迷ったらコレ!本気でおススメ4大せどりツールの特徴を徹底解説!

色々なアプリ

ABOUTこの記事をかいた人

詳しいプロフィールはコチラ

北海道札幌市在住の1児の父親です。

・メーカー直仕入れ
・問屋仕入れ
・アパレル無在庫販売

など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。家族との時間が一番大切なイクメンです。

■ は?5分で月商300万?リピート仕入れのタネあかしをはじめます。

 

サクです。

 

「サクさんって、どんなせどりツールを使っていますか?」

とよく質問されるので、私が使っているせどりツールについて解説しようかと思います。

 

ツールはいらない?

NO

 

これからツールの話をするのに、こんなことを言ってしまうと身も蓋も無いかもしれませんが、

「私は、電脳せどりのツールは否定派です!(笑)」

メルマガでよく言っているので、一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

 

ココで言うツールというのは、

  • 「アル○○ロス」とか、
  • 「せど〇〇」とか。

一般的に「プレミア商品抽出ツール」と呼ばれるツールの事です。

 

こういったツールって、

  1. ツールを起動
  2. プレ値商品をザーッと眺める
  3. ネットショップで仕入れできない
  4. ヤフオクでも仕入れできない
  5. メルカリでも仕入れできない
  6. 終了
  7. なんとなく、稼げた気分になる!

何も考えずに使ってしまうと、間違いなくこのパターンに陥ります。

 

要は「そのツールを使う目的」が明確になっていないと、使う意味がないってコトです。

そもそも、プレミア商品なんて「どこにも売ってないからプレミア商品」な訳で、

ツールでそんな商品をいくら眺めたって、稼げる訳ないですよね?

 

更に言ってしまうと。

こういったプレ値抽出ツールって、使い方を解説したマニュアルが必ずついてくるんですが、

ほとんどの人が、そのマニュアル通りにしかツールを使わないんです。

 

  • ツールを購入した人全員がマニュアル通りの同じ使い方をして、
  • 全員の画面に、同じ商品が表示されて、
  • 全員がその商品を仕入れて、価格競争になる

これもよくあるパターンです。

 

繰り返しになりますが「そのツールを使う目的」を明確にしないと

ツールを使う意味はないので、その点は注意してくださいね。

 

 

ということで前置きが長くなりましたが、

実際に私が使っている(過去に使っていた)ツールで

おススメできるものを紹介していきます。

 

おススメせどりツール① 電脳ブレイントラスター

電ブレ

1つ目のツールは「電脳ブレイントラスター」(通称「電ブレ」)

これはヤフオクを攻略するためのツールですね。

 

イメージは「ヤフオク全商品を全頭検索するツール」です。

 

今はヤフオク仕入れはあまりやっていませんが、ヤフオクでガンガン仕入れをしていた時には

かなりお世話になったツールですね。

 

では、実際に電ブレがどんなツールかと言うと・・・

言葉で説明するのはチョット大変なので、こちらの解説動画をご覧くださいませ。

 

同じような方法で、無料で使える「RSSリーダー」を使ったヤフオクリサーチというのが一時流行ったんですが、

もしRSSリーダーを使っている方がいたら、電ブレと比較してみてください。

電ブレのスゴさを実感してもらえるハズです。

 

実は、電ブレの開発者の方とはとても仲良くさせてもらっていて、

開発段階から、僕も色々と意見を出させてもらった愛着のあるツールなんです。

 

「ヤフオクせどりをやりたいっ!」と思っている方には、ぜひおススメしたいツールですね。

 

 

おススメせどりツール② アマサー

アマサー

 

2つ目のツールは「アマサー」

ツールに登録した商品をAmazonで自動購入してくれるツールです。

 

Amazonで速攻で売り切れる「Nintendo Switch」などの超人気商品をアマサーに登録しておけば、

Amazonで在庫が復活したタイミングで、アマサーが自動的に商品を購入してくれます。
※100%、必ず購入できる!ということではないです。

 

後は自宅に届いた商品をFBA倉庫に送るだけ。

簡単に言うと「仕入れを完全自動化してくれるツール」です。

 

同じ機能を持ったツールで「ShopDingDong」というツールもあるんですが、

アマサーの方が圧倒的に使いやすいですね。

 

ただ「Amazon刈り取り⇒Amazonマケプレで新品販売」は、Amazonの規約上で禁止されています。

詳細はこちらの記事を参照。

Amazon(アマゾン)刈り取りは禁止?規約違反?Amazon本気の規約変更3つのポイントとは?

 

規約違反の方法を紹介するのも、正直どうかと思ったんですが。

刈り取りをバンバンやっていた頃はメチャクチャお世話になったツールなので

一応紹介しておきます。
※Amazon刈り取りについては、自己責任の上実施してくださいね。

 

 

おススメせどりツール③ アマオーク

アマオーク

3つ目のツールは「アマオーク」

このツールを知っている方、ほとんどいないんじゃないかな?

 

冒頭で少しだけお話に出てきた、

  • 「アル○○ロス」とか、
  • 「せど〇〇」とか。

こういったツールは、Amazonから取得したデータを自社のサーバに蓄積し、その蓄積したデータを画面に表示させる。

 

つまり「100%最新のデータではない」ということなんです。

今はツールも大分改善されて、Amazonへデータを取得しにいく頻度も多くなっているのかもしれませんが、

それでもAmazonの情報とツールが蓄積した情報との間に違いが出てくることは避けられません。

 

その点アマオークは、Amazonのリアルタイムの情報を取得しにいくので

「100%最新のデータ」を手にすることができます。

アマオークの機能

 

私は主に刈り取りで使っていたんですが、それ以外にも、色々と使い道があるツールですね。

 

ただ、既存のプレ値抽出ツールに慣れてしまっている方には、

正直、使い方が難しく感じるツールであることは間違いないです。

 

アマオークで取得したデータをどうやって活用するかを自分で考えることができる方。

どちらかというと「玄人向きのツール」ですね。

 

アマオークは7日間無料で試すことができるので、興味がある方は、7日間実際に使ってみることをおススメします。

実際に試してみて、自分には合わなかったと思うなら7日以内にキャンセルをすれば、

費用は一切発生しませんので。

ROK Products せどりツール
せどらーのせどらーによるせどらーのためのせどりツールを業界実質No.1のコストパフォーマンスで提供します。

 

 

おススメせどりツール④ デイせど

デイせど

4つ目のツールは「デイせど」

Amazonに出品している他のセラーの出品商品を、カンニングできるツールです。

 

このツールに関しては、正直賛否両論分かれると思います。

 

カンニングと言うと少し言葉が悪いですが、他のセラーの商品を参考にするというのは、

せどりに限らず、他の物販でも必ず行われている方法です。

 

私が実践している「中国輸入」も例外ではないですね。他のセラーの商品を参考するというのは、もはや常套手段です。

 

特にせどり初心者の方は、

「そもそも、何をリサーチすればよいのか・・・」

という問題に必ずぶつかってしまうので、

 

そういった方には、

「稼いでいるせどらーが、どんな商品を扱っているのか?」

という情報を取得できる「デイせど」は、とても良いツールだと思います。

 

ただ、1つ注意して欲しいことは、「その商品を仕入れできなければ意味がない」という事。

 

いくら他のセラーの商品をカンニングできるといっても、仕入れが出来なければ全く意味はありません。

 

先ほどお伝えした、

  • ツールを起動
  • プレ値商品をザーッと眺める
  • ネットショップで仕入れできない
  • ヤフオクでも仕入れできない
  • メルカリでも仕入れできない
  • 終了
  • なんとなく、稼げた気分になる!

これと全く同じ流れにならないようにご注意を!

 

ツールを使う目的を明確に!

 

少しGoogleで検索をすると、せどりツールは他にも沢山出てきますが

私が実際に使って「仕入れ&利益に直結した」おススメのツールは、この4つですね。

 

インフォトップを見ていると毎月新しいツールがドンドンとリリースされているので

「チョット使ってみたいなー」と思う気持ちはよく分かります。

 

ただ、冒頭でお伝えしたように、「そのツールを使う目的を明確に!」してから使わないと、

お金も時間も無駄になってしまうので、そこだけは本当に注意してください。

 

ツールはあくまでもツールで、手作業では面倒なことを自動化してくれるもモノです。

 

「そこに、自分なりのオリジナリティを加えて初めて効果を発揮する!」

ということを理解してから、ツールを契約するようにしてくださいね。

 

 

それでは。

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です