質問・お悩み募集中 ▼何にお困りですか?▼

メルカリの返品はめんどくさい?トラブル被害を最小限にする基礎知識

メルカリの返品はめんどくさい?トラブル被害を最小限にする基礎知識
  • メルカリの返品ってやったことがないし、めんどくさい。
  • どんな手順で進めたらいいかわからないし、
  • トラブルになったら嫌だなぁ。でも返品しないと損しちゃう…

と悩んだことはありませんか。

メルカリで買うことはあっても、返品することはほとんどないでしょう。そのため、どうしていいか分からず、返品作業をめんどくさいと思う人は珍しくありません。

そこでこの記事では、返品に必要な情報やスムーズに進めるためのポイントを紹介します。

目次

メルカリの返品はめんどくさい?

メルカリの返品はめんどくさい?

メルカリの返品作業は本当にめんどくさいのでしょうか。

ケースにはよるものの、手間がかかることも少なくありません。

この章では、スムーズなケースとめんどくさい理由を解説します。

双方合意ならスムーズ

メルカリの返品では、比較的スムーズに済むケースももちろんあります。返品の仕方はシステム的にはシンプルなので、特段めんどくさいことはありません。

特に、返品に対して出品者と購入者の双方が同意しており、返品作業に必要な情報が共有できていれば、問題はないでしょう。

めんどくさいのは、返品に双方が合意していない場合や、送料の負担をどうするかが決まらない場合、返送にあたって氏名や住所を教えてもらえない場合などです。

返品にメルカリ便が使えない

返品がめんどくさい理由として、メルカリ便が使えないという点は大きいでしょう。

メルカリ便とは、配送先の住所や氏名を匿名にしたまま荷物の発送手続きができるサービスを指します。配送料も安く追跡機能や補償制度もあるため、メルカリを使うなら利用したいサービスです。

しかし、基本的に返品ではメルカリ便を選択することはできません。

つまり、返送にあたって必要となる住所や氏名、送料をどちらが負担するかといった点を確認する必要があります。

メルカリで返品できる条件とは?

メルカリで返品できる条件とは?

メルカリで購入した商品には、返品するための条件があります。条件をクリアしなければ返品はできません。

この章では、どんな商品が返品の対象となるのかを解説します。

出品説明と違うものが届いた

出品時に説明されていた内容と違うものが届いた場合、返品することが可能です。

具体的には、商品説明に記載のない汚れや傷、破損箇所があったり、写真と違うものが届いたりしたときは返品を依頼しましょう。

意図的に行っている場合は詐欺行為に該当するので、返品をためらう必要はありません。

返品に素直に応じないときは、メルカリ運営事務局に報告しましょう。然るべき対応を講じてくれます。

偽物が届いた

届いた商品が偽物、コピー商品の場合も返品が可能です。本来、偽物の商品を販売する行為は犯罪行為であり、購入者に対する詐欺罪にあたります。

販売者が偽物と知らずに販売してしまうケースもあるので、まずは事実確認を進めましょう。

偽物と判別した根拠を提示して、販売者に返品を依頼します。偽物と判断した理由として、専門の買取業者に真贋判定をしてもらったなどの、第三者が判断した明確な根拠が必要です。

たとえ商品に詳しくても、購入者が偽物だと思ったからという理由で返品はできません。

梱包の不備による配送中の破損

配送中に梱包の不備により商品が破損していた場合も返品可能です。

梱包の不備が原因による破損は、メルカリの利用規約にもある通り、出品者が責任を負うことになっています。商品の破損状況を説明し、返品を依頼すれば問題ありません。

梱包に不備がなくても、配送中に商品が破損した場合は、配送業者の責任となります。このような場合も商品の返品を依頼し、販売者側から配送業者に補償するよう伝えてもらいましょう。

返品要請を無視するとどうなる?

返品要請を無視するとどうなる?

