LINE登録で〝無料 Amazonせどりツール〟プレゼント中 ↓タップしてダウンロード↓

交通事故にあいました。

交通事故にあいました。
プロフィール
サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「Amazonオリジナル商品販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。6歳の息子とポケカで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ >
■無料メルマガはコチラ >

※登録者限定で『セラーリサーチツール』を無料プレゼント中。

どうも、サクです。

物々しいタイトルで申し訳ありませんが。『2021年6月4日(金) 朝 8:10頃』に〝交通事故〟にあいました。

当日の札幌は朝からあいにくの天気で、雨風ともにかなり強く、小学2年生の息子を学校まで車で送っていくことになりました。

いつもと同じように車を発進させ、信号のない交差点で優先道路を直進中。右側から前方不注意の車が一時停止をせずに直進、私の車のボディ右側側面に激突。そのはずみで左側にはじかれて電柱に激突して車は停止。

交通事故になって電柱に激突

あまりの衝撃に一瞬放心状態になったんですが。その直後『痛ーい!!』という息子の叫び声で我に返り、すぐにエンジンを切り息子の安全を確保。

衝撃でガラスに頭をぶつけたらしく、左側側頭部に大き目のたんこぶが出来ていましたが、それ以外は外傷は無し(私は奇跡的に無傷で済みました)

自宅から徒歩3分程度の場所だったので、すぐに妻に連絡をし、救急車で息子とともに病院へ。

私はその場に残って現場検証と保険会社へ連絡。

全てが終わって自分のバッグと息子のランドセルを抱え徒歩で自宅へ戻ると、検査が終わった妻と息子もちょうど自宅に戻ってきました。(脳に特に異常はなく、自宅で安静していてくださいとのことでした)

事故にあってから家族3人が自宅に戻るまで、わずか1時間半程度。

あまりにも急な出来事で『これは夢かっ??』と思うと同時に

  • もし、相手がもう少しスピードを出していたら…
  • もし、相手の車が大型トラックだったら…
  • もし、電柱が無くて登校中に小学生の列に突っ込んでいたら…

自宅に戻って一息ついてから、急に恐怖が襲ってきました(この文章を書いている今も、チョット手が震えています)

目次

事故から3日が経過した現在の体調について

事故直後は興奮状態でアドレナリンが分泌され、痛みを感じないケースも多いようですが。3日が経過した現在でも、体に異常はありません(息子と一緒に整形外科で診察をしてもらいましたが、現状では特に異常は無し)

ただLINE読者様からのアドバイスで、2週間~1か月以上が経過してから症状が出るケースもあるとのことなので、体の異常の変化に気を付けつつ、少しでも症状が出たらすぐに病院に行こうと思います。

車について(おそらく廃車/買い替えになるかも)

残念ながら廃車になりそうです(法人設立のタイミングで購入し大切に乗ってきた、思い入れのあるマイカーだったんですが…無念…)

修理代金の見積もりが約130万円ほど。車の時価額を上回ることは間違いないので『経済的全損』扱いですね。

保険+自分の持ち出しで、新しい車を購入することになりそうです。

メンタルについて(元通りの生活に戻るのは時間がかかりそう)

何はともあれ、息子の命が無事だったことが全てではありますが。やはり、メンタル的に結構落ちてます…

診察の結果、異常なしとはいうものの、頭を強く打っているため、やはり心配は拭えないですし。

息子が学校に行く姿、公園に遊びに行く後ろ姿を見ると、交通事故の瞬間がフラッシュバックして『無事に帰ってきますように…』と、心臓を握りつぶされるような、何とも言えない辛い気持ちになります。

実は私自身も、小学5年生の時に交通事故にあっているんですよ。運動会の帰りに一人で歩道を歩いているときに、飲酒運転で歩道に乗り上げてきた車にはねられ、10メートルくらい?吹っ飛ばされたらしいです(本人は当時の記憶がないんですが、目撃者の証言によると、かなりの勢いで吹っ飛ばされたとか)

飛ばされた先の生い茂った草むらがクッションとなり一命はとりとめましたが、救急車で病院のICU(集中治療室)に搬送され、一時は命の危険があったそうです。

『今夜が山です。何かあったらすぐに連絡しますので、お父さんとお母さんはすぐに電話に出れるようにしておいてください』

↑こんなセリフを、本当に言われたらしい…(辛すぎる)

事故にあった当の本人(サク)は、ケロッとしていたんですけどね。あれだけのスピードで車に激突されて骨折がないどころか、奇跡的に体の痛みは一切なく、交通事故にあったという実感すらありませんでした。

ただ、後から聞いた話では『事故から3か月くらいは、気が気じゃなかった』と両親は言っていました。

その気持ち、親の立場になってよくわかります。。

気持ちを切り替えて

  • たまたま天気が悪くて、車で送っていくことになった
  • たまたま、いつもと違う道を使うことにした
  • 家を出る時間が、いつもより5分ほど遅かった

全ての偶然が重なったうえでの今回の事故だったので、なんとも不思議な気分ですね(一時停止を怠った相手が悪いというの当然ではありますが)

息子の体の様子もそうですし、保険の手続きや、新しい車の購入手続きなど。やらなければいけないことが多く、すぐに元通りの生活を取り戻すのは難しいかもしれませんが。いつまでもへこんでいても仕方がないので。

気持を切り替えて。物販も情報発信も、また少しずつ再開していこうと思います。

最後に

LINEマガジンで、励ましの言葉や事故後の体調に関するアドバイスをいただいた皆様。一つ一つのメッセージが本当に嬉しく、涙が出るほど嬉しかったです。

本当に本当に…ありがとうございます(情報発信をコツコツ続けてきて、ホントに良かった…涙)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる