食品せどりはまとめ買いで利益が増える!手数料ダウンをフル活用!

まとめ買いのイメージ画像です。

ABOUTこの記事をかいた人

サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。5歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ
■無料メルマガはコチラ

    食品は、まとめ買いされやすい商品の代表です。

    特に、

    • カップ麺
    • 500mlのジュース
    • おみやげ品

    なんかはまとめ買い率がものすごく高いです。

    確かに、わざわざネットでカップ麺1個とか
    よほどのことがないと買いませんよね。笑

    買う側としては、まとめ買いすると安くなるし、手間も省けるというメリットがありますが、

    実は売る側にこそ、メリットが潜んでいるんです。

    まとめ買いされやすい商品を大量に仕入れると、
    想定していたよりも利益が高かった!

    なんてことが起こります。

    今回は、まとめ買いで起こる利益UPの秘密を公開します。

    この秘密を知ると、さらに食品せどりが楽しくなりますよ!

    まとめ買いされると利益がUPするって本当?

    実際に販売してみると、このような感じで利益が増えていきます。

    1つだと低利益の商品

    チョコレートの画像です。

    例えば、1個110円のチョコレートがあったとします。

    これを、Amazonで500円で販売してみましょう。

    この商品が、1つだけ売れました。
    すると・・・↓

    【1個だけ売れた場合】

    販売価格:500円

    仕入れ値:110円

    手数料:約390円


    500-390-110=0円

    これだと、利益が0円になってしまいます。

    (手数料はだいたいの値です。)

    これではもちろん、仕入れ対象外ですよね。

    もし、2個まとめて売れたら・・・

    チョコレートの画像です。

    もし同じ商品を、同じ人が2個まとめて買ってくれたら、

    利益はこんなかんじになります。↓

    【2個まとめて売れた場合】

    販売価格:500円×2=1000円

    仕入れ値:110円×2=220円

    手数料:約550円


    1000ー220-550=230円

    なんと、230円の利益が出ました。

    販売価格が1000円なので、利益率は23%です。
    まずまずですね!

    次は、5個まとめて売れたとしてみましょう。

    5個まとめて売れたら・・・

    チョコレートの画像です。

    【5個まとめて売れた場合】

    販売価格:500円×5=2500円

    仕入れ値:110円×5=550円

    手数料:約1030円


    2500-550-1030=920円

    なんとなんと、920円の利益が出ました。
    これだと利益率は36.8%

    まさに高利益商品といえる数字ですね!

    このように、Amazonに出品する場合、
    まとめ買いされればされた分だけ、利益が増えていく仕組みが存在します。

    いったい何が起こっているのでしょうか?

    どうしてまとめ買いされると利益が増えるの?

    お気づきの方もいるかと思いますが、
    まとめて売ると、一見、手数料も増えているように見えますが、
    仕入れ値に対する手数料の割合は減少しています。

    【販売価格に対する手数料の割合】

    販売価格手数料販売価格に対する手数料の割合
    1個売れた500円390円78%
    2個売れた1000円550円55%
    5個売れた2500円1030円41.2%

    Amazonに出品する際には、様々な手数料がかかります。

     手数料には、商品1点ごとにかかるもの(出荷作業手数料、販売手数料、月間保管手数料)

    と、

     同じ配送先ならいくつ販売しても同じ値段のもの(発送重量手数料)

    があります。

    の手数料は、1個売れば100円かかるし、2個売れば200円、5個売れば500円かかります。

    しかし、の手数料は、同じ発送先なら売れた個数に関係なく一律の料金なんです!

    さきほどのチョコレートの例を使って、表にまとめてみました。

    【手数料の内訳】

    1個売れた場合の手数料の内訳2個売れた場合の手数料の内訳
    ①出荷作業手数料 100円100円×5個=500円
    ①販売手数料 50円50円×5個=250円
    ①月額保管手数料 10円10円×5個=50円
    ②発送重量手数料 230円230円

    今回は、説明しやすいように手数料の値をわかりやすくしています。
    Amaonで出品するときの手数料について、
    もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。↓

    [blogcard url=”https://syokuhin-sedori.com/amazon-fee/”]

    これがまとめ買いされやすい食品特有の利益!

    ポイントのイメージ画像です。

    以上が、まとめ買いで利益がUPする仕組みの秘密です。

    普通は、利益率の少ない商品は仕入れ対象外としますよね。
    ですが、その商品が高確率でまとめ買いされる商品だと知っていたら、
    仕入れの判断も変わってきますね。

    ただ、まとめ買いの利益をいちいち計算するのはめんどうです。

    そこで活用するのが、セラーセントラルです。

    「トランザクション」を活用しよう!

    Amazonセラーセントラルには、まとめ買いされたときの利益を一瞬で確認できる、
    「トランザクション」という機能があります。

    非常に便利な機能ですので、「トランザクション」を活用して、
    仕入れ幅をどんどんひろげていきましょう!

    念のためトランザクションの場所を記しておきます。

    1.セラーセントラルから「レポート」→「ペイメント」をクリック

    レポート→ペイメントの場所の説明です。

    2.「トランザクション」をクリック

    トランザクションをクリックすると、一番右側の「合計」のところに、
    日付別や注文別に手数料を引いた後の収入が表示されます。

    トランザクションの説明画像です。

    まとめ

    何も知らないせどらーからみると、一見低利益で、
    仕入れ対象外としてしまう商品の中には、

    まとめ買いされることで大きな利益を得られるものがたくさんあります。

    この利益が生まれるのは、Amazonの手数料の仕組みのおかげです。

    このときの利益は計算するのはめんどうですが、
    セラーセントラルのトランザクションを確認することで、
    簡単に知ることができます。

    いつもは避けている低利益商品でも、
    まとめ買いされそうなものであれば、

    ぜひ仕入れ対象として検証してみてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)