食品せどりの申請方法!【最新版!審査を通過する方法】

リボンのマカロニの画像です。

ABOUTこの記事をかいた人

サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ
■無料メルマガはコチラ

    Amazonで食品を販売するためには、
    「カテゴリ申請」が必須です。

    この記事では、「カテゴリ申請」の審査を通過する方法をお伝えします。

    食品のカテゴリ申請は、
    年々突破が困難になっていると話題になっています。

    たしかに、一昔前と比べると困難になっています。
    (以前はレシートの提示のみで許可がもらえました。)

    しかし、不可能なことではありません。
    むしろ、必要な手順を踏めば、誰でも許可をとることはできます。

    まずはこの記事を読み、その通りに実践してみてください。

    食品カテゴリ申請に必須な3つの条件

     

    申請には、以下の3つの条件がそろっていなければなりません。

    1. 大口出品者であること
    2. 特定商取引法に基づく表記が記載されていること
    3. 請求書を提出すること

    1.大口出品者であること

    Amazonの出品者には2種類あります。

    ・大口出品者

    ・小口出品者

    もし、あなたが小口出品者の場合、または、
    これから食品せどりをはじめようと思って登録をする場合は、
    必ず大口出品者に変更、または登録をしてください。

    大口出品者への登録方法・小口から大口への変更方法はこちら↓

    大口と小口の違いについてもまとめてあります。

    2.特定商取引法に基づく表記が記載されていること

    堅苦しい響きですが、単にあなたの店の名称や、
    自宅または事務所の住所などの情報のことです。

    これは、セラーセントラルから簡単に記載することができます。

    すでに記載している方が多いかと思いますが、
    念のため記載されているかどうか確認してみてください。

    やり方↓

    ●セラーセントラルの右端の「設定」をクリック

    セラーセントラルの「設定」の場所を説明した画像です。

    ●「出品者のプロフィール」をクリック

    「出品者のプロフィール」の場所の説明です。

    ●必要事項を記入して「保存」をクリック

    これで特定商取引法に基づく表記の登録・変更・確認ができました。

    3.請求書を提出すること

    食品カテゴリ申請の際、多くの方はここでつまづいてしまします。

    請求書は、レシートや領収書、納品書とは違います。

    請求書を取得するための手順は別の記事で解説しておりますので、
    こちらをご覧ください↓

    以上の3つの必須条件をクリアできれば、準備は万端です。

    早速Amazonに申請を出しましょう。

    カテゴリ申請の出し方

    どこから申請を出していいかわからない方は、
    セラーセントラル右上の検索窓から、「カテゴリー申請」と検索しましょう。

    検索窓の位置の説明画像です。

    するとこのような画面がでてくるので、
    「出品申請」をクリックします。

    出品申請の場所の説明画像です。

    そこから商品を検索し、登録しようとしてみてください。

    以下のような質問の画面になるはずですので、
    画像の通りに回答して、次に進んでください。

    商品要件の回答の仕方の画像です。

    次に進むと、請求書をアップロードする画面になります。

    請求書のアップロード画面の説明画像です。

    「同意します」「所有している店舗または事務所の会社住所」をクリックして、
    住所を入力します。

    申請内容の送信画面の画像です。

    メールアドレスと電話番号を記入して、「申請内容の送信」をクリック。

    以上で、申請は完了です。

    しかし、まだ気を抜いてはいけません。
    申請すると24時間以内(場合によっては数日以内のこともあるようです。)に、
    Amazonから電話がかかってきます。

    多くの方は申請後すぐか数時間以内に電話がきているようです。

    この電話には必ず出るようにしましょう。

    電話に出られなかった場合、このようなメールがきて、
    申請が一旦見送りになります。

    すぐに折り返せば対応してくれる場合もありますが、

    確証はないので、二度手間をさけるためにも、
    すぐに出られるようにしておきましょう。

     

    おそらく、番号:011-330-3000(Amazonのカスタマーサービス)から
    かかってくると思います。

    何を聞かれるのか不安だと思いますので、
    電話で聞かれることと対応例をまとめました。

    その通りに対応すれば問題ありませんので、安心してください。

    こちらの記事です↓

    あとはAmazonからのメールを待つだけ

    おつかれさまでした。
    無事に電話が終わったら、あとはAmazonから審査結果のメールを待つだけです。

    このメールは、数分~数時間以内に届くことが多いようです。

    こんな文面のメールが届きます。

    カテゴリ申請の審査結果メールの画像です。

    おめでとうございます!

    これで無事に商品が出品できるようになりました!

    許可がとれたら次のステップに進もう

    食品カテゴリへの出品許可がとれ、喜びもひと段落したら、
    早速次のステップに進みましょう。

    それは

    • 要期限管理商品の出品許可
    • 危険物商品の出品許可

    この2種類の許可を取ることです。

    次のステップは食品カテゴリー申請に比べたらとても簡単です。

    よかったら、こちらの記事を参考にしてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)