【電脳せどりツール】価格改定ツール徹底比較!「無料期間中」に使い倒せ!

価格改定ツール

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。4歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

 

 

どうも、サクです。

 

この記事では「せどりの価格改定ツール」について、各ツールの金額や機能などを比較し解説していきます。

 

今回紹介する価格改定ツールとは、

価格改定ツールとは?

Amazonに出品している商品の価格を、その時々で一番売れやすい価格に自動で変更してくれるツールです。

ただ単純に価格を調整する訳ではなく「一番売れやすい価格に調整する」というのがポイントですね。

 

売れやすい価格に自動的に調整することで、仕入れた商品を早く現金化できる。つまりキャッシュフローが良くなるというメリットがあります。

 

仕入れた商品は
サッサと売ってお金に換えることが重要!

キャッシュフロー

キャッシュフロー

これは私の持論なんですが「売れない在庫はゴミと同じ!!」

 

“在庫は資産” というのは重々理解していますが、資金が少ないうちは「仕入れた商品はサクっと売ってお金に換える!」ことを意識しないと、すぐに資金が底をついてしまいます。

 

電脳せどりのツールというと、

 

  • リサーチを自動化してくれて!
  • 利益がでる商品がバシバシ見つかって!
  • ネットショップからガンガン大量仕入れ!

 

↑こういった「せどりの仕入れに特化したツール」をイメージする方がほとんどだと思います。が、実はAmazonせどりで稼ぎ続けるためには「価格改定ツール」も仕入れツールと同等か、それ以上に重要なアイテムとなってきます。※その理由は、後ほど詳しく解説します。

 

この記事では、

ラベル名
  1. Amazonせどりにおける価格改定の重要性
  2. 3大価格改定ツールの機能比較
  3. サクのおススメの価格改定ツール

価格改定の必要性とおススメの価格改定ツールについて、せどり初心者の方にも分かりやすくお伝えしていきます!

 

※すでに価格改定ツールの必要性は理解していて「どのツールを使おうか悩んでいる、、」という方は、↓のボタンをクリックすると、ツールの比較表へ一気にジャンプできます。

 

価格改定ツールの重要性。Amazonせどりは安売り合戦。

買い物をするカエル

買い物をするカエル

 

まずは「なぜ価格改定ツールが必要なのか?」価格改定ツールの必要性についてお伝えしていきます。

 

結論を先に言ってしまうと

「価格改定をおろそかにすると、あなたの商品は全く売れなくなります!」

とまでは言いませんが、価格改定ツールを使うのと使わないのでは、売り上げに圧倒的な差が出てしまいます。

 

Amazonせどりで価格改定ツールが重要な理由
  1. Amazonは1つの商品ページを全セラーで共有するので、価格競争が激しい
  2. 競争に合わせて価格改定をしないと、ショッピングカートを獲得できない
  3. ショッピングカートを獲得できないと、あなたの商品は全く売れなくなる
  4. 手動で価格改定は時間がかかりすぎる

価格改定をおろそかにするのは、お金(利益)を取りこぼしているのと同じこと。それくらい価格改定はとても重要であることを理解してください。

 

価格改定ツールが重要な理由① 1つの商品ページを全セラーで共有=値下げ競争が激しい

 

Amazonせどりに限らず、物販において「他社との価格競争」というのは絶対に発生します。全く同じ商品、同じ品質でであれば「金額が安いショップから購入する」というのは当然ですよね? ネットショップであれ実店舗であれ、物販をやるのであれば価格競争は避けて通ることができません。

 

ただ、Amazonせどりの場合は、通常の物販とは少し事情が異なります。なぜならAmazonは「1つの商品ページを全セラーで共有して販売する」というスタイルを取っているからです。

 

例えば「ニンテンドースイッチ」を確認してみると、

 

新品で98名、中古で40名のセラーが群がっている状態

ニンテンドースイッチ

ニンテンドースイッチ

ニンテンドースイッチに限らず、人気商品は100名近いセラーが販売競争(価格競争)を繰り広げています。

 

「同じ商品は、同じページでみんなで販売するべし!」というのがAmazonのルールです。

 

ライバルが多いなら「自分専用の商品ページを作ってしまえばイイのでは?」と思うかもしれませんが、全く同じ商品を利用して「別のAmazon商品ページを新規で作成する」ことは、Amazonの規約で明確に禁止されています。

Amazonの規約

Amazonの規約

※Amazonヘルプページより抜粋

1つの商品ページに全てのセラーが群がらざるを得ない。結果的に、ヤフーショッピングや楽天などの他のプラットフォームと比較して、価格競争が発生しやすいというのが1つ目の理由です。

 

価格改定ツールが重要な理由② ショッピングカートを獲得できないと全く売れなくなる

 

Amazonせどりで価格改定が重要なもう1つの理由が「ショッピングカートの存在」です。

 

Amazonにはショッピングカートという機能があり、Amazonで商品を購入するお客さんは「ショッピングカートに入っている商品を購入する」ことになります。

 

実際の商品ページを見た方が分かりやすいと思うので、コチラをご覧ください。

ココア

ココア

:新品の出品者が「12名存在」しますが、
:表示されている出品者は「ASH-BRANDさん」だけ。

↑これは「ASH-BRANDさんが “ショッピングカートを取得している” 」という状態です。

 

そして、あなたがこのココアを購入しようとしたとき、12名いる出品者のうち「ASH-BRAND が出品している商品を購入する」ことになります。

 

つもり、あなたがいくらAmazonに大量に商品を出品したとしても、「ショッピングカートを獲得できない(商品ページにあなたのショップ名が表示されない)状態」が続くと、いつまでたっても売り上げが上がることはありません。

 

では、ショッピングカートを獲得するためにはどうすれば良いかということですが。ショッピングカートを獲得するための条件はいくつかあって、その中で特に重要なポイントが「商品の価格が安いコト」です。

 

Amazonでショッピングカートを獲得するための条件
  • 多数いる出品者の中で、あなたの価格が一番安ければ、ショッピングカートを取得しやすい。

単純な話し「ライバルよりも価格が安ければショッピングカートを獲得しやすい」=「あなたの商品が売れる可能性が高くなる」ということです。

※ライバルよりも安くするということではなく「最安値に価格を合わせる」という考え方です。

 

逆を言うと、他の出品者が価格改定ツールを導入して金額を調整している中、あなたは何もせずに放置していると「ライバルよりも価格が高いため、ショッピングカートを獲得しにくい」=「あなたの商品が売れる可能性が低くなる」ということですね。

 

価格改定をせずに出品した商品をほったらかしにしておくことが、どれだけ危険なコトなのかが分かるハズです。

 

価格改定ツールが重要な理由③ 手動での価格改定は時間がかかりすぎる

 

Amazonせどりにおいて、価格改定がとても重要であることは理解できましたね。ではその価格改定をどうやって実行するかということですが、方法は2つ。

 

  1. 手動(手作業)でやるか
  2. ツールに任せるか

 

この2択です。まだ初心者で商品数が少ないうち(10~20商品程度)は手動でも良いでしょうが、商品数が徐々に増えてくると手動での価格改定では時間がかかりすぎて、すぐに限界がきます。

 

今せどりで大きく稼いでいる方は、例外なく価格改定ツールを導入済みです。ツールによる完全自動でリアルタイムでガシガシ価格を調整している中で、パソコンに張り付いて手作業でチマチマ価格を変更したって、勝てるわけがないですよね?

 

時は金なり
無駄なことに時間を使うのは止めておきましょう

砂時計

砂時計

 

価格改定に時間を取られすぎて、リサーチや仕入れの時間が削られてしまっては全く意味が無いので、商品数が30点を超えた辺りで、早めに価格改定ツールの導入を検討してください。

 

仕入れた商品が売れないなんて、物販では致命的な問題

オーマイガー

オーマイガー

 

少し複雑になってきたので、今説明したことをもう一度まとめておきます。

Amazonせどりで価格改定ツールが重要な理由
  1. Amazonは1つの商品ページを全セラーで共有するので、価格競争が激しい
  2. 競争に合わせて価格改定をしないと、ショッピングカートを獲得できない
  3. ショッピングカートを獲得できないと、あなたの商品は全く売れなくなる
  4. 手動での価格改定は時間がかかりすぎる

仕入れた商品が全く売れないなんてことは、物販においては致命的な問題ですよね?

