【中国輸入実践記】レビューゼロ、販売5日でカテゴリランキング3位ゲット。

【中国輸入実践記】レビューゼロ、販売5日でカテゴリランキング3位ゲット。
プロフィール
サク
サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ >
■無料メルマガはコチラ >

※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。

どうも、サクです。

久々に、中国輸入実践記をお届けします。

前回の記事で紹介した、サンプル仕入れをしたチュニック。

商品ページの作成が完了し、代行業者へ発注&FBA倉庫への納品を依頼。

前回は商品が届くまで2週間以上かかったので少し心配でしたが、

配送状況

今回は大きなトラブルも無く、12/25に中国から発送され、12/28には無事にFBA倉庫(藤井寺FC)へ納品となりました。

サク
無事に年内に納品されたし、ココから商品ページ育てていくぞー!

と意気込みつつ、その日は家族で出かける予定があったので、夜自宅に戻ってからセラーセントラルをチェックすると、

Amazonセラーセントラルの販売状況

サク
アレ・・?4商品も注文が入ってる・・?

納品された当日なので、当然ですが商品レビューはゼロ。1日中外出していてパソコンも触れていないので、広告も一切回していません。にもかかわらず、販売開始当日に4商品も売れるって・・・

夜に時間が空いてから広告を設定しようと思っていたんですが、とりあえず様子見。

で、次の日にまたセラーセントラルをチェックすると。

サク
昨日よりも売れてる・・

もう訳がわかりませんが、とりあえず売れていることは確か。で、今回は初回納品だったので全バリエーションをトータルして「40商品」しか発注していなかったんですよ。

このペースで売れると、年明け早々に在庫切れは確定。

ということで、在庫切れを防ぐために『販売価格を 2480円⇒2980円』に変更。

販売ペースが多少落ちても、在庫切れになるよりはマシか。と思っていたんですが、

Amazonセラーセントラルの販売状況

2980円にしても売れる!というか2480円の時よりも注文ペースが上がってる!

えーい、もう売れなくてもいいから3480円にしちゃえー!ということで、更に500円値上げをしてみましたが、、

Amazonセラーセントラルの販売状況

販売ペースは更にアップ(笑) キャプチャを取り忘れましたが、一時的に小カテゴリでランキング3位までランクアップ!

その後、あまり人気が無いバリエーションンだけが売れ残り、1/5時点で残りの在庫は4個と、在庫切れだけはギリギリで防ぐことができています。

1/19~2/3まで中国は旧正月に入ってしまい、その間は追加発注ができなくなるので、

中国代行業者へ追加発注

少し多めに20万円分を発注済み。どんなに早くてもFBAへ反映されるのは1/12前後ってところかなー。うーん、嬉しい誤算ですが売れ筋商品の在庫をすぐに補充できないのは、なんとももどかしいですね(笑)

この商品は、最終的には2980円で販売する予定だったんですよ。

ただ、レビューが少ないうちは2980円で売るのは難しいだろうということで、

  1. 2480円
  2. 2780円
  3. 2980円

と、レビューが増えてきたところで、段階的に販売価格を上げる予定でした。

ところがレビューが1件も入っていない状態でも、2980円どころか3480円でもバンバン売れる結果に。

もちろん、商品選定もメチャクチャ時間をかけたし、サンプル仕入れで品質もチェック済み。商品画像・商品紹介コンテンツも、これまでとは比較にならないほどガッツリ作りこんだので、ソコソコ自身はありましたが。

まさか、レビューゼロの状態でカテゴリランキング3位をゲットできるとは、これっぽっちも考えていませんでしたね。

『Amazonはレビューが無いと売れない』という固定観念が、音を立てて崩れる瞬間でした。

追加納品した後に、今と同じペースで売れるとは限りませんが、仮に1日に5件受注できたとして、

『1日5注文×30日=月間150注文』

少し低めに見積もって、1商品あたりの利益1000円と考えても

『150注文×1000円=月利15万円』

誰にも邪魔されず、完全独占販売で月利10万オーバー。※代行業者の手数料や関税などを引いた後の純粋な利益です。

うーん、スゴイ。中国輸入を再開してからたったの2商品目で、こんなヒット商品に巡り合えるとは。

まぁまぁ、この後に悪いレビューが入って販売ペースが落ちるかもしれないし、あまり売れすぎて質の悪い中国人セラーに目を付けられるもの嫌なので、カテゴリランキング1は狙わずに、コッソリと売り続けます(笑)

追加納品完了後の販売ペースについては、またブログにアップしますね。

ということで、中国輸入の現状報告でした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる