せどりで儲からない/稼げない理由と解決すべき3つのポイント。月商150万稼ぐ実例も公開。

せどりで稼げない人が解決すべき3つのポイント

ABOUTこの記事をかいた人

サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。5歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ
■無料メルマガはコチラ

    男性
    せどりでイマイチ稼げないんだよな。僕がせどりで稼げない理由って何なんだろう?稼いでいる人はどんな方法を使っているのか教えてくださいな。

    この記事では、こういった疑問にお答えします。

    本記事の内容
    1. あなたがせどりで稼げない理由
    2. せどりで稼いでいる人がやっていること
    3. 私が毎月せどりで稼いでいる金額と作業時間

    この記事を書いている私はせどり歴5年ほど。

    今は、メーカー仕入れ・問屋仕入れ・無在庫販売といった手法が収入のメインとなっていますが、それでもせどりだけで毎月『月商150万円(利益20万円弱)』ほどの実績を作ることができています。

    せどり初心者の悩みでよくあるのが

    女性
    せどりで稼げない・・・
    男性
    せどりで稼ぐって思っていたより難しい・・・

    結論を言ってしまうと、私が考える『初心者がせどりで稼げない理由』は以下の3つです。

    せどりで稼げない3つの理由
    1. 作業量が足りない
    2. 売れ行きの悪い(回転の悪い)商品ばかりを仕入れている
    3. 損切ができない

    今回は『あなたがせどりで稼げない理由』『稼げるせどらーになるためにはどうすればよいか?』を具体的にお伝えしていきます。

    3分ほどで読むことができるので『せどりで稼ぎたい!』と思っている方はぜひ目を通してみてください。

    あなたがせどりで稼げない理由は?

    電脳せどりの手法はいくつかありますが、今回は楽天・ヤフーショッピングなどの『ネットショップ仕入れ』を例に解説します。

    あなたがネットショップ仕入れで稼げない理由は以下の3つ。

    せどりで稼げない3つの理由
    1. 作業量が足りない
    2. 売れ行きの悪い(回転の悪い)商品ばかりを仕入れている
    3. 損切ができない

    それぞれ、1つずつ解説をしていきます。

    ①作業量が足りない

    まず基本中の基本として、せどりで稼げないケースとして『作業量が足りない』人が本当に多いです。せどりのリサーチのキモは『誰よりも早く、量を沢山こなす』こと。

    なぜかというと単純な話で『沢山リサーチをした方が、稼げる可能性が上がるから』です。

    せどりは『価格差がある商品を探すゲーム』のようなもの。ネットショップで1000円で買えるものが、Amazonでは3000円で売れている。1000円で仕入れて3000円で売れば、差額の2000円が利益となります。(分かりやすく説明するため、手数料は考慮しません)

    やることは『価格差がある商品を見つけること』と、とてもシンプルなので、後は『どれだけ量をこなすことができるか』が勝負になります。

    ドラクエに例えると

    • スライムを10匹倒した人と
    • スライムを1000匹倒した人では

    レベルが全然違いますよね?スライムを1000匹倒した人の方が当然レベルは上。せどりも同じで、数を沢山こなした方が稼げる商品が見つかる確率がアップするのは間違いありません。

    男性
    言われてみると確かにそうだね、、仕事終わりだと眠くて1日30分くらいしかリサーチできてないかも、、

    つまり、せどりで稼げない人は作業量(商品リサーチ)が足りないということになります。

    ポイント

    リサーチは量で勝負。最初のうちはとにかく数をこなすべし。

    ※だからといって、1日5時間も6時間もリサーチをしよう!ということではないので誤解の無いように。詳しくは後程解説します。

    ②売れ行きの悪い(回転の悪い)商品ばかりを仕入れている

    Amazonランキングが低い、あまり売れにくい商品ばかりを仕入れても、せどりで稼ぐことはできません。

    なぜかというと『商品がお金に変わるまでの期間が長すぎるから』です。

    せどりで仕入れた商品がお金に変わるまでの流れは

    1. 商品を仕入れる
    2. 仕入れた商品をAmazonで販売する
    3. あなたの銀行口座に売上金が入金される

    1~3までの流れが完結して初めて『お金が増える』ということになります。1~3が完結するまでのスピードが速ければ速いほど、あなたのお金はドンドン増えます。

    逆に1~3が完結するスピードが遅いと、お金が増えるどころか商品を仕入れるお金だけがで出ていき、結果的に『手元にお金が残らない(せどりで稼げない)』ということになります。

    分かりやすいように、具体例を表にしてみました。

     AさんBさん
    仕入れ3000円3000円
    販売6000円10000円
    利益額3000円7000円
    販売まで
    の期間
    1か月2か月
    1か月後に
    手元に残るお金
    6000円0円

    Aさんは3000円で仕入れた商品を6000円で販売。Bさんは3000円で仕入れた商品を10000円で販売します。Aさんの利益額は3000円、Bさんの利益額は7000円。儲けだけを見ると、Bさんの方が2倍以上の利益となっています。

    ただし販売までの期間がAさんが1か月なのに対して、Bさんは2か月もかかっています。

    その結果、1か月後にAさんの手元には売上金6000円が残っているのに対して、Bさんの手元に残るお金はゼロ円。

    Aさんの手元には6000円があるので、次の商品を仕入れることができますが、Bさんは仕入れた商品が売れるまで何もできない。もし商品をクレジットカードで仕入れていたとなると、カードの支払い(引き落とし)に間に合わない可能性も出てきます。

    男性
    確かに・・一撃1万円とか利益が大きい商品って、売れ行きが悪くてもついつい仕入れちゃってるな。。

    利益額ばかりに気を取られて売れ行きの悪い商品ばかりを仕入れてしまうと、すぐに資金がショートしてしまい、結果『せどりで稼げない』という状況に陥ってしまいます。

    極論を言ってしまうと『仕入れただけではゴミ同然』

    1. 商品を仕入れる
    2. 仕入れた商品をAmazonで販売する
    3. あなたの銀行口座に売上金が入金される

    1~3のサイクルを速く回し、いかに早く手元にお金を残すかがせどりで稼ぐためにとても重要になってきます。

    ポイント

    仕入れただけではゴミ同然。最低でも1か月以内に売り切ることを意識しよう。

    『商品を、何個仕入れれば良いか分からない・・』という方は、コチラの記事が参考になります。

    ③損切ができない

    せどりで稼げない方は『損切ができない』人が非常に多いです。

    そもそも、『損切』という言葉の意味を知っていますか?

    損切り(そんぎり、ロスカット、Cut Loss)とは、含み損が生じている投資商品を見切り売りして損失額を確定すること。

    投資の後に評価額が下落した場合、難平や塩漬けするとさらに下落が続いて損害が拡大する可能性がある。撤退するための明確な根拠を持って早めに損切りを行うことは、損失の拡大を防止し、資金を守る方法として重要といわれる。

    ※Wikiペディアより

    投資の世界でよく使われる言葉。簡単に言うと、

    損切とは?
    損が確定している商品は、赤字(損)でもよいので早めに売ってしまい、被害の拡大を最小限にし資金を守ることです。

    例えば100円の商品を100個仕入れたとしましょう。仕入れ額は100円×100個=1万円です。このうち50個商品が売れて『15000円の売り上げ』になったとします。この時点で利益5000円は確定。

    しかし、同じ商品にライバルが大量に相乗りしてきて、販売価格が大きく値下がりしてしまいました。残りの50個を売るために、

    1. 元の価格に戻るまで1か月待つか
    2. それとも、早めにお金に変えるために赤字でもよいので売り切ってしまうか?

    ココで2を選択するのが『損切』ということになります。

    せどりで稼げない方は、ほとんど『1』を選択するはずですが、それは間違いです。先ほども言ったように、仕入れた商品は早めにお金に変えることが鉄則。

    元の価格に戻るまでに時間もかかるし、もしかしたら元の価格に戻らないかもしれない。トータルで利益が出ることは確定しているので、欲張らずに損切をして早くお金に変えて次の仕入れを行うことが正解です。

    もちろんケースバイケースなので、価格が元に戻る確信があるなら、損切せずに待つのもアリでしょう。ただ基本的には『損を最小限に抑えて』商品を早くお金に変えることを意識するべきです。

    女性
    せっかく苦労して仕入れた商品を赤字で売るって、結構勇気がいるわよね。。

    人間は得をすることよりも『損をすることを嫌う』生き物なので、躊躇なく損切をできる人はまれです。ただ、せどりにおいて『100勝0敗』は絶対に不可能。ライバルがいる以上、全ての商品で利益を出すのは無理な話。

    50勝50敗でも、30勝70敗でも『トータルで利益が出ればOK』

    損切できる勇気を持ち、お金を早く回転させることを心がけてください。

    ポイント

    せどりはトータルで利益が出ればOK。勇気をもって損切、不良在庫を持たないことを意識しよう。

    せどりで稼いでいる人がやっていること

    では、せどりで稼いでいる人(私)はどんなことをやっているのか?実例を交えて詳しくお伝えしていきます。

    ①せどりツールを使う

    先ほど、せどりは『リサーチの量で勝負』と書きましたが、だからといって1日5時間も6時間もリサーチをしましょう。ということではありません。

    結論を言うと、せどりのリサーチは『リサーチツールを活用する』のがベストの選択です。

    理由は単純で『ツールの方が手作業のリサーチより圧倒的に早く、ミスも一切無いから』です。

    単純作業は人間でもできますが、長時間続けるのは正直苦痛ですよね?精神的な疲労の他に肉体的疲労も重なり、長時間続けると仕入れミス・判断ミスも増えていきます。

    人が手作業でやるよりもツールを使って機械的に行った方が、圧倒的なスピードで作業を効率化でき、かつミス無く実行できるのは当然ということ。

    男性
    仕事が終わって帰宅してからリサーチしても、1時間が限界だもんね。疲れですぐに眠くなっちゃうし。。
    女性
    ツールに任せた方が、何倍も楽にリサーチできちゃいそうね!

    事実、私が使っているツールは『1時間に800件の商品リサーチ』を自動で行ってくれます。

    • 手作業のリサーチ ⇒ 頑張っても1時間に100件程度(疲れると精度も速度も落ちる)
    • せどりツール ⇒ 1時間800件以上(ミスなし、愚痴なし、文句なし)

    電脳せどりで稼ぐなら『リサーチはせどりツールを活用する』のは絶対条件です。

    ポイント

    商品リサーチは『せどりツール』を使って効率化すべし。

    ただし、ツールではカバーしきれない『マイナーネットショップ』に関しては、手作業でのリサーチが必要となってきます。

    男性
    ツールでリサーチできない分、お宝商品が眠っているかも!

    ツールではカバーし切れないネットショップは【2019年最新版】電脳せどりの仕入れ先公開のページで紹介しています。

    ②問屋仕入れ・メーカー仕入れを実践する

    商品メーカーで製造された商品が私たち消費者の手に渡るまで、以下のような商品流通の流れがあります。

    商品流通の流れ

    せどりの場合、仕入れに利用するのは『③小売店』です。

    • Yahooショッピング、楽天、Amazonなどのネットショップ
    • ヤマダ電機、ヨドバシカメラなど家電量販店
    • カインズホーム、コーナンなどのホームセンター

    こういった小売店から仕入れて、Amazonで販売するのが一般的なせどりの手法です。

    しかし、この画像の中の一番右側、私たち消費者に近づけば近づくほど『流通コスト』が大きくなるため、商品の価格は高くなっていきます。

    • 問屋が生産メーカーから1000円で仕入れ、
    • 小売店が、問屋から1500円で仕入れ、
    • 私たち消費者が、小売店から2000円で購入する

    ザックリとした例ですが、私たち消費者が小売店から購入する時の金額が、一番高くなってしまうんですね。

    せどり(物販)で稼ぐためには『商品をどれだけ安く仕入れができるか』が最も重要なポイントの1つ。そのポイントをクリアするためには『小売りよりも上流で商品を仕入れる』

    物流の流れ

    つまり、小売りよりも上流にある「メーカー・問屋」から商品を仕入れることで、小売りから仕入れをしているせどらーと価格面で大きな差別化を図ることができるようになります。

    ポイント

    小売よりも上流にある『メーカー・問屋』と契約し、安く商品を仕入れる仕組みを作ろう。

    男性
    ココまで来ると、せどりというよりも実店舗がやっている『物販』と同じイメージだね。
    女性
    確かに。正直に言うと、せどりって若干グレーなイメージはあるわよね。

    一般的な商取引の観点からすると、私たちが実践しているせどりの方が『異質な行為』なのは間違いありません。せどりと並行して、上流仕入れの仕組みづくりも進めておくとよいでしょう。

