JANコードの作成方法を解説!【エクセル/かんたん自動生成シートプレゼント】

JANコードの作成方法を解説!【エクセル/かんたん自動生成シートプレゼント】
プロフィール
サク
サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ >
■無料メルマガはコチラ >

※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。

女性
JANコードって、どうやって作成すればよいのかな?※GS1事業者コードは取得済みです。

この記事では、こんな疑問にお答えします。

JANコードを生成するには、流通システム開発センターから貸与されたGS1事業者コードの他に、

  • アイテムコード(事業者が自分で採番)
  • チェックデジット(既定の計算式で算出)

これらを組み合わせて、自分でJANコードを生成する必要があります。

男性
ん..なんか難しそうだし、めんどうくさそうだね。。

はい、正直面倒くさいです(笑)なので、JANコードを自動で生成してくれるエクセルシートを作成しました。

JANコード自動生成シート

シートはこの記事を読んでくれているあなただけに無料でプレゼントするので、ぜひ使ってみてください!

目次

JANコード自動生成シートの使い方

シートは↓からダウンロードしてください。

JANコード自動生成シート

シートの使い方は簡単です。シート内の水色のセルにあなたが取得した『9桁のGS1事業者コード』を入力してください。入力するとチェックデジットを自動計算し、JANコードが出力されます。

JANコード自動生成シート

アイテムコードは『001、002、003、』という順番で自動で割り振られるようになっています。右側の空いたセルに、Amazonの商品名やASIN・SKUなどを入力しておくと管理しやすくなりますよ。

※シートのご利用について
このシートは標準タイプの13桁のJANコード(9桁の事業者コード)に対応して作成されています。短縮タイプ(8桁)のJANコードやそのほかのコードには対応していないのでご注意ください。
また、このシートのJANコード生成方法が誤っていたとしても、当方では一切責任は持ちません。ご利用は自己責任でお願いいたします。

気になる方はシートで生成したJANコードが正しいかどうか、流通システム開発センターのサイトで確認してからご利用くださいませ。

⇒ チェックデジットの自動計算入力フォーム

まとめ

シートを使ってみて、もし不具合などあれば可能な限り修正させていただきます。↓のリンクから『サク公式LINE』へ登録し、ご連絡をお願いします!

『サク公式LINE』へ登録する >

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる