FBA納品先は指定できる!アマゾンせどりに活用したいテクニック

固定する

ABOUTこの記事をかいた人

サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ
■無料メルマガはコチラ

公式LINEマガジンの
登録はコチラから >

※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。

    商品をFBAに納品するとき、
    納品先のFCがバラバラに指定されることがあります。

    これは、Amazonが全国各地のFCの、在庫バランスをみて、
    そのつど自動で振り分けているからです。

    また、商品区分によっては、もともと納品先が限定されているものもあります。

    FBAまでの送料を考えると、
    できるだけ近いFCに納品したいと思いませんか?

    意外と知らない方もいるのですが、
    納品先FCは申請すれば指定することができます。

    今回は指定するメリットやデメリット、指定方法などについてお伝えします。

    納品先FCが決まっている商品

    納品先FCは、おおまかにこのように振り分けられています。(2017年3月24日現在)

    FBA納品先FC一覧

    ファッション商品はすべて川越ですが、
    それ以外の商品は、大きさによって各地のFCに振り分けられるとういことですね。

    納品先を指定するとどうなる?

    冒頭でもお伝えしたように、これらの納品先は、申請すると好きな場所に固定することができます。
    もちろん、メリットとデメリットがありますので、それぞれ見ていきましょう。

    納品先を指定するメリット

    1.FBAまでの送料が安く済む!
    なにかを運ぶイメージ画像です。

    もし、納品したい3つのダンボールが別々のFCに振り分けられてしまった場合、
    それぞれに送料がかかります。

    納品先を指定すると、全て同じFCに送れるため、
    配送会社を賢く選べば大幅に送料を削減することができます。

    また、自宅や事務所が関東圏なのに、関西や九州のFCに送らなければいけない・・・
    なんてこともなくなります。

    2.作業効率があがる!

    送る箱が数個程度ならいいですが、5個以上になってくると、
    どの箱をどのFCに送るのか、戸惑うことがあります。

    そのうえ、うっかり間違えて違うFCに商品を送ってしまったら手続きがめんどうです。

    納品先を指定すると、作業効率があがる上に、
    このようなミスのリスクもなくなります。

    納品先を指定するデメリット

    1.指定するためのお金がかかる

    Amazonとしては、購入者のために商品をバランスよく各FCに配置したいところ、
    こっちのわがままでFCを固定させてもらうので、

    もちろん無料ではやってくれません。

    1商品ごとに料金がかかります。
    具体的には以下の通り。↓

    【納品先指定オプション料金】

    小型商品5円
    標準商品8円
    大型商品9円

    このように、商品のサイズごとに値段が決められています。

    2.自然災害時に在庫が全滅する場合もある

    地震などの災害時、1つのFCのみに在庫がかたよっていると、
    そのFCが機能しなくなると、商品が一切販売できなくなることがありえます。

    実際に、熊本の震災のとき、鳥栖FCは完全停止状態でした。

    指定する際の注意点

    ポイントのイメージ画像です。

    このように、納品先の指定にはメリット・デメリットがあります。
    そのため、あなたが販売している商品の大きさや個数、日々の作業量などによって、
    指定するかどうか検討してみてください。

    よし、指定しよう!と思った方のために、
    これから指定するための申請方法をお伝えします。

    が、その前に、2点だけ注意点があります!

    1.FBA納品時送料無料キャンペーンと併用不可!

    2017年2月1日~2017年12月31日までの期間で、
    FBAまでの送料が無料になる!という素晴らしいキャンペーンが開催されています。

    原則、納品先を指定しているとこのキャンペーンを利用することができなくなってしまいます。

    2.無地ダンボールは利用できるFCが限定される!

    マルチチャネルサービスの出荷に、無地段ボールを指定している場合は、
    無地段ボールで発送してくれるFCが以下のFCに限られています。↓

    小型・標準サイズ:小田原FC(FSZ1)
    大型サイズ:川島FC(HND3)または大東FC(KIX2)

    それ以外のFCを指定すると、無地段ボールの設定が自動で解除されてしまいます。

    そのため、購入してくれた人が、
    楽天で商品を購入したのにAmazonって書いてある箱が送られてきたぞ!?

    となりかねませんので、注意してください!

    納品先を指定するには?

    では、申請方法です。

    こちらのページから簡単に指定の申請ができます。↓
    (Amazonのページに飛びます。)

    ポチポチっとフォームに入力するだけなので、
    すぐにできると思います。

    おすすめの指定先FC

    指定先として、おすすめのFCは、

    鳥栖FCです。

    もう一度この納品先の表をみるとわかりますが、
    小型・標準・大型、ファッション以外のすべての商品を受け入れているのがこのFCのみだからです。

    FBA納品先一覧2

    この2か所、いずれかに指定すると、サイズごとに分ける必要がなくなるため、
    納品がとても楽になります。

    ただ、場所が佐賀県なので、悩みどころではありますが・・・。

    FC指定は、あなたのせどりの状況に合わせて、上手に活用していきましょうね。

    この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    サク

    北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

    ■詳しいプロフィールはコチラ
    ■無料メルマガはコチラ

    公式LINEマガジンの
    登録はコチラから >

    ※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。