食品せどり 要期限管理商品の取扱い停止のご連絡

頭を抱える

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。

・メーカー直仕入れ
・問屋仕入れ
・アパレル無在庫販売

など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。家族との時間が一番大切なイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

 

食品せどりやドラッグストアせどりなどの
要期限管理商品を扱っている方なら
この記事のタイトルにドキッとしたハズです。

 

商品に「消費期限」が記載されている
要期限管理商品は

 

FBA倉庫へ納品する際のルールを破ると
Amazonから警告が来て、FBA倉庫への
納品が一時的に停止される場合があります。

 

実際に私も1度だけ停止された経験があって、
その時にやってしまった商品は

【ビン製品】ですね。

具体的にいうとこちらの商品です。

キュリオスティーコーラ

 

Amazonからの指摘はこちら。

「違反内容:
 外箱から期限記載の確認がとれませんでした」

 

仕入れた商品が1本ずつプチプチにまかれた状態で
オフィスに届いていたので、

 

スタッフの女の子が
そのプチプチの上からラベルを貼って
納品していたみたいです。

 

その方法で5回くらい納品していて
今まではなんともなかったんですが、
6回目にして、初めて指摘がきたと。

 

「桜庭さん、
 本当にすいませんでした・・・」

スタッフの女の子、激ヘコミでした。(笑)

 

まぁ、
やってしまったことはしょうがないので、
次から気を付けてもらえれば全然OK!

 

その当時は、
要期限商品の納品が停止されてしまうと、
Amazonが用意した、

「オンライントレーニング」を受講しないと

納品の権限が復活することはありませんでしたが、

 

2017年4月19日のAmazon規約変更により
このトレーニング自体がなくなってしまったので、
納品不備があった場合も、テストを受ける必要はなくなりました。
※賞味期限切れを納品など、重大な違反の場合は別のようです。

 

規約変更の詳細については
こちらの記事にまとめてありますので
参考にしてくださいね。

2017年4月19日:要期限管理商品のFBA運用ルール変更のまとめ
2017年4月19日より、要期限管理商品のFBA運用ルールが変更になりました!変更点は3点ほど。今回の変更は、せどらーにとってはプラスの変更ですね。どのように変わっ...

 

今後、トレーニングを受ける必要がなくなったと言っても
納品ルールを何度も破ってしまうと、
権限がはく奪されてしまう可能性は当然あります。

 

Amazonのルールをしっかりと守って、
楽しく、食品せどりを実践していきましょう!

 

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です