【重量制限注意!】FBAで受領可能な輸送箱(ダンボール)の重量が15キロまでに制限されました【コロナ対策】

【重量制限注意!】FBAで受領可能な輸送箱(ダンボール)の重量が15キロまでに制限されました【コロナ対策】

ABOUTこの記事をかいた人

サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ
■無料メルマガはコチラ

公式LINEマガジンの
登録はコチラから >

※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。

    どうも、サクです。

    Amazon FBA倉庫で受領できる輸送箱(ダンボール)の重量が15キロまでに制限されたようです。※通常、標準・小型サイズは30キロまでOK。

    出品者様
    平素はフルフィルメント by Amazonをご利用いただきありがとうございます。

    従業員の健康と安全を守り、社会的距離に関するガイダンスを引き続き順守するために、FBA納品において1梱包あたり15kgを超える輸送箱の受領に関する制限を一時的に変更させていただきます。

    この変更は2020年4月27日から有効になり、終了する際にはあらためてお知らせいたします。

    1梱包あたりの重量が15 kgを超える場合は、複数の梱包に分けて1梱包あたりの重量を15 kg以下に制限してください。既に納品プランを作成し、4月27日より前に発送済みの梱包については、重量が15 kgを超える場合でも、保健当局のガイダンスに従いつつ、これらの梱包を受領いたします。まだ発送していない場合は、重量が15 kgを超える梱包の納品プランをキャンセルしていただき、上記の制限に合わせていただくようお願いいたします。

    15キロ以上のダンボールを二人以上で運んでしまうと『密』状態になるというのが理由のようです。※ソーシャルディスタンスを確保できない

    この連絡がくる前日に納品プランを作成し、中国から大量の商品(ダンボール16箱)をFBA倉庫に発送していたので、

    サク
    受領拒否されたら、全部自宅に戻ってくるのか….(置く場所が無い…)

    さすがにそれはキツイので、詳細をテクニカルサポートへ確認してみました。

    すでに納品プランを作製/郵送済みの商品は受領できる可能性が高い

    男性
    案内が来る前に納品プランを作成して、もう発送しちゃったものはどうなるんでしょう?

    テクニカルサポートへ確認したところ、

    Amazon
    原則として、すでに発送済みの納品につきましては、受領させていただくように動いております。

    とのことでした、ふー。。。ただし、

    Amazon
    あまり発生しない予定ではありますが、作業者が一定の距離をとっての受領が困難となる場合のみ返送させていただく場合があるとのことで報告を受けております。

    返送される可能性はゼロではありませんが、まず大丈夫ではないかと思います。

    単体で15キロ以上の商品は?⇒納品済みの場合は一時的に出品が停止される

    女性
    1つ15キロ以上ある商品はどうなるのかしら?

    ココも気になったので確認したところ、

    Amazon
    1商品15kgの商品について納品プランの作成ができないように制限がかけられており、納品済みの商品は一時的に出品が停止されます。

    大型商品って単価が高いケースが多いので、販売機会が損失されるのはダメージが大きいですね。FBA倉庫に保管してある商品を返送することも、マルチチャネルによる発送もできないようなので、大型商品はしばらく塩漬け状態にするしかなさそうです。

    保管手数料は免除される

    ただし、塩漬け状態になった商品の保管手数料は免除されるそうです。

    大型サイズの保管手数料って意外とバカにならないので、これはありがたいですね。

    まとめ

    新型コロナウィルスが収束する気配は一向に見えないので、Amazonの『ダンボール重量15キロ制限』もしばらくは続きそうです。

    納品を拒否された結果、『FBA倉庫へ送った送料+返送時の送料(着払い)+再納品の送料』と、正しく納品した時と比較して『3倍の送料』がかかってしまうのはダメージが大きいです。

    • 自分で納品している方 ⇒ 小型のダンボールを用意しておく
    • 納品代行を利用している方 ⇒ 担当者に一言報告をしておく

    出来る限りの対策は早めに行っておきましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    サク

    北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

    ■詳しいプロフィールはコチラ
    ■無料メルマガはコチラ

    公式LINEマガジンの
    登録はコチラから >

    ※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。