 

せどり(物販ビジネス)において、価格改定をおろそかにするのはお金を取りこぼしているのと同じこと。

 

だからこそAmazonせどりにおいては、仕入れと同じくらい「価格改定がとても重要!」だということです。

 

 

どれを選ぶべきか?3大価格改定ツールを徹底比較

3匹の猫

3匹の猫

前置きが少し長くなってしまいましたが、ではおススメの価格改定ツールを紹介していきます。

 

私が実際に使っている(使っていた)価格改定ツールは

 

 

この3つのツールです。

 

 

 

 

 

他にもAmazonせどりの価格改定ツールはいくつかあるんですが、自分で実際に使っていないツールを紹介することはできないので、今回は「プライスター・マカド・D-plus」の3つのツールを比較していきます。

 

分かりやすいように3つのツールの基本性能をまとめて表にしてみました。

 

3大価格改定ツール
基本性能比較表
※クリックで拡大できます

価格改定ツール比較表

価格改定ツール比較

 

 

 

 

せどりを始めた当初は、プライスターを利用していたんですよ。当時せどりを教えてくれていた方に進められて初めて価格改定ツールを導入してみたんですが、翌月には「月商が50万円ほどアップ!」して驚いたことを覚えています。※昔の話なので、証拠画像が無くてゴメンナサイ。m(__)m

 

その後もプライスターを使い続けていたんですが、数年前に「マカド」がリリースされたタイミングで、プライスターからマカドへ移行しました。

 

マカドへ移行した理由は

 

  1. 価格改定の頻度が早いコト
  2. 上方価格改定機能に対応しているコト

 

この2点が決め手になりました。

 

価格改定のスピード

 

当時のプライスターは「1時間あたり2000件の自動変更」という性能だったので「500商品の場合15分に1回程度の頻度」で価格改定が行われていました。

 

対してマカドの場合は「最速5分で価格改定」と、プライスターと比較すると圧倒的なスピードで価格改定を行ってくれる。結果として、販売機会の損失が減少し売り上げがアップすることになります。

 

上方価格改定機能

 

もう1つの「上方価格改定機能」について。

 

通常、価格改定ツールは「自分よりも安い商品の価格に合わせる(下方価格改定)」というのが基本的な機能となっています。

 

下方価格改定(自分の金額を、最安値の金額に合わせる)

下方価格改定

下方価格改定

 

その反対の「上方価格改定」とは、自分が最安値で出品している時に「最安値から2番手の価格に修正してくれる」という機能です。

 

上方価格改定(自分の金額を、最安値から2番手の金額に合わせる)
結果、無駄な安売りを防ぎ、利益をアップさせることができる

上方価格改定

上方価格改定

この上方価格改定機能があることで、自分が最安値で出品している時に、自動的に2番手の価格まで引き上げてくれる。つまり「無駄な安売りによる損失を無くし、利益を上乗せできる」という大きなメリットがあります。

 

この上方価格改定機能が搭載されたツールは、マカドが始めてだったと記憶しています。

 

  1. 圧倒的に早い価格改定スピード
  2. 業界初の上方価格改定機能搭載

 

この2点が決め手となり、その後しばらくはマカドを利用していました。

 

各ツールの基本性能が大幅アップ!2018年現在では、基本性能に大きな差はない

パワーアップ

パワーアップ

 

ただ、当時は珍しかったこの2つの機能ですが、2018年現在では「プライスター・マカド・D-plus」全てのツールで搭載されています。

 

価格改定のスピードは、ツールによって多少の差はありますが、売り上げに大きな差が出るほど圧倒的な差があるわけではありません。

 

なので、どの価格改定ツールと契約するかの判断材料としては、

 

  1. 月額費用
  2. 価格改定以外の機能(サービス)

 

この2点を比較していきましょう。

 

月額費用には「D-plus」が一番安い

 

月額費用は「D-plusのライトプラン:3980円」が一番安いですね。

 

  • プライスターが3980円
  • マカドが4800円

 

価格改定ツールは毎月費用がかかる「月額制」のツールがほとんどなので、金銭面を考慮すると、できるだけ安いツールと契約するのがベストです。

月額費用で選ぶなら、D-plus一択です!

 

※ちなみに、私は今「D-plus」を利用していますが、D-plusを選んだ決め手はズバリ価格です!(笑) ランニングコストはできるだけ安く済ませたいですよね。

 

オリジナル機能&サービスは「プライスター」&「マカド」がおススメ

 

各ツールの独自サービスで一番目を引くのは、やはりプライスターの「プライスターパートナー」ですね。

プライスターパートナー

プライスターパートナー

プライスターパートナーとは、FBAへの納品代行を検討している「クライアント(せどらー)」と「パートナー(個人の納品代行業者)」をマッチングしてくれるサービスです。

 

納品代行業者を自分で探したり、個人で外注を採用して納品作業を教育するのって手間も時間もかかるんですが、プライスターパートナーに登録している方は「Amazonで販売歴がある方」がほとんどなので、教育する手間を省いてすぐに納品作業を依頼することも可能です。

 

私もメーカーや問屋から仕入れた商品は、納品代行業者を使用してFBA倉庫へ納品していますが、私は一般では一切募集していない「完全紹介制の格安の業者」を利用しています。

 

通常は一切募集はしていないので、さすがにブログで紹介することはできませんが、もし完全紹介制の格安の納品代行業者に興味がある方は、メルマガ講座に登録しておいてください。

え? 5分で月商300万円?誰でもできる「自動収益」のつくり方。

募集の枠が空いた場合は、メルマガ講座の中で紹介させてもらいます。

 

 

プライスターのもう1つのサービスが「在庫買い取りサービス」です。

プライスター在庫買い取りサービス

プライスター在庫買い取りサービス

万が一、Amazonアカウントが停止されたときなどに、不要となった在庫を現金で買い取りしてくれるサービスです。

 

非常時には役に立つサービスですが、ただ常時必要という訳でもないので、このサービスを目的にプライスターを契約するという必要は無さそうです。※万が一アカウントが停止されたときに「プライスターを契約して在庫を買い取ってもらう」という使い方がでOKかなと思います。

 

マカドの独自機能としては「LINE通知機能」があります。

LINE

LINE

マカドには、値下げしすぎを防止するために、

 

  • 下限価格到達
  • 値下げリミット
  • 初期リミット

 

という3つの設定ができるのですが、一度この3つの設定状態に達してしまうと、その時点で価格改定がストップ。手動で設定をし直さないと、カート獲得が進まなくなってしまうことになります。

 

もし、この3つの状態になったことに気が付かずに放置しておくと、カートが獲得できず販売機会を大きく損失することになりますよね?

 

それを防ぐために「LINE通知機能」を設定しておくと、この3つの状態になった時にLINEで通知をしてくれます。通知を受け取ったらすぐに手動で設定を変更すれば、即価格改定を再開することができる非常に便利な機能です。

 

この「LINE通知機能」は、プライスターとD-plusには搭載されていない、マカドだけの独自の機能となります。

独自サービスで選ぶなら、
プライスター or マカドがおススメ

 

 

 

D-plusの独自サービスは「月額無料プラン」があることですね。

 

50商品までは無料で
自動価格改定機能を利用することができます

D-plusの価格表

D-plusの価格表

ただ無料プランの場合は「利用できる機能がかなり制限」されるので、使い勝手を確認した後は「ライト or スタンダードプラン」に移行すると良いでしょう。※私はライトプランを利用しています。

 

サポート体制は3社とも文句なし!

 

初めて価格改定ツールを利用される方は、操作方法で不明点があった時に「しっかりとサポートしてくれるかどうか?」というサポート体制も気になるところですが、この点に関しては3社とも文句なしです!

