に届く前に壊れてしまう可能性もあります。

使用前から動かなかったり、すぐに壊れたりした場合は、当然ながら返品に応じなければなりません。

そうなると、コストも時間もかかる可能性が高いことを理解しておく必要があります。返品されるリスクが通常の転売よりも高く、そうなった際は赤字も覚悟しておかねばなりません。

修理スキルが必要

ジャンク品を仕入れたら、必ず何かしらの修理をしなければなりません。直すことができなければ商品として転売することができないため、仕入れ分が赤字になります。

そのため、仕入れた商品は必ず直せる技術力が必要です。とはいえ、いきなり難易度の高いものに挑む必要はないので、まずは簡単に修理できるものから始めて、段階的にスキルアップを目指しましょう。

時間コストがかかる

ジャンク品の修理には、時間もコストもかかります。ジャンク品を直すための時間はもちろん、修理に必要な部品を仕入れる時間や、部品を購入するための費用も発生するでしょう。

部品が高額になると、せっかく修理がうまくいっても、利益が薄くなってしまうため転売のうまみが少なくなってしまいます。

また修理に時間がかかりすぎると、時給で考えた時の利益も大きくはなりません。時給で考えることと、かかる費用を安く抑えることを意識しましょう。

まとめ

まとめ

ジャンク品を修理して転売する際の注意点をまとめました。

ジャンク品を修理して転売する際の注意点
  • ジャンク品を修理して転売する場合、古物商許可が必要になる。取得せずに販売すると罰金もしくは懲役刑に処される可能性もある
  • 修理転売は、安く仕入れることができるので利益を出しやすい。競合も少ないので仕入れも簡単である。スキルの必要ないフィギュアから始めるのがおすすめ
  • 大きく稼ぐためには修理技術が求められ、万が一作動しない商品を売った場合は返品対応や販売アカウントの停止もあり得る。時給換算の考え方が大切
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる