1日で「180万円」使ってみました。

医療保険を支払いました

ABOUTこの記事をかいた人

サク

北海道札幌市在住の1児の父親です。「メーカー直仕入れ」「問屋仕入れ」「アパレル無在庫販売」など。「仕入れに悩まず、時間の自由を手に入れる物販」を構築。5歳の息子とプラレールで遊ぶ時間が一番幸せなイクメンです。

■詳しいプロフィールはコチラ
■無料メルマガはコチラ

     

    サクです。

     

    1日で180万円使ってみました。
    1日の支払額としては、おそらく過去最高の買い物だと思います。

     

    ITエンジニアをやめて、せどりを専業としてスタートしてから
    ずーっと個人事業主だったのですが、

     

    せどりの他にも情報発信での収益も安定してきたので、
    昨年の7月に法人を設立しました。(株式会社)

     

    「これでガンガン経費で落とせるぜー!!」
    というゲスい考えでいたのもつかの間。(笑)

     

    いつの間にか、あっという間に決算月を迎えてしまいました。

     

    節税といっても、言うほど稼いでいるわけでもないのですが、
    それでも、何もせずに黙って税金を持っていかれるのもしゃくなので、
    何か「コレだ!!」という方法はないかと色々調べていたところ、

     

    担当の税理士さんから

    「医療保険はどうですか?」というご提案をいただきまして、

    先ほど、180万円を支払ってきました。

    医療保険を支払いました

     

    1年分で約180万円。
    来年も同じ金額をもう1度支払う必要があるので、
    トータルで約360万円ですね。

     

    医療保険を会社の経費にすることで、どんなメリットがあるかというと、

     

    • 会社名義で医療保険に加入。
    • 医療保険は全額経費計上が可能。
    • 2年間で一生分の保険料を支払うことが可能。
    • 支払いが全て完了した後、個人名義でその保険を買い取る。
    • 買い取った保険は、終身(死ぬまで)有効。

     

    こんな感じですね。
    会社名義で医療保険に加入して、
    2年間で一生分の保険料を払った後に、
    僕の個人名義で買い取って、名義変更という流れです。

     

    なぜ、2年後に個人に名義変更するかというと、
    会社の名義のままにしておくと、僕が病気になったとしても
    保険料が支払われる先は会社の口座のままだからです。

     

    僕が病気になっても、保険料を直接手にすることができないのでは
    あまり意味がないですよね。

     

    こうすることで、会社の経費として医療保険を支払って、
    後に名義変更をすることで、個人では保険料を一切払うことなく
    その権利だけを手にすることができる。

    「うーん、とても素晴らしいです♪」

     

    節税の仕方って、本当に色々な方法があって、
    どれが合う合わないというのも、人それぞれです。

     

    なので、この医療保険の節税に関しても、
    賛否両論、色々あるとは思います。

     

    ただ、僕の考えとしては、
    会社の経費として計上することができ、
    なおかつ、僕に何かあったときに家族に対して
    少しでも安心を与えることができるので、

     

    これ以上、最高の節税対策ってないと思っています。

     

    実は、医療保険の他にも、
    会社名義で生命保険にも加入しています。

     

    年間で120万円。
    死亡保障がたしか6000万円くらいのハズ。

     

    これに関しては会社名義なので、もし僕が死亡したら
    6000万円が会社の口座に振り込まれます。

     

    そこから、死亡退職金という形で、
    家族にお金を残すことができます。
    ※確か、ここから相続税が取られるハズですが・・・

     

    妻に生命保険のことを話したら、

    「そんなこと気にしてないから、長生きしてね♪」

    と、満面の笑顔で微笑んでくれました。
    ※チョットだけ「怖い・・」と思ったことはナイショです。(笑)

     

    妻は今年で37歳。
    息子は3歳でまだ幼稚園に入ったばかり。

     

    お金を稼ぐということもそうですが、
    僕に何かあって働けなくなった時に

     

    その後の家族の生活を保障できる、
    そんなお金の使い方で、かつ節税にもなるので
    ご家族がいる方は、ぜひ検討してみてください。

     

    それでは。

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)