LINE登録で〝無料 Amazonせどりツール〟プレゼント中 ↓タップしてダウンロード↓

【メーカー仕入れ】よくある質問にお答えします。

メーカー仕入れは、個人(副業サラリーマン/主婦)でも実践できますか?

個人でも取引はできますが、最低限『個人事業主』にはなっておきましょう。

一般的な社会通念として〝個人よりも法人のほうが信頼感がある〟のは間違いありませんが、だからといって、個人だと契約がとれないということはないです。

これは総務省が公開しているデータなんですが、

日本にある法人も含めた全企業のうち〝半数以上の128万企業(52.7%)が個人企業〟

なんですね。

もし、日本中にあるメーカー・代理店・卸問屋が『個人企業は相手にしない!』という態度を取ってしまうなら、日本中にある半数以上の企業は、消滅してしまうことになります。

それくらい、メーカーと個人は密接に関係しているのが現状。つまり、個人でもメーカーとの取引は可能だということです。

ただし、個人で取引可能とはいうものの、最低限『開業届』を提出して、個人事業主にはなっておきましょう。(メーカー・問屋によっては、契約条件として開業届の写しを要求されるケースもあります)

開業届は自宅にいながらでも提出可能なので、メーカー仕入れを実践したい方は早めに提出することをおススメします。

↓もし副業禁止の会社なら、副業バレ対策も忘れずに↓

メーカー仕入れを始めるために、必要なものを教えてください。

最低限必要なモノとして、

メーカー仕入れを始めるために必要なモノ
  • 開業届(個人事業主になる)
  • 固定電話
  • FAX
  • メールアドレス
  • コーポレートサイト
  • ECサイト
  • 名刺
  • 屋号のネームプレート

ざっとこんなところでしょうか。

固定電話はアプリやIP電話でもOKですが、本格的にやるなら『ひかり電話』を契約するのがベストです(意外と安い)

『今時FAXなんて必要?』と思うかもしれませんが、企業によっては〝FAXがない相手とは取引をしない〟というケースもあるので、こちらも用意しておきましょう。※とりあえずは「インターネットFAX」でOK。

こうして書き出すと「準備するのが面倒…😥」と感じるかもしれませんが、全て自宅に居ながら用意できるので、1~2日もあれば準備は全て完了します。

メーカー仕入れは『せどり/転売』ではなく、世の中で当たり前のように行われている『真っ当なビジネス』です。

『人は見た目が9割』という本があるように、ネット上のやり取りだとしても、見た目(身だしなみ)を整えてから交渉することで相手にも好印象を与え、その結果交渉が進みやすくなるのは間違いありません。

丸腰でも立ち向かっても門前払いを食らうのがオチなので、最低限↑に書いた準備を整えてからメーカー仕入れを実践することをおススメします!

メーカー仕入れは、どんなメーカーにアプローチすればよいですか?

明確なルールがあるわけではないので、気になったメーカーへ連絡してOKです(ただし、一流メーカーに連絡をしても意味がないので注意)

私が扱っている商品だと

  • 食品
  • 文房具
  • 家電
  • キッチン用品
  • ダーツグッズ
  • etc…

特にこれといったジャンルはなく、オールジャンル色々な商品を扱うことができるので、とりあえずは自分が気になったメーカーへアプローチしていけばOKです。(初めのうちは、比較的契約がとりやすい、食品/消耗品がおススメ)

ただし『シャープ/ソニー/カルビー』など。誰もが知っている超一流メーカーへ連絡をしても契約が取れるわけがないので、そこだけは注意。

サク

物は試しということで、カルビーにアプローチしたことがあるんですが、1分後に速攻でお断りメールが届いたことがあります(笑)

仮に1流メーカーであったとしても、メールを送る事自体は全く問題はありません。が、契約できる可能性は限りなくゼロに近いので、

あまり知られていないけどよく売れている『少しマイナーなメーカー』を狙っていくのがおススメです。

初心者でいきなりメーカー仕入れにチャレンジしても大丈夫ですか? 

むしろ、今すぐメーカー仕入れにチャレンジすることをおススメします!

なぜかというと、下手にせどりの経験が長い人の方が「メーカー仕入れは難しい…」と、勝手にハードルを高くしている印象があるからです。

メーカー仕入れって、何か特別なことをしているようなイメージがあるかもですが、そんなことは一切なくて。

  • メーカー/問屋を探して
  • メール/電話でアプローチ
  • 取引をスタートする

↑やっていることはこれだけ。

当然最初のうちは戸惑うこともありますが、難しいことは何一つしていないのでスグに慣れます。

メーカーや問屋から仕入れることを「上流仕入れ」と呼ぶ方がいますが、そもそもの話「上流仕入れ」なんて言葉は世の中に存在しないんですよ(少なくとも私の中では)

だって、商売をするために

  • 問屋から商品を仕入れる
  • メーカーから商品を仕入れる

↑これって、世の中で当たり前に行われていることですよね?(それか、自分でオリジナル商品を作るか)

対照的に「一度、市場に流通した商品を仕入れる」

いわゆる”せどり” に慣れてしまった方には「上流仕入れ」って何か特別なことをしているようなイメージになるかもしれませんが、そんなことはなくて、むしろ逆。一般的な小流通の観点から行くと、

むしろ、せどりの方が【異質な行為】ってことなんですね。

私がこれまで見てきた人を例にすると、せどり経験がまだ少ない方の方が、「メーカー仕入れ」に対して、抵抗が無い方が多いですね。

逆に、せどりの経験が長い人の方が、「メーカー仕入れは難しい…」と、勝手にハードルを高くしている印象がある。

なので、自分の中に変な壁ができてしまう前に、メーカー仕入れ/問屋仕入れを始めた方がよい。というのが私の意見です。

メーカー仕入れを始めるために、資金はどれくらい必要ですか?

とりあえず10万円の資金があればOK』というのが私の見解です。

物販は資金勝負の面があるので、仕入れ資金が潤沢な方が勝ちやすいのは間違いない。

ただ、いきなり30万円とか50万とか、高額の仕入れを要求してくるメーカーはほとんどないです。

中には『契約金50万』『毎月100万以上の仕入れ厳守』なんていうメーカーもありますが、無理なものは無理なので、契約しなければいいだけの話。

最初は1万円とか3万円とか、それくらいの小資金で取引できるメーカーもたくさんあるので、自分の資金に合わせて進めていけばOKです!

\1クリックでカンタン登録!/
【50名限定】無料『#公式LINEマガジン』登録で、Amazonライバルセラー/リサーチツールプレゼント!
【無料】ツールの受け取りはコチラ