悪い商品レビューも削除可能!購入者を特定してメッセージを送ろう

握手

Amazonには「出品者評価」「商品レビュー」の、

2種類の評価があります。

【出品者評価】

出品者評価 場所

 

【商品レビュー】

商品レビュー 場所

 

 

どっちの評価も、売上のためには高いに越したことはないですよね。

Amazonでせどりをやっていると、
避けては通れないのが「悪評価をつけられてしまうこと」です。

長くやっていれば、ほぼ100%のせどらーさんが
経験することだと思います。

今回は、商品レビューに焦点を絞って、

販売者として少しでも悪評価を減らすために、

悪い商品レビューをいただいた購入者様に連絡を取る手段
についてお伝えします。

 

商品レビューは誰が書いたかわからない

はてな挿入画像

Amazonの商品レビューは、
レビューをつけた人のニックネームのみ表示されるため、
購入してくれた人の中で、
どの人からどのレビューをもらったのか知ることはできません。

そうなると、たとえこちらが評価内容に対する対応をしたくても、
向こうから連絡をしてくれない限り、
返金や交換の対応をすることもできませんし、
直接謝罪のメッセージを送ることすらできません

誰がその商品レビューを書いたのか特定できれば、
こちらからメッセージを送ることができ、
様々な対応が可能になります。

また、まれにですが、
競合商品を販売している出品者からの嫌がらせで、
低評価の商品レビューがつけられていることもあります。

活用できる機会はあまり多くないかもしれませんが、
必要なときに役立てて商品評価を守りましょう。

 

商品レビューをつけた人を特定する方法

操作は、Google Chromeで行ってください。

Google Chromeを使っていない方は、ここからダウンロードできます。↓

パソコン版 Chrome
Google Chrome は、最新のウェブ環境に対応した高速で安全な無料のウェブブラウザです。パソコンでぜひご利用ください。

 

レビュアーのプロフィールを開く

リラックスしている画像

悪い商品レビューを確認して、
そのレビュアーのプロフィールページを開きます。

まずは、商品ページから、悪いレビューを探しましょう。

レビューは、星の数で絞り込んで検索することもできます。

 

レビュー絞込

 

対応したいレビューを見つけたら、

投稿者の名前をクリックして、その投稿者のプロフィールページを開きます。

 

レビュー例

 

購入者IDをみつける

 

投稿者名をクリックすると、こんな感じのページが開くと思います。
これがプロフィールページです。↓

レビュアーページ

 

このページで対応したいレビューのすぐ横にある、このマーク「>」をクリックします。

 

>をクリック

 

開いたページのURLをみると、このようになっています。

【URL】

https://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/**************/ref・・・(省略)

 

この、「**************」の部分は、

例えば、「A3GHJXTHT09NOQ」のように、
アルファベットの大文字と数字が組み合わさった文字列になっているかと思います。

これが購入者IDです。

URLの中のこの文字列の部分をコピーします。

 

Chromeの機能で「検証」する

検索するイメージ画像です。

URLの中から購入者IDをみつけてコピーしたら、
Chromeの機能を使って「検証」してみます。

セラーセントラルの注文管理画面を開きましょう。

 

注文管理

 

開いたら、該当する商品レビューがある商品をタイトルなどで検索して、
検索結果にその商品の注文一覧を表示させます。

 

注文を検索

 

注文一覧が表示されたら、
右クリックして、「検証」を選択します。

検証

 

※ これが、Google Chromeでしかできない操作です。

 

購入者IDを検索して注文を特定する

 

検証をクリックすると、なにやら複雑な画面が出現します。

複雑な検証画面

 

この画面が表示されたら、

「Ctrl + F」を押しましょう。(キーボードのCtrlとFを同時押し)

すると、何か入力できそうな場所が出現します。↓

 

ctrl+fで出現する

 

ここに、先程コピーした文字列を貼り付けます。

すると、このように該当する部分が黄色マーカーでチェックされて表示されます。

 

検証するとマーカーチェックされる

 

もし表示されかなった場合は、
そのページの注文履歴にはない場合があります。
期間を伸ばして検索をしたり、2ページ目、3ページ目に進んでもう一度
同じ操作をしてみましょう。

 

注文番号を確認して購入者に連絡する

メール・名刺

マーカーチェックされたら、そこから少し上にスクロールして、

「▼」の印がある箇所を見つけます。

 

▼マーク

 

この「▼」印のある行付近にカーソルを当てると、

注文管理画面で該当する部分を教えてくれます。

 

▼部分

 

これが、商品レビューを書いてくれた購入者様からの注文です。

ここまでくれば、
あとは直接連絡をして謝罪、交換などの対応をすることができますね。

 

さいごに

正座をしている画像

今回は、商品レビューからそのレビューを書いた購入者様に、
直接連絡をする方法についてお伝えしました。

商品レビューの記入は必須ではないため、
ほとんどの人は商品を購入しても評価をつけません。

たとえ悪い評価だったとしても、
商品を購入してくれたこと、レビューを書いてくれたことに感謝し、

「返金・交換対応をしたんだから悪い評価を削除してくれ」

「評価を削除してくれれば全額返金する」

などといったような、
評価の削除を強要するようなことはしてはいけません。

相手のことを考えた誠実な対応で、
良い商品レビューをもらえるようにしましょう。

 

それでは。

今すぐ食品せどりを極めるなら・・・


食品せどりマニュアル「The Foods」を公開しています。

ぜひ手に入れてくださいね!↓

サクのせどりノウハウの全てはこちらから



サクのLINE@登録はこちらから



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です