実家で起きた本当の話。ストレスが解消されて、母の体調が劇的に回復しました。

驚く男性

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。

・メーカー直仕入れ
・問屋仕入れ
・アパレル無在庫販売

など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。家族との時間が一番大切なイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

どうも、サクです。

 

先日、久々に家族3人で私の実家に帰省したんですが、その時にちょっとビックリした出来事がありました。

 

今年で70歳になる私の母親が、ある出来事をキッカケに体調を崩してしまったんですが、これまたある出来事をキッカケに、信じられないほど劇的に体調が回復する!という、チョット信じられない事件があったんですね。

 

これって、誰に身にも起きる可能性があると思ったので、ブログで紹介してみようと思います。

 

サクの実家

 

私の実家は「北海道札幌市」の隣にある「小樽市」という観光で有名な街です。

 

観光名所の小樽運河

小樽運河

小樽運河

街中はまぁまぁ栄えていますが、私の実家は小樽市の中でもかなり端っこの方で、家から一番近いコンビニまで「歩いて30分!」はかかるほどのド田舎にあります。(笑)

 

家の裏には大きな山がある、静かで住みやすいところです。ただ、お店が少ないので店舗せどりには向いていないかなー。

 

小樽で店舗せどりをやっている方がいれば連絡ください!一緒にご飯を食べにいきましょう!

 

実家で起きた「とある事件」

 

サク家の家族構成は、

  • 長女
  • 次女
  • サク

という5人家族です。姉二人は20台前半で早々に結婚して家を出ていき、父親は14年前に亡くなったので、その後は母と私二人で2年ほど暮らしていました。

 

その後、私も転職のために12年ほど前に家を出たので、それ以降は実家では母が1人で暮らす時期が続いていました。

 

で、今から4年ほど前だったと思うんですが、長女が離婚して「子供3人+犬1匹」を連れて実家に戻ってきたんですね。母は孫のことは大好きなので、まぁ良かったんですが。

 

問題は「犬」

ミニチュア・ダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンド

 

 

私の母は動物があまり好きではなく、自分の家で動物を飼うなんてもってのほか!しかも「ミニチュア・ダックスフンド」なので、室内で飼わなければいけないという、母にとってはかなり大きな問題が降ってかかりました。

 

とはいうものの、姉からすれば犬も家族同然なのでどうすることもできず。結局は私の母が折れて、そのまま実家で犬を飼うことに。

 

で、それから約3年が経過した昨年の4月。母親から私の元へ、1通のメールが届きました。

「なんか、腰が痛い・・」

「というか、体全体が痛い・・」

元々、軽い腰痛を持っていた母親ですが、今回の痛みはいつもとは何かが違うと。

 

姉に連れられ、病院に行って色々と検査を受けたのですが、明確な理由は分からずじまい。病院から処方された痛み止めの薬を飲みながら、だましだましの生活が続きました。

 

母は今年で70歳になるんですが、これまで大きな病気をしたこともなく、70歳にしてはかなり元気だったんですよ。片道30分かかるコンビニまで「散歩がてら行ってくる!」と歩いて行っちゃうくらい、とても元気な母親でした。

 

それが、いきなり全身を襲う激痛で歩くこともままならず、これまでできていたことが全くできなくなったショックから、精神的にもかなり落ち込み、みるみるうちに弱々しくなってしまいました。

 

「このまま、寝たきりになっちゃうかもね。」と、長男として今後のことを妻と一緒に本気で考えつつ、母の容態は調子が良い時もあれば、悪い時もあるという感じで、まただましだましの生活が続いていました。

 

体調が劇的に回復したキッカケ

 

そんな状況が続いていた今年の1月。実家である事件が起こりました。

それは「飼っていた愛犬が亡くなったんです」
※14歳でした。

ミニチュア・ダックスフンドの寿命は「平均寿命は13歳~16歳」と言われているので、ちょうど平均寿命と同じくらいでした。

 

札幌にあるペット霊園で火葬をして、そこから2か月ほどが経過した先日、久々に実家に帰ってみると・・・

 

「母親の体調が、驚くほど劇的に回復していました!」

回復

回復

あれほど辛かった全身の痛みもほとんどなくなり、10メートルを歩くこともままならなかったハズが「片道30分かかるコンビニ」を普通に往復できるほど、劇的に回復していたんです! 体調が悪くなる前よりも元気になったんじゃないか?というくらい。(笑) 

 

毎日大量に飲んでいた痛み止めも、今は全く飲んでいないとのことでした。

 

全身を襲った痛みの原因は「ストレス」だった

 

色々な病院に行っても、正確な症状が分からなかった全身の痛みですが、その原因は「ストレス」でした。

 

動物嫌いの母親にとって、家の中で犬を飼うということは、私たちが想像するよりも大きなストレスになっていたようです。ずーっと我慢して生活していましたが、その生活が3年も続いたある日、ストレスが爆発して、全身の猛烈な痛みという明確な症状として表れてしまったようです。

 

人間って極度のストレスを受けると、体に色々な症状が現れるといいますが、今回の事件にはそれをまざまざと見せつけられましたね。

 

色々な治療を受けても、たくさんの薬を飲んでも、一向に回復することが無かった母親の症状が、ストレスの原因がなくなっただけで一瞬で回復するんだから、本当にストレスって怖いなーと。

 

私は今の仕事に対して、ほとんどストレスを感じることは無いんですが「毎日育児で頑張っている妻」には、もっとサポートしてあげないといけないなと、改めて実感させられた今回の事件でした。

 

みなさんも、ストレスにはくれぐれもお気をつけください。

 

愛犬が亡くなったことは残念ですが、母親の体調が回復して本当に良かった!
※こりゃ、まだまだ長生きするな。(笑)

 

それでは。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です