質問・お悩み募集中 ▼何にお困りですか?▼

電脳せどりで絶対に覚えるべきショートカットキー10選|リサーチ爆速&効率化の第一歩

電脳せどりで絶対に覚えるべきショートカットキー10選|リサーチ爆速&効率化の第一歩

電脳せどりはパソコンに向かう時間が圧倒的に長いため、よく利用するキーボードのショートカットキーは最優先で覚えておく必要があります。

キーボード

なぜショートカットキーの習得が必須かというと

  • 作業時間を圧倒的に効率化できる
  • パソコン作業に慣れることでイライラが無くなる

重要なのは、この2点。

ショットカットキーをマスターすれば、通常2秒かかる作業を1秒に短縮できます。

男性

たった1秒..そんなの覚える意味ある?

と思うかもしれませんが

  • 100回行う作業なら ⇒ 1分40秒短縮
  • 1,000回行う作業なら ⇒ 約16分短縮
  • 10,000回行う作業なら ⇒ 約160分短縮

作業量が多くなるほど時間の余裕も生まれ続けるわけですから、作業効率を高めるための努力は積極的に行うべき。

また、ショートカットキーをマスターしてパソコン操作をサクサクこなせるようになると『思うようにパソコンを使えない..余計なイライラ』を感じることがなくなり、楽しくリサーチを継続できるようになります。

サク

特に今回紹介するショットカットキーは仕事や日常でもよく使うものなので、覚えておいて絶対に損はないですよ。

今回は基本中の基本、かつ利用頻度が多い『10個のショートカットキー』を紹介します。

記事を読んだだけでは使えるようにならないので、必ず手を動かして実践してくださいね!

目次

Ctrl+C(コピー)

文字をコピーする。コピーしたい文字を選択した状態で、Ctrlキーを押しながらC

ショートカットキーの基本中の基本ですね。最も使うので一番最初に使えるようになりましょう。

似たショートカットで『Ctrl+X』がありますが、これは選択した文字を〝切り取る〟コマンドです。リサーチではあまり利用するケースはないので、参考程度に覚えておいてください。

Ctrl+V(貼り付け・ペースト)

コピーした文字を張り付ける。貼り付けたい場所を選択した状態で、Ctrlキーを押しながらV

コピーとセットで使うショートカット。コピーとペーストで『コピペ』と呼ばれる方法です。

Ctrl+A(全て選択)

文書内の文字やフォルダ内のファイルを全て選択する。選択したい場所でCtrlキーを押しながらA

前述したコピー&ペーストと一緒に

  • Ctrl+Aで全選択
  • Ctrl+Cでコピー
  • Ctrl+Vで張り付け

という流れで利用するケースが多いです。

Alt+Tab(ウィンドウやアプリの切り替え)

ウィンドやアプリを切り替えたいときに、Altキーを押しながらTab

リサーチをしていると、多くの『ブラウザ・アプリ・ツール』を開くことがあります。

これらの画面切り替えを行うには、それぞれのアイコンをマウスでクリックする必要がありますが『Alt+Tab』を使えば、マウスを使うことなく素早く切り替えを行うことができます。

Ctrl+tab(ブラウザのタブを右に1つ移動)

ブラウザのタブを右に移動したいときに、Ctrlキー押しながらTab

Google Chromeで

  • Amazon
  • ネットショップ
  • Keepa

といった複数のタブ(Webサイト)を開いているとき、マウスを使わずに〝タブを右に1つ移動〟することができます。

Ctrl+Shift+tab(ブラウザのタブを左に1つに移動)

ブラウザのタブを左に移動したいときに、CtrlキーとShiftキーを押しながらTab

Ctrl+tabとは逆に、ブラウザのタブを〝1つ左に移動〟することができます。

Ctrl+T(新しくタブを開く)

新しいタブを開きたいときに、Ctrlキー押しながらT

現在のページは残したまま、新しく検索したりページを開くときに役立ちます。

Ctrl+W(今開いているタブを閉じる)

タブを閉じたいときに、Ctrlキー押しながらW

現在表示中のタブを一瞬で閉じたいときに使うショートカットキー。

自宅ではあまり使わないが、オフィスでこっそりリサーチをしているときに上司が近づいてきたら、コレでセーフ。

Ctrl+Z(作業を一つ前に戻す)

直前の作業を1つ前に戻したいときに、Ctrlキー押しながらZ

『あっ..間違って大事な内容消しちゃった..!』と焦ったときは、Ctrl+Zを押せば『操作を一つずつ元に戻す(過去に戻す)』ことができます。

Ctrl+Y(作業を1つ前に進める)

直前の作業を1つ前に進めたいときに、Ctrlキー押しながらY

Ctrl+Zで戻した作業を取り消したいときに使います。

『Ctrl+Z』と『Ctrl+Y』は説明を聞いても特に分かりにくいと思うので、実際に手を動かして確認することをおススメします。
Windowsのメモ帳に適当な文章を2~3行書いて、『Ctrl+Z』と『Ctrl+Y』を繰り返すとすぐに理解できます。

まとめ

今回は基本中の基本である10個のショートカットキーを紹介しましたが、これ以外にも便利なショートカットキーはたくさんあります。

日々リサーチをする中で『これ同じ作業の繰り返しだな』『よく使う機能だけどチョット面倒だな』と感じたときは、その操作にショートカットキーが割り当てられていないか、調べてみるとよいですよ。

1つ1つは地道な作業の繰り返しですが、こういったところに労力を惜しまないことでリサーチスキルも確実にアップしていくので、今回紹介したショートカットキーをぜひ活用してください。

サク

今回紹介した10個のショートカットを、手元を見ずに使えるようになれば完璧です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる