【パスワード】を手に入れる ↓1クリックで完了↓

Amazon/食品カテゴリの出品許可申請が復活?出品制限を解除する方法とテクサポへの問い合わせ内容をシェア。

Amazon/食品カテゴリの出品許可申請が復活?出品制限を解除する方法とテクサポへの問い合わせ内容をシェア。

どうも、サクです。

ここ数日で『Amazon/食品カテゴリの出品許可申請』に関する問い合わせが増えています。

一言で言うと、

女性
昨日まで出品できていた商品が、今日になって突然出品できなくなりましたー!!!

という内容です。

食品カテゴリ出品許可に関する問い合わせ

  • 食品カテゴリの商品を新規登録すると『出品許可が必要』と表示される
  • 過去に販売実績がある商品に対して、追加でFBAへ納品するのはOK
  • 出品許可を取得するためには請求書をAmazonへ提出する必要がある

以前は食品カテゴリの商品を出品するためには『出品許可申請』を通過する必要があったんですが、2017年ころにカテゴリ単位の出品許可申請はほぼ撤廃。

申請が無くても自由に商品を販売できるようになりました。※その分、ブランド単位での出品制限は厳しくなりましたが。

2020年1月時点で事前の出品許可が必要なカテゴリは、

  • Made in Italy
  • Amazon限定商品の出品
  • ストリーミングメディアプレーヤー

この3つだけです。

にもかかわらず、食品カテゴリの商品全体で『出品許可が必要』と表示されるということは、カテゴリ単位での出品制限が復活した可能性があります。

実際に、ブログ読者様がAmazonに問い合わせた結果、

Amazon

Amazonテクニカルサポートにお問い合わせいただき誠にありがとうございます。
お問い合わせのございました食品カテゴリーの出品申請に関しましてご案内いたします。

誠に恐れながら、先頃食品カテゴリーのASINに関しまして、先頃よりカテゴリー単位の出品申請が必要となっております。
出品者様にはお手数をおかけしますが、申請フォームをご参照の上、情報のご提供をいただければ幸いでございます。

と、カテゴリー単位の出品制限が復活したことを匂わす回答が。

ただ、私がテクニカルサポートに問い合わせたところ、

Amazon
出品許可については、カテゴリー単位ではなく、商品ごとに何らかの制限がかかる場合がありますので、商品ごとにお問合せ頂く必要があります。

と、ブログ読者様が受けた内容とは真逆の回答がありました。

テクニカルサポート内部で情報が共有できておらず、担当者によって回答が異なるのはよくあること。

現時点で何が正しいのかは判断できませんが、少なくとも出品制限に関する何らかのルール変更があることは間違いなさそうです。

目次

食品カテゴリの出品制限を解除する方法

食品カテゴリの出品制限を解除するためには、以下内容を網羅した請求書をAmazonに提出する必要があります。※ブログ読者様からの情報提供です。

出品制限を解除するために必要な請求書の条件

 ・申請日より180日以内の発行日が記載されている
 ・出品者様のお名前とご住所が記載されている
 ・メーカーまたは卸業者様のお名前とご住所が記載されている
 ・商品名と、10点以上の仕入点数が記載されている(商品名にパッケージ画像の商品が含まれる)

 ※上記は最低限必要な条件となりますため、審査通過をお約束するものではありませんことをご了承ください。
  価格情報は伏せていただいて問題ございません。
  Amazonが申請時に通知された企業に連絡し、提出書類を検証する場合があることをご了承ください。

内容は、ブランド単位での出品制限解除とほぼ同じ。

関連記事
あわせて読みたい
【2022年9月最新】Amazon出品制限/出品規制全まとめ。制限解除方法と確認方法の全て Amazonの出品制限(出品規制)にお悩みで、当ブログへたどり着いたあなたへ。 目的の個所へすぐに飛べるよう↓リンクを用意しました。 ・出品制限の基礎知識を知りたい方...

10点以上の仕入れが必要で、更に「審査通過をお約束するものではありません」とあるように、100%確実に審査を通過する保証はありません。

もし自力での対応が難しい方は、出品制限解除に関する個別相談を受け付け中です。

個別相談受付中

Amazon出品制限解除に関する個別の相談を受け付けています。

【相談の流れ】

① サク公式LINE@へ登録する

サク公式LINE@はコチラ↓
LINE@に登録して、Amazon出品制限解除の相談をする >

② 「出品制限の件で来ました!」と一言メッセージをお願いいたします。

サク
一人で悩み続けても時間の無駄です。相談は無料なので今すぐご連絡ください!

今後も食品カテゴリで稼ぎ続けたい方は、早めにご連絡をお願いいたします。

まとめ

今回の件に関しては、出品制限がかかっている方とそうではない方に分かれています。

事実、私のアカウントで複数の食品を新規出品してみましたが、制限にひっかかることは一切なく、すんなりと出品することができました。

ランダム型の真贋調査と同じように、開設から1年未満の新規セラーが対象になっているなど、何らかの条件にマッチした方のみが規制の対象になっているのかもしれません。

関連記事
あわせて読みたい
【保存版】amazon真贋調査/解除方法と対策全まとめ。 この記事では、こういった疑問にお答えします。 Amazon真贋調査(しんがんちょうさ)とは、あなたが出品した商品が、正規品(ホンモノ)かどうかをAmazonが調査する仕組...

[aside]※2020/1/14追記
アカウント開設から5年間、食品を一度も販売したことが無い方も、新規出品が出来なかったという情報がありました。

そのため、アカウント開設期間の他に『過去に食品を販売したことがあるか』という販売実績も関係している可能性があります。 

[aside]※2020/1/23追記

その後もテクニカルサポートへ何度か問い合わせをしていますが

『食品カテゴリーについて許可が必要となったかどうか、については当窓口へも周知などがなかったのですが・・』の一点張りで、真相は闇の中。

ただ、同じように突然規制がかかった方が大勢いるため、新ルールとして追加されたことは間違いないようです。

ルールが変更されたなら、正式に伝えて欲しいんですけどねー、Amazonさん

[aside]※2020/6/24追記

食品カテゴリの出品審査に通過された方から情報提供がありました。

・請求書、仕入れ先の謄本、納品書を提出した即答で却下、これが2回。

以下AMAZON より
「ご提供書類は要件を満たしておりません。
・提出いただいた請求書に記載された仕入先の情報を特定できませんでした。
特定可能な別の仕入先情報が記載された請求書を送信いただけますようお願いいたします。」

・3度目の提出
以前の資料に追加で、卸業者の営業許可書、輸入許可通知書、担当者名前、電話番号を送りました。

今回は即却下されず審査中に・・(進歩?)

10日ほどたっても、メールもケースの返事もなし。「まだですか?」の内容をケースより送信、その日に連絡もなく許可下りていました。

以上です。何が足らなく、何が良くて審査通過の決め手だったのかは限定できませんが、何かのお役に立てればと・・