では、販売した商品に対して返品要請があり、それを出品者が無視した場合はどうなるのでしょうか。

ここでは出品者の目線から解説します。

受取評価がないと入金されない

販売した商品の代金を受け取る方法は、購入者が受取評価をするか、もしくは自動終了かの2つのみです。

つまり、受取評価が行われるか、一定期間が経って取引が終了するまで、入金されることはありません。

返品の話を持ちかけてきている購入者が、受取評価をすることはあり得ないでしょう。そのため、一定期間が経つのを待つしかありません。

しかし、購入者は返品を要求しているため、メルカリ運営事務局に連絡する可能性があります。

運営事務局へ通報されると自動終了期限は無効になるため、自動終了による入金も見込めません。

勝手に取引終了される可能性がある

メルカリでは、取引を途中でキャンセルすることができます。※出品者、購入者、どちらの立場でもキャンセルは可能です。

キャンセルは基本的に両者の合意の上で実行されますが、どちらかから申請があると、相手はキャンセルに同意するか、事務局に問い合わせるかという選択を迫られます。

どちらも選択せずに24時間が経過すると、自動でキャンセルになるのでご注意ください。

返品要請を無視し続けようとしても、自動キャンセルか、事務局に問い合わせるかしか方法はありません。

納得できない場合は運営事務局に相談する

返品要請に対して納得できない場合は、メルカリ運営事務局に問い合わせをしましょう。

自己都合、つまり出品者側に落ち度がある場合は、返品を断ることはできません。

しかし、購入者側の都合で返品およびキャンセルを申し出てきた場合は、しっかりと応じられないことを伝えるのが大切です。

それでも購入者側が応じない場合は、メルカリ運営事務局に相談しましょう。メルカリ運営事務局がどちらに非があるかを判断して対応してくれます。

メルカリの返品方法も理解しておこう

メルカリの返品方法も理解しておこう

いざ商品が届いてから「返品しなきゃ!」となると、何をしてよいのかが分からず慌てることがあるかもしれません。

この章では、返品の手順を紹介しているので、流れをしっかり確認しましょう。

商品の返品は双方合意が必要

返品にあたっての大前提として、双方の合意が必要となります。双方に合意がない状態ではスムーズな返品とはいかないので、ご注意ください。

また、双方に合意があるかどうかを、メルカリ運営事務局はやり取りのメッセージを見て判断します。

はっきりと合意があることを示すように、キャンセルに両者が同意することと、返品を依頼しそれに同意したことが分かるやり取りをしましょう。

匿名配送の場合は発送先を聞く

返品するためには出品者の住所を知る必要があります。

メルカリ便を利用していた場合、匿名配送のため発送先の住所や氏名は分かりません。そのため、まずは出品者の住所、氏名を確認しましょう。

もし発送する側の住所を知られたくない場合は、配送料を出品者に振り込んでもらい、定形外郵便で発送するという方法も一案です。

ただし、返送先の住所に誤りがある場合などでは、郵便物が行方不明になる可能性があります。

追跡機能がある発送方法を選ぶ

返品の際には可能な限り追跡機能がある配送方法を選びましょう。

キャンセルは返品の完了をもって受理されます。つまり、返品が完了したことが分からない状況では、キャンセルは認められないということです。

仮に購入者側が返品したと言い張っても、商品が返品された(出品者が受け取った)何らかの証拠がなければ、判断することはできません。

証拠を残す意味でも、配送方法は追跡機能のあるものにしましょう。

メルカリの返品で住所を教えたくない場合は?

メルカリの返品で住所を教えたくない場合は?

返品に応じるのは構わないけれども、住所を教えるのには抵抗がある、という出品者も多いでしょう。

この章では、所を教えずに配送してもらう方法を3つご紹介します。

専用出品してもらいメルカリ便を使う

返品してもらう商品を専用商品としてメルカリで出品してもらうという方法があります。

専用出品 返品の手順
  • 購入者に返品する商品を出品してもらう
  • 出品者がそれを購入する
  • メルカリ便で配送してもらう

購入者に出品経験がないケースでは、参考となるサイトを教えて正しく実行してもらうことが大切になります。

購入者には一度取引を完了してもらった上で、タイトルおよび商品画像に専用出品の記載と、即購入禁止やプロフ必読の旨を書いてもらうように依頼しましょう。

この方法なら住所や氏名を知られることもありませんが、確実に購入できるとは限りませんし、事務局で推奨している方法ではありませんので、リスクを考慮して検討してください。

手渡しで返品してもらう

直接手渡しで返品してもらう方法もあります。※メルカリも売買成立後の商品の直接手渡しを禁止していません。

配送料よりも安く済む可能性があり、両者同意の上なら問題ないでしょう。

ただし、金銭のやり取りはあくまでメルカリ上で行うことが規定されているので、その点のみ注意しましょう。

配送費用のかかる大型の商品ほどメリットがありますが、その分受け渡しも大変になることには留意する必要があります。

キャンセル処理をする

最後の手段ではありますが、キャンセルして返品してもらうのをあきらめる方法もあります。手間や苦労を考えると、一つの選択肢にはなり得るでしょう。

返品の配送料は出品者が負担するのが原則です。返品理由によって異なることもありますが、返品の配送料は出品者が負担する認識でいましょう。

※そうなると、商品代金によっては返品の配送料のほうが高くつくこともあります。

ただし、偽物の出品など出品者に明らかな責任がある場合は返品対応の義務があるため、キャンセルはできません。

まとめ

まとめ

メルカリでめんどくさいとされる返品についてまとめました。

メルカリの返品について
  • 返品作業自体はスムーズにいけば面倒ではないものの、合意に至るまでのやり取りや確認事項などがあり、メルカリ便が使用できないことも面倒に感じられる点
  • 返品できる条件は、商品の破損や説明にない不備があった場合や偽物の商品など。これらの返品にかかる配送料は出品者負担だが、それ以外も基本的には出品者負担
  • 購入者が返品を申し出た場合は、対応せざるを得ないケースが多い。商品代金よりも配送料が高い際は、返品してもらわずにキャンセル扱いにする方法も一案

出品前に商品を検品する、出品時にコンディションを詳細に記載するなど、一般的な対応を行っていれば返品されるケースはそれほど多くはありません。

ただし『返品完全にゼロにする』ことは不可能なので、返品依頼があった際にスムーズに対応できるよう、基礎知識だけはしっかりと押さえておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる