AmazonFBA、無地段ボール対応FCを拡大!納品先固定してた人注意

高層ビルの画像

ABOUTこの記事をかいた人

サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ
■無料メルマガはコチラ

公式LINEマガジンの
登録はコチラから >

※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。

    サクです。

    2017年5月8日から、
    アマゾンFBAで無地段ボールに対応できるFCが増えましたね。

    今回はそのことに関するまとめを記載しておきます。

    無地ダンボールの申請方法やその他無地ダンボールに関することは
    こちらの記事に記載しています。↓

    無地ダンボール対応FCが拡大!

    ダンボール

    今回新たに無地ダンボールに対応したFCは以下の通りです。

    【新しく無地ダンボール対応したFC一覧】

    • 八千代(NRT2)
    • 市川(NRT1)
    • 堺(KIX1)
    • 多治見(NGO2)
    • 鳥栖(HSG1)
    これまで対応していたFCもまとめると、
    こんな感じになりました。

    【無地ダンボール対応FC一覧】(2017年5月12日現在)

    今までも対応していたFC新たに対応したFC
    • 小田原FC(神奈川 FSZ1)
    • 川島FC(埼玉 HND3)
    • 大東FC(大阪 KIX2)
    • 川越FC(埼玉 NRT5)
    • 八千代(千葉 NRT2)
    • 市川(千葉 NRT1)
    • 堺(大阪 KIX1)
    • 多治見(岐阜 NGO2)
    • 鳥栖(佐賀 HSG1)

    関東在住せどらーにとってはマイナス?

    疑問のイメージ画像です。

    アマゾンFBAでは、FCごとに納品できる商品サイズが、
    このように決まっています。

    無地ダンボール対応FCの表

    赤枠のFCが、これまで無地ダンボール対応していたFCです。

    今回対応したFCも赤枠で囲ってみると・・・

    無地ダンボール対応FCの表

    え!全部!?

    ということで、これによって何が起こるかというと・・・

    無地ダンボール指定での納品先固定が困難に

    これまでは、セラーセントラルから
    無地ダンボール指定の設定をすると、

    小型・標準商品は対応しているFCが小田原FCだけでしたので、

    本来有料である納品先固定オプションを利用しなくても、
    小型・標準商品の納品先を小田原FCに固定できる。

    という使い方ができましたが、

    今回の拡大でそれができなくなってしまいました。

    さいごに

    小田原FCは神奈川にあるFCですので、
    関東在住のせどらーは、
    無地ダンボール指定して無料で納品先固定~って、

    やっていた方多かったと思います。

    そんな方々にとっては、まさに悲報ですよね。。

    今後納品先を指定するには、
    素直に納品先指定オプションを使うしかなさそうです。

    Amazonで納品先を指定するメリットなどについては、
    こちらの記事をご覧ください。↓

    このように、
    Amazonのサービスは日々新しくなっていきますので、

    情報を逃さないようにしたいですね。

    それでは。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    サク

    北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

    ■詳しいプロフィールはコチラ
    ■無料メルマガはコチラ

    公式LINEマガジンの
    登録はコチラから >

    ※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。