    問屋仕入れのノウハウはコチラの記事に書いてあります。

    ③無在庫販売を実践する

    せどりで稼げない問題点として解説した以下の2点。

    1. 売れ行きの悪い(回転の悪い)商品ばかりを仕入れている
    2. 損切ができない

    この2つの問題をサクっと解決できるのが『無在庫販売』です。

    なぜかというと、無在庫販売は『在庫を持たずに出品し』『売れてから仕入れを行う』という、せどりとは真逆の仕入れ手法を使えるからです。

    売れてから仕入れを行うため不良在庫が発生する可能性はゼロ。仕入れた商品が売れ残るという概念が無いので『赤字で損切』も一切発生しません。

    『在庫を抱える』というせどり最大のデメリットを解消できる唯一の方法が、無在庫販売というわけです。

    私の無在庫販売の販売実績を載せておきます。

    ショップ①の実績『月商204万円』

     

    ショップ②の実績『月商120万円』

    運営している2つのショップ合計で、毎月300万円以上は安定して売り上げを作ることができています。利益率はどちらのショップも『おおよそ12%程度』です。

    有在庫と無在庫、どちらにもメリットがありますが、不良在庫を抱えるリスクが嫌だという方に圧倒的におススメなのは『無在庫販売』です。

    ポイント

    不良在庫や赤字損切が不安な方は、無在庫販売がおススメ。

    男性
    在庫リスクが無くて月に10万円以上稼げるってスゴイ!

    私が実践している無在庫販売の詳細は、コチラのページで詳しくお伝えしています。

    私が毎月せどりで稼いでいる金額と作業時間

    先ほどもお伝えしたように、今は、メーカー仕入れ・問屋仕入れ・無在庫販売といった手法が収入のメインとなっているため、せどりにはそれほど力を入れていませんが、

    電脳せどりツールを使った仕入れを実践し、毎月『月商150万・利益20万円弱』これくらいの売り上げは簡単に作り出すことができています。

    作業時間は日によって異なりますが、多いときでも1日時間程度。夜寝る前にツールを稼働させ、朝起きてからツールが解析してくれたデータをチェック。最終的に仕入れるかどうかの判断を行うだけです。

    私が使っているツールは『販売額・サイズ・出品者数・利益率』などを総合的に判断し、商品1つ1つに評価付けをしてくれます。※『Sランク』~『Cランク』まで。

    仕入れ対象となる『Bランク以上の商品だけ』をチェックすればよいので、仕入れの最終判断もかなり効率化することができます。

    男性
    ツールってただ価格差を調べるだけだと思ってたけど、仕入れ判断までしてくれるんだね、スゴイ!
    女性
    私もこのツール使ってみたいんだけど、どうやって申し込めば良いのかな?

    私が使っているツールは電脳せどりツールレビューの記事をご覧になってください。※当サイト限定の購入者特典も用意しています。

    まとめ:せどりで稼ぎたいなら『せどりツールは必須』 せどり以外の稼ぎ方にも目を向けてみよう。

    記事のポイントをまとめます。

    せどりで稼げない3つの理由
    1. 作業量が足りない
    2. 売れ行きの悪い(回転の悪い)商品ばかりを仕入れている
    3. 損切ができない

    これらの問題を解決するためには

    ポイント
    1. 最低でも1か月以内に売り切ることを意識して仕入れをする
    2. せどりはトータルで利益が出ればOK。勇気をもって損切、不良在庫を持たないことを意識する。
    3. リサーチは量で勝負。電脳せどりツールを使って、リサーチを効率化する。

    この3つを意識すれば、あなたもせどりで稼げます。

    また、せどり以外の稼ぎ方として

    1. メーカー、問屋仕入れ
    2. 無在庫販売

    将来的には、こういった方法も取り入れ収入の柱を複数持つことを意識しましょう。収入の柱が多ければ多いほど、お金に関する不安も解消されていきますよ。

    男性
    僕は在庫リスクが無い『無在庫販売』にチャレンジしてみるよ!
    女性
    私はせどりツールと上流仕入れで、商品が自動で売れる仕組みが作りたいわ!

    物販を利用した『収入の柱を複数持つ方法』は、メルマガ講座『自動収益のつくり方講座』で詳しくお伝えしています。

    参加は無料なので『お金稼ぎに興味がある方』は、ぜひご登録ください。

    それでは。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)