LINE登録で〝無料 Amazonせどりツール〟プレゼント中 ↓タップしてダウンロード↓

中国輸入でやること一覧

1
事前準備(自分でやる)
中国輸入の概要/専門用語/各種サイトの確認、拡張機能インストールなどを行います。
 
 
2
商品リサーチ/市場調査(自分でやる&ツールを使う)
Amazon/楽天などで販売されている商品を参考に、どの商品/市場に参入するかをリサーチしていきます。中国ECサイトからの仕入れ原価、Amazon販売時の想定利益額などもこの時点で計算します。
 
3
サンプル仕入れ(中国輸入代行業者に依頼)
販売する商品が決定したら、商品の品質をチェックするためにサンプル仕入れを行います。中国商品は極端に品質が悪いケースもあるので、販売前の品質チェックは必須です。
 
商品発注は全て『中国輸入の代行業者』を通じで行います。代行業者とのやり取りは全て日本語で行うので、中国語が読めない&話せなくても全く問題は無いです。
 
4
本発注(中国輸入代行業者に依頼)
品質に問題が無ければ、実際に販売する商品を発注しましょう。
 
商品発注は全て『中国輸入の代行業者』を通じで行います。代行業者とのやり取りは全て日本語で行うので、中国語が読めない&話せなくても全く問題は無いです。
 
5
商品ページ作成(デザイナーへ依頼)
本発注と並行して、Amazon商品ページの作成に進みましょう。
 
商品画像はココナラ/クラウドワークスなどの外注募集サイトを使って、デザイナーへ依頼する方法が一般的です。
 
私も商品画像作成は自分では一切行わず、全て外注さんにお願いしています。
 
 
6
FBA倉庫へ納品/販売スタート(中国輸入代行業者に依頼)
Amazon商品ページの作成が完了したら、商品をFBA倉庫へ納品し販売をスタートしましょう。
 
商品は、中国代行業者から直接FBA倉庫へ納品するので、自宅に大量の商品を保管する必要はありません。
 
7
広告運用/商品レビュー集め(自分でやる)
販売がスタートした後は、Amazon広告の運用と商品レビュー集めに注力しましょう。