「FBA梱包準備サービス」ってナニ?Amazon新サービスを徹底解説!

梱包

ABOUTこの記事をかいた人

サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ
■無料メルマガはコチラ

公式LINEマガジンの
登録はコチラから >

※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。

     

    サクです。

     

    先ほどAmazonから届いたメールに、何やら面白そうな新サービスの概要が書かれていたので、ブログで紹介しようと思います。

     

    新サービスの名前は「FBA梱包準備サービス!」って、名前だけでサービスの内容が簡単に想像できちゃいますね。(笑)

     

    サービスの概要を一言で説明すると「AmazonがFBA倉庫へ商品の梱包を代行してくれる!」という、なんとも画期的なサービスの様です。

     

    • 中古商品でも対応してくれるの?
    • 手数料はどれくらいかかるの?
    • 要期限管理商品もOK?

     

    など、気になる点があると思うので、自分への備忘録の意味も込めて、色々と調べてみようと思います!

     

     

    Amazonの新サービス!FBA梱包準備サービスとは?

     

    FBA梱包準備サービスとは「Amazonが出品者の代わりに、商品の梱包を行ってくれる」Amazonの新サービスの事です。

     

    Amazonで販売されている商品の中には「梱包要件」が定められている商品があります。主なカテゴリーは以下の7つです。

     

    • 壊れやすい商品
    • 液体、小粒状、粉状、および粒状の商品
    • セット販売される商品
    • 小型商品(バーコードラベルよりも小さいもの)
    • 鋭利な部分を持つ商品
    • 景品付き商品
    • 医薬品/医薬部外品、化粧品、および医療機器

     

    詳細は、コチラのページを確認してください。
    商品の梱包

     

    壊れやすい「ガラス製品」や、ドラッグストアカテゴリで多い「液体商品」などは、商品の破損や液漏れなどを防ぐ為に、エアキャップ(プチプチ)で梱包するなどしてから、FBA倉庫へ納品する必要があります。

     

    通常、FBA倉庫へ商品を納品する場合は、出品者側で梱包作業(袋入れ、エアキャップ、ラベル張り)を全て行う必要がありますが、そういったサービスを全てAmazon側で代行してくれます。

     

    • 納品プランを作成して、
    • 商品をダンボールに詰めて
    • FBA倉庫に発送するだけ!

     

    商品がFBA倉庫に届いたら、倉庫のスタッフが商品の梱包とラベル張りを実施して、FBAに納品されます。

     

    サク
     壊れやすい商品や、液漏れの可能性がある商品など。”梱包要件が定められている商品” をAmazon側で梱包してくれるのが「FBA梱包準備サービス」ということですね!

     

     

    FBA梱包準備サービスが利用可能な商品の条件とは?

     

    FBA梱包準備サービスを利用することができる商品には以下の条件があります。

     

    1. コンディションは「新品・中古・コレクター商品・再生品」
    2. 商品タイプは全てOK
    3. 商品に、読み取り可能なバーコード(ISBN・UPC・EAN・JAN)が付いていること
      ※破れや汚れなどで、読み取りできない状態の商品は不可

     

    自分で作成したセット商品などはバーコードが無いので、FBA梱包準備サービスは利用することができません。

     

     

    要期限管理商品や危険物もOKなの?

     

    利用可能な条件のうち、特に気になるのが「2」ですよね? 商品タイプは全てOKということは、食品やドラッグストアなどの「要期限管理商品」や「危険物」も対応してくれるのか?

     

    チョット気になったので、テクニカルサポートへ連絡して確認してみたところ、

     

    「要期限管理商品も危険物も対応可能!」とのことでした!

     

    FBA梱包準備サービスは、要期限商品や危険物を含めて 全ての商品で対応可能との回答をもらいました。これは嬉しいサービスですね!

     

     

    FBA梱包準備サービスの金額は?

     

    FBA梱包準備サービスで発生する手数料は以下の通りです。

    FBA梱包準備サービス手数料

    FBA梱包準備サービス手数料

     

    FBA梱包準備サービスのデメリットは?

     

    梱包の手間が省けて非常に便利なFBA梱包準備サービスですが、もちろんデメリットもあります。

     

    • 梱包準備・ラベル張り作業によって、在庫が反映されるまでに時間がかかる
    • 汚れや破れで、バーコードが読み込めない(納品不備)

     

    Amazon側で梱包作業を行うため、普通の納品作業よりも在庫が反映されるまでに時間がかかることが予想されます。

     

    サービス開始当初は申し込みが殺到するでしょうし、Amazonの倉庫担当者も作業に慣れていない可能性があるので、納品まで更に時間がかかる可能性もありますね。※当然、倉庫担当者の納品ミスもあるでしょうね。(笑)

     

     

    FBA梱包準備サービスは、いつから利用できる?

     

    FBA梱包準備サービスは「2018年5月10日(木)から!」、全ての出品者が利用できるようです。※一部の出品者は、先行で利用できる場合もあるようです。

     

    まとめ

     

    サービスの詳細についてはまだ調べて切れていない点もありますが、このサービスを上手く活用できれば納品時間を一気に短縮できそうですね!

     

    Amazonからメールが届いたばかりでまだ詳細が見えていない点もありますので、テクニカルサポートへ確認しつつ記事を追記していきたいと思います。

     

    それでは!

    2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    サク

    北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

    ■詳しいプロフィールはコチラ
    ■無料メルマガはコチラ

    公式LINEマガジンの
    登録はコチラから >

    ※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。