Amazonせどりリサーチ:無料ツールでライバルの在庫数を秒速把握!

ツルイメージ

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。4歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

 

商品をリサーチをするときに重要なことは物によって様々ですが、
大事な視点の一つに、

「ライバル出品者の在庫数がどのくらいか」

というのがあります。

ツールなしの場合、ライバル出品者の在庫数は、
その商品を実際にカートに入れてみないとわかりません。

やってみるとわかるのですが、
リサーチするたびにカートに入れて確認して・・・を繰り返すのは

ものすごく面倒です。

今回は、そんな面倒な作業をやらなくてもすむように、
ライバル出品者の在庫数が秒速で表示されるようになる無料ツールを2つご紹介します。

2つともGoogle Chromeの拡張機能ですので、
これからせどりをはじめようと思っている方で別のブラウザを使っている場合は、
はやめにChromeに切り替えて、操作に慣れてしまいましょう。

Chromeを導入する↓

パソコン版 Chrome
Google Chrome は、最新のウェブ環境に対応した高速で安全な無料のウェブブラウザです。パソコンでぜひご利用ください。

せどらーご用達拡張機能 Keepa

これはもはや説明が不要かもしれないと思うくらい、
せどらーの間では有名なツールです。

Keepaを使うと、簡単な設定一つでライバルの在庫数が一目瞭然になります。

Keepa導入・設定した後に、いつも通りAmazonを開くと、
こんな表記が現れます。

見慣れた出品者一覧のページに・・・

ライバルの在庫数が表示された!

小さく「4点」「6点」と表示されています。

これが、その出品者の在庫数です。

「便利!」と思ったら、早速Keepaを導入・設定しましょう。

Keepaの導入・設定方法

Google Chromeで、このページにアクセスします。

Keepa - Amazon Price Tracker
Adds price history charts and the option to be alerted on price drops to all Amazon sites.

Googleで「keepa」と検索しても、おそらく一番上にでてきます。

アクセスしたら、右上の「CHROMEに追加」をクリック。

keepaを追加

これだけで、導入は完了です。

あとは、在庫数が表示されるように設定するだけです。

とりあえずなんでもいいので、Amazonの商品ページに行ってみましょう。
Keepaを導入したことで、勝手にこんなのが表示されるようになっていると思います。

keepaのグラフ

Keepaには、在庫数を表示させる以外にも、
せどりに活用できる便利な機能が備わっていて、
モノレートがうまくつながらない時は、この表がモノレートのかわりにもなってくれます。

Keepaの機能については、また別の機会にお伝えしますね。

ライバルの在庫数を表示させるために、この画面の中の「設定」をクリックしましょう。

アドオンの設定の、

「Display product’s stock quantity for some merchants on offer pages」

とう英語になっているところで、「はい」を選択します。

Display product's stock quantity for some merchants on offer pages

以上で設定は終了です。

これで、Amazonのページを開けば、はじめに紹介した画面のように、
あなたのPCでもライバルの在庫数が表示されるようになっているはずです。

Keepaじゃ不十分・・・?

ただ、お気づきの方もいるかもしれませんが、

Keepaだと、なぜか一部の出品者の在庫数が表示されないことがあります。

はじめの画像でも・・・

keepaの欠点

一番下の出品者はなにも表示されていません。

理由はわかりませんが、
Keepaを正しく導入・設定しても、
このように何も表示されないことがあるのが現実です。

そこで、すべての出品者の在庫数をもれなくチェックできるように、
追加でもうひとつ無料のツールを導入しておきましょう。

イチオシツール Xstock

そのツールが、Xstockというツールです。

Xstockは、特に設定が必要なく、
インストールするだけでしっかり働いてくれます。

XstockもKeepaと同じくGoogle Chromeの拡張機能ですので、
ブラウザはChromeを使いましょう。

Xstockを導入したあとのAmazonの画面はこんな感じに。↓

Xstock導入後の画面

Keepaだけでは表示されていなかった一番下の出品者の在庫も、
ちゃんと表示されていますね。

Xstockの導入方法

Xstockを導入するには、こちらのページにアクセスします。

XStock3
Amazon在庫履歴分析サイト

Keepaと同じく、Google検索で「Xstock」と調べても、一番上に出てくると思います。

「XStock3」と書かれいるページにアクセスできたら、
「CHROMEに追加」をクリックします。

Xstock3をchromeに追加

このような画面がでてきたら、「拡張機能を追加」をクリックしましょう。

Xstock拡張機能を追加

これでXstockが導入できました。

Amazonで適当な商品ページをみてみると、
すべての出品者の在庫数が表示されるようになっているはずです。

このように、KeepaとXstockをダブルで使うことで、
もれなくライバルの状況を確認することができますね。

※目的がライバルの在庫数の情報把握のみの場合、Xstockだけで十分ですが、
Keepaはせどりの基本ツールとも言えるツールで、その他の機能も充実しているので、
導入しておくことをオススメします。

Xstockのさらなる活用方法についてはこちらの記事に記載しています。↓

Xstockの使い方:ライバルの在庫数一目瞭然ツールを使い倒して稼ぐ
商品をリサーチするとき、ライバル出品者の在庫数の把握は非常に重要な要素です。それを知ることができるクロームの拡張機能として、 Keepa Xstockがあります。この2...

さいごに

リラックスしている画像

リサーチの際に、ライバル出品者の在庫数を手動で1つ1つ確認するのは、
できなくはないですが非常に面倒です。

せどりをしていて、このように少しでも「面倒だ」と感じる作業があれば、
たいていのことは他のせどらーも同じように「面倒だ」と感じています。

そして、あなたよりも稼いでいたり、せどり歴の長い誰かが、
すでにその面倒を解決する方法を知っていることがほとんどです。

それは、今回のように無料ツールだったり、
場合によっては有料ツールだったり、様々ですが、

せどりを効率化するためのツール・情報はそこら中にあふれています。

せどりで継続して、かつ、楽に稼ぐためには、
日々「面倒だ」と感じることを、
何らかの手段で少しでも減らしていくための努力をしましょう。

そうすれば、
気づけばお金も時間も自由に使える人生を手に入れているはずです。

今回紹介した「ライバル出品者の在庫数を確認する方法」も、
まだ知らなかった方はぜひ活用してくださいね。

それでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。4歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。