【必見】送料値上げで頭を抱えている全てのせどらーへ。

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。

・メーカー直仕入れ
・問屋仕入れ
・アパレル無在庫販売

など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。家族との時間が一番大切なイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

 

どうも、サクです。

 

今年は北海道にも梅雨がやってきたようで、

アツシとトーマスの傘

アツシとトーマスの傘

アツシも毎日、「雨がっぱと機関車トーマスの傘」をフル装備して幼稚園に通っています。

 

雨が続くと公園で遊べないので、体を動かすことが大好きなアツシは体力を持て余し気味。(笑)

 

家の中で体を動かして遊ぶのも限界がありますしね、早く天気よくなれー!!

 

ただ、明日からは台風が接近するようで、しばらくはジメジメした日が続きそうですね。。

 

 

久々にゆうパックでFBAへ納品した結果・・・

 

メーカーや問屋から仕入れた商品は「納品代行業者」を通じてFBA倉庫へ納品をしているので、仕入れた商品が自宅に届くことはないんですが、

 

とある事情があって、1種類だけ自分で納品作業をしている商品があります。

 

これだけで80万円分くらいの仕入れになります

仕入れた商品

仕入れた商品

 

それほど大きい商品ではないので、120サイズのダンボール2箱になんなく納まり、FBA倉庫へ発送するためにゆうパックの集荷をお願いしたところ、

ゆうパックの運賃

ゆうパックの運賃

た・・・たけぇ・・・

 

今回は小田原FC(神奈川県)への納品だったんですが、120サイズ関東まで「1920円」って・・・

 

昔、ゆうパックの後納契約を結んでいた時は、ダンボールサイズに関係なく「関東まで890円」で発送できた記憶があるんですよね。その時と比較して倍の運賃か。(笑)

 

まぁ単価が高い商品なので送料負けすることは無いですし、他の商品は納品代行業者経由なので全く問題は無いんですが、それにしても送料高すぎだなー。北海道とか福岡とか、地方のせどらーさんは特にキツイ状況ですね。

 

物販をやっていると、どうしても避けて通ることができない経費が「送料」なので、これは何とかしたいところ。

 

と思って、知り合いに色々を声をかけてみたんですが・・・

 

なんと!知り合いのツテで、激安の送料サービスと契約できることになりました!

 

激安送料サービス。その衝撃の運賃表を公開!

 

今回、知り合いに紹介してもらったサービスの、運賃一覧表がコチラです。

運賃表

運賃表

どうでしょう?

感が良い方は、この運賃表をパッと見ただけで「えっ・・・?」と驚いたハズです。

 

では、私が住んでいる北海道(札幌)を例に、通常のヤマト運輸の運賃と比較してみましょう。

 

「北海道⇒関東」へ発送した場合の運賃を比較

 

  • 北海道から
  • 100サイズのダンボール1箱を
  • 納品頻度が一番多い小田原FC(神奈川)まで発送した場合、
ヤマトの運賃表

ヤマトの運賃表

ヤマト運輸の場合「1793円」の送料が発生します。

 

対して、今回紹介する送料サービスの場合はというと、北海道⇒関東は「第4地帯」になるので、

北海度から関東

北海度から関東

なんと、驚きの「972円!!」 ヤマト運輸の通常の運賃と比較すると、

「1793円-972円=760円」も節約することができます。

 

「北海道⇒大阪」へ発送した場合の運賃を比較

 

もう1つ例をあげると、

  • 北海道から
  • 100サイズのダンボール1箱を
  • 最近、納品先としてよく振り分けられる堺FC(大阪)まで発送した場合、
大阪

大阪

ヤマト運輸の場合「2117円」の送料が発生します。

 

対して、今回紹介する送料サービスの場合はというと、北海道⇒近畿は「第6地帯」になるので、

大阪

大阪

なんと、驚きの「1134円!!」 ヤマト運輸の通常の運賃と比較すると、

「2117円-1134円=983円」も節約することができます。

 

仮に100サイズの商品荷物を

 

【月に10箱送ったら】

東京まで7600円の節約(通常価格:17930円、約46%OFF!)

大阪まで9830円の節約(通常価格:21170円、約47%OFF)

【1年間で】

東京まで91200円の節約(通常価格:215160円、約46%OFF!)

大坂まで117960円の節約(通常価格:254040円、約47%OFF)

 

1年間で約10万円の経費を節約できるという、とんでもない結果になってしまいました。

 

昔はこれが当たり前だった

 

今回紹介した割引後の金額って、1年前だとそれほど珍しい金額ではなかったんです。

 

ゆうパックやヤマト運輸と「後納契約」を結ぶことができれば、個人のせどらーでもこれと同等の金額で商品を送ることができましたし、

 

Amazonセラーの場合は「FBAパートナーキャリア送料無料」という強い味方がいたので、送料のことで悩んでいる方なんてほとんどいなかったんですよ。

 

ただ、2018年に入ってから、運送業界を取り巻く環境は大きく変化を始めています。

 

  • 人手不足による各運送会社の運賃の値上げ
  • FBAパートナーキャリア無料キャンペーンの終了
  • 一時期話題になったCC便も6月22日で営業停止
CC便

CC便

各運送会社の一斉に運賃を値上げは、これまで後納契約を結んでいた方にも大きな衝撃を与えていますし、

 

こんな状況の中では、個人で後納契約を結ぼうと思っても、月間の発送数がよほど多くなければなかなか相手にしてくれないのが現状です。

 

送料サービスでいうと、今は「イプシロン」が話題になっていますが、イプシロンは自前のネットショップを用意したうえで、審査に通過する必要があるんですよね。

 

ただ、今回紹介してもらった送料サービスについては審査などは一切必要なく、書類に必要事項を記載して提出するだけ。

 

その他にも、

 

  • 発送個数が少なくても大口契約の料金!
  • FBA への発送だけでなく自己発送など全国各地、通常の発送に使えます
  • なのでプライベートの発送にも利用可能。
  • 元払いはもちろん、着払いやクール便、代引きでも割引の料金。(代引き手数料は割引対象外)
  • 支払いはひと月まとめて末締めの翌月末払い。(請求書が来ての振込)
  • 送料は後払いだからキャッシュフローも改善!
  • 集荷にも対応!(※各地域で集荷対応できない場合もあります)
  • 月々の会費は掛かりません。(月額○○円の会費制ではありません)なので、その月に発送が無ければ費用はゼロ円です。
  • 今お使いの配送業者との併用も、もちろん可能!(こちらより安ければ)

 

という様々なメリットも提供してもらうことができました。

 

あなたも、この送料サービスが使えるかもしれません

 

で、私のブログを読んでいる方の中にも、送料の値上げで悩んでいる方が沢山いると思うので、このサービスをみなさんにも提供できないかどうかを交渉中です。

 

正直、交渉の結果がどうなるかは分かりません。「OK!」かもしれないし「NG!」かもしれないので確実なことは何も分かりません。

 

ただ、もし「OK!」の返事をもらった場合、今後の詳細はLINE@でお伝えしますので、チャンスを逃さないようにLINE@は必ず登録しておいてください。

LINE@登録

LINE@登録

 

それでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です