ロイヤルカナンで真贋調査発生/新規セラーは『セラースケット』加入必須。

ロイヤルカナンで真贋調査発生/新規セラーは『セラースケット』加入必須。

ABOUTこの記事をかいた人

サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ
■無料メルマガはコチラ

    Amazonでロイヤルカナンを販売していたセラーに『真贋調査が入った』という情報が話題になっています。

    ロイヤルカナンって、ポイントせどらー御用達の商品だったんですよね。当然扱っているせどらーさんも多いので、対応に苦慮しているようです。

    ロイヤルカナンに限らず、Amazonで真贋調査が来る商品って山ほどあります。ブログの問い合わせフォームからも

    男性
    真贋調査が来ちゃったので、助けてくださいっ!!

    ↑こんなヘルプメールが沢山届きます。

    で、運悪く真贋調査を受けてしまったせどらーさんって、2つのパターンに分類されるんですよ。

    パターンその1 真贋調査のことは知っていたけど対策はしていなかった

    これは正直、自業自得かなと思います。

    新規セラーに対する真贋調査がこれだけ話題になっているのであれば、やはり何らかの対策は必須。

    男性
    まぁ、自分だけは大丈夫っしょ!

    で、最終的に痛い目を見るのは自分自身です。

    言い方はチョットアレですが、Amazon転売をなめすぎですね。たかがせどり・たかが転売ですが、アカウント閉鎖で受けるダメージは計り知れません。

    自分のを身を守るため、最低限の対策はするべきです。

    パターン2 そもそも『真贋調査』のことを知らなかった

    こっちは、チョット不幸なパターンですね。

    真贋調査のことを知らずに、やれスイッチやら、やれアミーボやらを仕入れまくって爆死するパターンです。

    コチラの記事で解説している通り、

    Amazonには、公には公開されていない『裏ルール』が存在します。真贋調査もその1つで、知らずに危険商品を仕入れてアカウントを閉鎖される方が後を絶ちません。

    Amazonせどりを始めるなら、稼ぐためのノウハウ云々の前に、まずはルールを勉強するべきなんですよ。

    なぜかというと、私がせどりを始めた当初とは状況が全然変わっていて、ルールを知らずに動いてしまうと、アカウントが閉鎖されるリスクが高すぎるんです。

    どんなに稼げる方法を知っていたとしても、Amazonから退場させられたらそれまでですからね。

    裏ルールの記事は、もっと目立つ場所に掲載した方が良いですね。後でTOPページ上部に表示されるようにレイアウトを変更しておきます。

    新規セラーは、問答無用で『セラースケット』を導入すべし

    新規セラーが真贋調査を回避するための対策は『危険商品を扱わないこと』です。

    真贋調査が来る商品というのは決まったルールがあるので、そのルールにマッチした商品を仕入れなければ、真贋調査を受ける可能性はグッと低くなります。

    ただ、何千商品とある危険商品を、個人レベルで全て管理するのは事実上不可能。

    新規セラーで真贋調査を回避したい方は、問答無用でセラースケットを導入しましょう。

    セラースケット専用の拡張機能『ミエルンダ』を使えば、真贋調査が来る可能性が高い危険商品を一目で見抜くことができます。

    今回対象となったロイヤルカナンは危険度Aです

    ロイヤルカナン

    危険度A&Bの商品を避けるだけでも、アカウントの安全性は今より飛躍的にアップします。

    セラースケットは月額2480円の固定費がかかりますが、日割りだと1日たったの83円。

    缶コーヒー1本以下の金額で、アカウントが守れるならコスパは最強です。

    ちなみに、2480円というのは第1期募集の金額。今後、第2期・第3期となるにつれて、会費が値上げされることが決定済み。

    セラースケット

    2480円をケチって加入を後回しにすると、かえって損をすることになりますね。

    アカウント停止や真贋調査のリスクを軽減したい方は、今すぐセラースケットに加入しましょう。

    20日間無料】セラースケットの登録はコチラ >

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)