Amazon/製品コード免除申請の方法とJANコード無しでの出品手順を解説!

Amazon/製品コード免除申請の方法とJANコード無しでの出品手順を解説!

ABOUTこの記事をかいた人

サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ
■無料メルマガはコチラ

公式LINEマガジンの
登録はコチラから >

※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。

    男性
    AmazonでJANコードが無い商品を出品したいんだけど、どうすればよいのかな?特別な許可が必要だったりしますか?

    この記事では、こんな疑問にお答えします。

    AmazonでJANコード(製品コード)が無い商品を出品するためには『製品コードの免除』を申請する必要があります。

    Amazonの製品コード免除申請で必要な作業は以下の3つ。

    ここにタイトル
    1. ブランド名を考える(商標登録がされていないこと)
    2. 商品画像を2枚以上用意する
    3. 手順に従って製品コード免除申請を行う

    以前は『製品コード免除の証明書』を用意する必要がありましたが、現在は商品画像を提出するだけで手軽に申請ができるようになりました。

    この記事では申請手順の詳細や、申請通過後の製品コード無しでの出品方法まで全て解説しています。Amazonでオリジナル商品を販売を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

    製品コードの免除はカテゴリごとに1回だけでOK

    製品コードの免除申請は、カテゴリごとに1回だけ申請すればOKです。

    例えば『服&ファッション小物カテゴリ』で一度だけ申請を通過すれば、その後『服&ファッション小物カテゴリ』の商品は、全てJANコード無しで出品することができるようになります。

    製品コード免除の事前準備

    製品コードの免除申請には、以下2つの情報を用意する必要があります。

    『まだ商標登録がされていない』ブランド名を考える

    オリジナルブランド名を考える時は、そのブランド名(単語)が『まだ商標登録されていないこと』を必ず確認してください。

    すでに商標登録されているブランド名を勝手に使用すると、商標権侵害で警告を受ける可能性があります。また、既存のブランド名と似たような単語を使ってしまうと、後々商標を申請しても許可が下りず、結果Amazonのブランド名を変更することにもなりかねません。※ブランド名変更はメチャクチャ手間がかかります。

    不要なトラブルを避けるため、商標登録されているかどうかを必ず確認してから、ブランド名を決定するようにしましょう。

    商標の調査方法については、コチラの記事で詳しく解説しています。

    商品画像を用意する

    製品コード免除を申請するためには、申請する商品の画像を2枚以上用意する必要があります。

    実際に商品を仕入れるよりも前に、先にブランド登録をする方は、手元に商品が無いケースがほとんどでしょう。その場合、中国ECサイトから切り取った商品画像を使って申請すればOKです。※あまり大きな声では言えませんが..

    製品コード免除の申請手順

    ブランド名が決定し商品画像も用意できたら、実際に製品コード免除の手続きを進めていきましょう。

    ①製品コード免除申請のページへアクセスする

    以下のURLから、Amazonの製品コード免除申請ページをアクセスします。
    ⇒ https://sellercentral-japan.amazon.com/gtinx/browser

    ②商品カテゴリー&ブランド名を入力する

    ①製品コードを免除するカテゴリーを選択し、②オリジナルブランド名を入力、③利用資格の確認をクリックします。

    製品コード免除申請の手順

    ③利用資格のステータスを確認する

    利用資格を満たしている(ステータスにチェックマークが入る)ことが確認できたら、申請を続けるをクリックします。

    製品コード免除申請の手順

    ④商品名の入力&商品画像の提出

    ①証明書はお持ちですかで『いいえ』を選択、②商品名を入力し、③商品画像を2枚以上アップロードし、④申請を送信をクリックします。

    製品コード免除申請の手順

    ↓この画面が表示されれば申請は完了です。Amazonからメールが来るまで待ちましょう。

    製品コード免除申請の手順

    ⑤出品権限付与メールを確認

    申請内容に問題が無ければ、申請後48時間以内にAmazonから以下のメールが届きます。

    製品コード免除権限付与メール

    このメールが届けば申請は完了です。私は一発で申請を通過することができましたが、万が一申請がNGだった場合は、その理由をテクニカルサポートへ確認する必要があります。

    製品コードを入力せずに出品してみよう

    メールを受信してから24時間を経過すると、商品を登録できるようになります。製品コードを入力せずに出品できるか試してみましょう。

    ※商品登録時に『エラーコード5665』が出る場合

    製品コードの免除申請が通過した後、商品登録時に以下のエラーが出力される場合があります。

    —————-

    ブランドを使用して商品を出品する前に、Amazonが出品者様のブランドを承認する必要があります。ブランドはブランド登録から登録する必要がありますが、出品者様のブランドがブランド登録の対象でない場合は、出品者サポートに連絡してエラーコード5665を伝えることで、例外を取得することができます。 出品者サポートに連絡する際は、以下の情報を提供してください: – 出品情報を作成するときに使用するブランド名。 – 商品とパッケージの画像で、いずれかにブランドマークが表示されているもの。画像は、手に持ったり、テーブルに置いたりされた商品とパッケージを表示します。ブランドマークは恒久的に貼付される必要があります。 – 在庫ファイルテンプレートを使用する場合は、在庫ファイル処理レポートのバッチIDも提供してください。 詳細については、Amazonのブランド名ポリシーをご確認ください。

    —————-

    このエラーを解消するためには『使用するブランド名&ブランドマーク+商品画像』をテクニカルサポートへ送付し、エラーコード5665の解除処理を依頼しなければいけません。

    エラーコード5665の解除方法については、↓の記事で詳しく解説しています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    サク

    北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

    ■詳しいプロフィールはコチラ
    ■無料メルマガはコチラ

    公式LINEマガジンの
    登録はコチラから >

    ※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。