SearchBarの設定方法・使い方:Chrome追加して快適スピードリサーチ

バーの画像

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。

・メーカー直仕入れ
・問屋仕入れ
・アパレル無在庫販売

など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。家族との時間が一番大切なイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

前回紹介したモノサーチは、電脳リサーチが効率的にできるようになるツールでした。

(前回の記事はこちら↓)

拡張機能モノサーチ:基本の使い方マスターで電脳せどりを効率化!
前回は、モノレートの代用としても使える無料ツール「Keepa」についてお伝えしました。(前回の記事はこちら↓)今回は、Keepa同様に電脳リサーチが効率化できるツール、...

今回は、同じように検索をスピーディにするツールをもう1つ紹介します。

SearchBar」(サーチバー)というツールです。

これもモノサーチと同じようにGoogle Chromeの拡張機能です。
ブラウザがChrome以外の方は、Chromeに変更しておきましょう。

SearchBar(サーチバー)を導入する

リラックスしている画像

Chromeを立ち上げたら、サーチバーをインストールします。

インストールはこのページから行うことができます。↓

SearchBar
The most efficient way to use your favourite search engines. Search selected text, use customizable hotkeys and much more.

Google検索で「サーチバー」と検索してもおそらく一番上にでてきます。

ページを開いたら、右上の「CHROMEに追加」をクリックしましょう。

サーチバーインストール

 

このようなポップが出たら、「拡張機能を追加」をクリックしてください。

サーチバーインストール2

インストールできたら、ブラウザの右上に、
小さいですがこんな虫眼鏡のマークが追加されていると思います。

サーチバーインストール完了

これで導入は完了です。

 

SearchBar(サーチバー)の機能と使い方

検索するイメージ画像です。

サーチバーは、検索を効率化してくれるツールです。

せっかくインストールしたので、実際に使いながら、機能を見ていきましょう。

まず、調べたい言葉をドラッグでなぞって選択します。

今回は、「新宿高野 フルーツチョコレート平袋」というキーワードでやってみようと思います。

サーチバードラッグ

キーワードが選択された状態で、先程の虫眼鏡マークをクリックします。

サーチバーインストール完了クリック!

すると、画面上部に何か出ましたね。

サーチバー出現

 

これがサーチバーの本体です。

ここで、検索したいサイトのボタンをクリックすることで、
簡単に同じキーワードを複数のサイトで検索できるというわけです。

試しにGoogleのボタンを押してみると・・・

サーチバーグーグル検索結果

 

きちんと検索窓にキーワードが入って、検索結果が表示されました。

これがサーチバーの基本的な使い方です。

SearchBar(サーチバー)をカスタマイズする

これだけでも便利といえば便利ですが、
使用するボタンをカスタマイズすると、もっと便利になります。

試しにせどりに役立つようにいくつか設定してみましょう。

虫眼鏡マークをクリックしてサーチバーを表示させます。
表示させたら、一番右側の歯車マーク(設定ボタン)をクリックします。

サーチバー設定ボタン

 

SearchBar Optionsという英語のページが開いたと思います。

この中で、左側のメニューから、Custom Searchesという文字をクリックします。

サーチバーカスタムサーチズ

 

このような画面になります。↓

サーチバーカスタムサーチズ2

は実際に表示されるサーチバーのプレビューです。
これを見ながら、をいじって使いやすいサーチバーにカスタマイズしていきます。

【②の各項目の説明】

一番左から順に記載しています。

  • ×印(左):ボタンを削除する。
  • チェックボックス1:チェックを入れるとその検索エンジンのボタンがサーチバーに表示されます。
  • 十字マーク:このマークの部分をドラッグすると段の上下を自由に入れ替えることができます。
  • チェックボックス2:チェックを入れると、そのボタンの左に区切り線(│)が表示されます。
  • Description:検索エンジンの名前
  • Hotkey:キーボードで操作したいときに便利なショートカットキーの設定。
  • ×印(右):Hotkeyで設定したショートカットキーを削除する。

 

ということで、とりあえずWikipediaとWolfram Alphaは使わないので削除して、
かわりにAmazonとモノレートを追加してみます。

不要なボタンを削除する

削除は一番左の×印を押してもいいですが、
万が一あとから使いたくなったときにすぐ設定し直せるように、
×印の隣のチェックボックスを外すだけにしておくほうがオススメです。

サーチバーチェック外す

(Wikipediaは間違えて×印を押してしまったのでリストから消えてしまいました。笑)

 

必要なボタンを追加する

同じ要領で、すでにリストにあるサイトは、チェックを入れるとサーチバーに追加できます。

Amazonがあったので、追加して実際に検索してみると・・・

Amazon.comだった

 

このボタンは日本のアマゾン(Amazon.co.jp)ではなく、米アマゾン(Amazon.com)でした。。

ということで、自分でこのリストに日本のアマゾンを追加しなければいけないようです。
モノレートも見当たりませんので、一緒に追加してしまいましょう。

リストにないサイトを自分で追加する方法

追加の方法は、1度覚えてしまえば至って簡単です。

まずはリストのすぐ上にあるshow advanced optionsというボタンをクリックします。

モノサーチshow advvanced options

 

すると、これまでなかった項目が表示されると思いますので、簡単に説明を載せておきますね。

モノサーチ詳細項目

【詳細項目の説明】

  • Home page URL:検索エンジンのTOPページのURL。
  • Search URL:実際に検索されるときに使うURL。
  • Icon URI:サーチバーに表示されるアイコン画像のURL。
  • New tab hotkey – background tab:ショートカットキーの設定。Hotkeyと違って新しいタブで開く場合のショートカットキーを設定できます。(そのタブはアクティブにならない
  • New tab hotkey – foreground tab:↑と同じですが、そのタブがアクティブになります。(そのタブが前面に表示されるということ)

先程show advanced optionsのボタンをクリックしたことで、
リストの一番下にcreate newという行ができていると思います。

ここに必要事項を入力すれば、好きなサイトのボタンがサーチバーに追加できるようになります。

 

日本Amazonを追加してみる

それでは順番に入力していってみましょう。

今回は日本のAmazonを追加したいので、
Description(検索エンジンの名前)には「アマゾン」と入力します。(好きな名前でOKです。)

サーチバーアマゾン追加する

Home page URL検索エンジンのTOPページのURLなので、

https://www.amazon.co.jp/

と入力します。

 

Search URLは、実際に日本のアマゾンで検索してみたときのURLの、
キーワード部分に「%sという文字を代入すればOKです。
わからない方はこのURLをコピペしましょう。↓

https://www.amazon.co.jp/s/?&field-keywords=%s

Icon URIは、Amazonのファビコン(ボタンのアイコン)がおいてある場所を入力します。
ファビコンはだいたいTOPページのURLに「/favicon.ico」をつけた場所にあります。

Amazonもそうですので、このように入力すればOKです。↓

http://www.amazon.co.jp/favicon.ico

これで必要な項目の入力ができました。

サーチバー入力完了

 

あとはお好みでショートカットキーを設定して、最後にcreate newをクリックします。

サーチバーcreate new

【入力した項目まとめ(日本アマゾン)】

  • Description:アマゾン
  • Home page URL:https://www.amazon.co.jp/
  • Search URL:https://www.amazon.co.jp/s/?&field-keywords=%s
  • Icon URI:http://www.amazon.co.jp/favicon.ico

きちんと設定できているか、検索してみると・・・

サーチバー検索!

 

サーチバー検索結果アマゾン

無事に日本のアマゾンで検索できました!

 

モノレートを追加してみる

同じように、モノレートも追加しておきます。

ここでは追加したときに入力した項目だけまとめておきますので、
必要であれば参考にしてくださいね。

【入力した項目まとめ(モノレート)】

  • Description:モノレート
  • Home page URL:http://mnrate.com/
  • Search URL:http://mnrate.com/search?&kwd=%s
  • Icon URI:http://mnrate.com/favicon.ico

あとはアマゾンの時と同じように、
モノレートにもお好みでショートカットキーを設定しましょう。

さいごに

上昇のイメージ画像です。

今回は、サーチバーの使い方とカスタマイズ方法についてお伝えしました。

検索の効率化という点ではモノサーチと似ていますが、
使い勝手はそれぞれ違いますよね。

どちらも無料ですので、

検索したいサイトによってどっちも使い分けるのもいいですし、
どちらかが必要なければ好きな方だけ使うのも良いかもしれません。

自分にあったツールを使って、
作業をどんどん効率化していきましょう。

 

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です