【せどり攻略!】FBAマルチチャネルサービスを使ってみよう!の巻

マーブルチョコ

ABOUTこの記事をかいた人

サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ
■無料メルマガはコチラ

公式LINEマガジンの
登録はコチラから >

※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。

    前回は、FBAマルチチャネルサービスとはどんなものなのか、
    具体的に説明しました。↓

    今回は、実際にFBAマルチチャネルサービスを使ってみよう!

    となった時に、役立つ情報をお伝えします。

    まずは無地段ボールの申請をしよう!

    ダンボール

    FBAマルチチャネルサービスを利用すると、
    アマゾン以外でもアマゾンの在庫が販売できるという、大きなメリットがありますが、

    それがそのままアマゾンのダンボールで届いてしまうと、
    購入者が不安を感じてしまう可能性があります。

    そのため、FBAマルチチャネルサービスを利用するときは、
    無地のダンボールで送ってもらうよう、Amazonに事前に申請しておくことをオススメします。

    早速申請してみましょう。↓

    アマゾンのヘルプページにアクセスする

    まずはこちらのページにアクセスします。↓

    「こちら」をクリック

    ページの真ん中あたりに「こちら」という文字があるので、そこをクリックします。

    こちら

    メールを送る

    すると、宛先メールアドレスと、メールのテンプレートが表示されますので、
    コピーして、赤枠の部分に入力したら、そのまま送信します。

    無地ダンボールの設定

    これで申請は完了です。
    早ければ翌日には、アマゾンから「無地ダンボール利用開始のお知らせ」というメールが届きます。

    無地ダンボール設定時の注意点

    ポイントのイメージ画像です。

    無地ダンボールの設定には、覚えておいてほしい注意点があります。

    こちらの記事にかなり詳しく書きましたので、
    しっかり把握したい方はこちらへどうぞ。↓

    とりあえずざっくりでいいという方は、この2点です。↓

    【無地段ボール設定の際の注意点】

    • 利用できるFCが限られる。
    • それ以外のFCにある在庫は一度返送する必要がある。

    利用できるFCが限られる

    無地ダンボールを利用できるFCは、以下に限られます。(2017年4月3日現在)

    【無地ダンボールを利用できるFC】

    • 小田原FC(神奈川 FSZ1)
    • 多治見FC (愛知 NGO2)
    • 川島FC(埼玉 HND3
    • 大東FC(大阪 KIX2)
    • 川越FC(埼玉 NRT5)

    それ以外のFCにある在庫は一度返送する必要がある

    これから納品する場合は、
    自動でこれらのFCに振り分けてくれるので問題ないのですが、

    すでに納品されている商品で、これらのFC以外に在庫されている商品の場合、

    一度返送して、無地ダンボール対応FCに再納品しなければ、無地のダンボールは使えません。
    その分余計に費用がかかってしまうので、注意してください。

    実際にFBAマルチチャネルサービスを使ってみる

    配送のイメージ画像です。

    無地ダンボールの申請が終わって、対応FCに在庫を納品したら、
    マルチチャネルサービスを使って商品をAmazonから発送してもらいましょう。

    セラーセントラルにアクセスします。

    在庫→FBA在庫管理をクリック。

    FBA在庫管理

    FBAマルチチャネルサービス依頼内容を新規作成。

    送りたい商品を選択して、「FBAマルチチャネルサービス依頼内容を新規作成」を選択後、
    「Go」をクリックします。

    複数の商品を選択することもできます。

    FBAマルチチャネル依頼作成

    必要事項をフォームに入力。

    フォームに従って、住所などを入力していきます。

    詳細内容を入力

    氏名

    氏名には、敬称略で入力しましょう。
    「田中 太郎 様」と入力してしまうと、
    実際の表記が「田中 太郎 様 様」となってしまいます。

    顧客のEメールアドレス

    「顧客のEメールアドレス(発送通知用)」という欄に入力したアドレスには、
    このようなメールが届きます。↓

    マルチチャネル発送通知

    ここに、送り状番号も書かれていますので、必要な時は入力しておきましょう!

    コメント

    このコメントは、納品書に印刷されます。
    ただ、150文字しか書けません。
    書いてみるとわかりますが、150文字って結構短いです。

    購入者へのお礼や、連絡先、Amazonから発送されている旨・・・なーんて、
    とてもじゃないけど全部収まり切りません。

    そんな時、追加で250文字書く方法があります。(次の項目で紹介)

    150文字で十分という場合は、このまま進みましょう。

    内容を確定する

    フォームに従って進んでいって、最後に「内容を確定」をクリックすると、
    こんな感じで依頼が完了します。

    マルチチャネルサービス依頼完了

    コメントをもっと書きたいなら・・・

    記入するイメージの画像です。

    コメントをもっと書くには、セラーセントラルからこのように設定します。

    設定→FBAの設定へと進む

    セラーセントラルトップページの右上にある設定から、FBAの設定をクリックします。

    「FBAの設定」の場所

    マルチチャネルサービスの設定を編集する

    少しスクロールすると、「マルチチャネルサービスの設定」というのがあるので、
    「編集」をクリックします。

    マルチチャネルサービスの設定

    コメントを入力する

    ここで、コメントを250文字まで入力することができます。
    また、出品者名も変更することができるので、必要な方は変更しておきましょう。

    納品書の設定画面

    出品者名は、何も設定していない場合はショップ名になるようです。

    納品書のこの部分。↓

    納品書

    記入が終わったら、「更新」をクリックすれば設定完了です!

    これで、コメントを自由にカスタマイズできますね。

    最後に

    FBAマルチチャネルサービスは、
    普段FBAを利用していれば商品1点から気軽に使うことができるサービスです。

    ですが、発送元の表記がアマゾンだったり、納品書もアマゾン仕様だったりと、
    どうしてもアマゾンから送られてきたことを完全に隠すことはできません。

    なので、もし、その商品をアマゾンよりも高値で販売した場合、
    キャンセル、またはクレームにつながる可能性があります。

    そのため、販売するときは、

    アマゾンに合わせた価格または、アマゾンより少し値下げした価格

    が理想です。

    • 大量仕入れで在庫があふれている
    • 高利益だけど売れるまでに3カ月以上かかりそう

    そんな商品は、マルチチャネルを活用して、上手に販売すると、
    どんどん利益につながりますよ!

    FBAマルチチャネルサービスをしっかり理解して、賢く活用していきましょう。

    今回は、
    FBAマルチチャネルサービスの使い方~使う時にしておくべきことについてお伝えしました。

    前回の記事では、FBAマルチチャネルサービスそのものについて、
    より詳しく解説していますので、まだ読んでいない方で、このサービスについて理解を深めたい方は
    ぜひ参考にしてください。↓

    このブログがあなたのお役に立てば幸いです。

    それでは。

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    サク

    北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

    ■詳しいプロフィールはコチラ
    ■無料メルマガはコチラ

    公式LINEマガジンの
    登録はコチラから >

    ※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。