 

この記事を書くために、ツールの性能や操作方法を各社にメールで問い合わせをしたのですが、3社とも翌日にはメールで丁寧に回答をいただくことができました。

サポート体制は、3社とも文句なし!

 

 

 

問い合わせをしたのに「何の連絡も無く放置プレイ、、」とか、そんなことはありませんのでご安心ください。(笑)

 

 

高機能すぎて比較できない、、なら無料で使ってみよう!

喜びの舞

喜びの舞

「価格改定ツール」というだけあって、メインとなる機能は「Amazonに出品した商品の自動価格改定」となりますが、実はその他にも利用できる機能が多々あります。

 

プライスターの主な機能

プライスターの主な機能

プライスターの主な機能

 

マカドの主な機能

マカドの主な機能

マカドの主な機能

 

D-plusの主な機能

D-plusの主な機能①

D-plusの主な機能①

D-plusの主な機能②

D-plusの主な機能②

D-plusの主な機能③

D-plusの主な機能③

D-plusの主な機能④

D-plusの主な機能④

D-plusの主な機能⑤

D-plusの主な機能⑤

D-plusの主な機能⑥

D-plusの主な機能⑥

 

こうして見ると、各社ともかなりの機能を搭載していますね。先ほどお伝えしたように、価格改定ツールの必須機能である、

 

  • 価格改定のスピード
  • 上方価格改定機能

 

↑この2点に関しては、3ツール間で大きな差はありません。となると、それ以外の機能を見てどのツールと契約するかを判断する必要があります。

 

が、正直ブログの1記事だけで全ての性能を比較しようとすると、とてつもない文章量になりますし、その記事を読むだけでもかなりの時間がかかってしまうので、

 

「各ツールを1か月間使ってみて、
自分が一番シックリ来るツールと契約する」

 

というのが一番おススメの方法です。

 

今回紹介した3つの価格改定ツールは、全て「1か月間の無料お試し期間」が付いてきます。

 

契約をしてから1か月以内に解約をすれば、費用が発生することは一切ないです。1か月以内であれば1円も払わずにツールを利用できるので、まずはツールに触れてみて、自分が使いやすいツールを探してみてください。

※1か月目:プライスター、2か月目:マカド、3か月目:D-lusと契約すれば、3か月間は価格改定ツールを無料で使えるなんてことも、、、(笑)

 

 

 

「1か月以内に解約」というルールさえ守れば、費用は1円も発生しないので、まずは気になるツールから使ってみましょう!※このツールは必要ない!と思ったら、1か月以内に解約することを忘れずに!!

 

価格改定ツールを選ぶ基準。自分で触れて一番シックリ来るツールを契約しよう!

 

ツールを使う人によって、そのツールに求めている機能も当然変わってきます。

 

  • 月々の金額を安く収めたい方 ⇒ D-Plus
  • 納品代行業者を利用したい ⇒ プライスター
  • LINE通知機能を使いたい ⇒ マカド

 

後は「ツールの使いやすさ」も重要ですね。使いやすさって「主観的な考え方」なので、Aさんが使いやすくても、Bさんは使いにくいと感じるかもしれない。その逆もありですね。

 

こればかりは自分で使ってみないと判断することはできません。だからこそ、まずは「自分の手でツールに触れてみる」というのがとても重要です。

 

 

 

「1か月以内に解約」というルールさえ守れば、費用は1円も発生しないので、まずは気になるツールから使ってみましょう!※このツールは必要ない!と思ったら、1か月以内に解約することを忘れずに!!

 

私は3つのツールを全て利用した経験がありますが、その中で、

 

  • 月々のランニングコストの安さ
  • ツールの使いやすさ(私の主観的な意見です。笑)

 

をトータルで判断して、今はD-plusを利用しています。

 

サンクスメールや納品作業効率化など、Amazonせどりで必要な機能はほぼ網羅しているので、もし迷っているのであれば私は「D-plusがおススメです!」

 

Amazonせどりで稼ぐためには、価格改定ツールは必須です。1か月の無料期間を利用して、自分に一番合うパートナーを探してみてくださいね。

 

それでは。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です